英国は、いつまで『英国らしさ』をたもてるの?

英国首相のテレーザ・メイが、米国の新大統領トランプを訪問する初の外国のリーダーとなりました。
ま、そういうものよねー、米英はいつも仲良し。
ここまで仲良くなっちゃうんだから→トランプ大統領とメイ首相、仲むつまじく手を握り合う(画像)



EUを離脱する予定の英国としては、代わりに自由貿易をする相手国を目下物色中でして、米国や中国はそのトップリストです。
EU離脱以前も以後も、テレビのニュース番組が自由貿易を希求する英国民を取材すると決まって中小企業の製造業でして、「関税がなければ中国に売れるのに」といった、締めくくり。
でも、英国の製造業って、凄く弱体化してからかなり経ってるんですけど。
何故か英国民は、いまだに自国の製造業がさかんだと思い込んでるんですよねー。
過去の栄光をひきずっているのか。
ソニーもトヨタもサムソンも、英国の会社だと勘違いしてるんでしょうか?
『エンジニア』という職種が絶滅種に指定されてもいいのではないかと思うくらい、普通に生活している限りロンドンでは滅多にエンジニアの方に出会いません。
会ったら会ったで「日本はいいな〜」とか、言われるんです。
それくらい製造業に弱い英国が他国と貿易協定を締結し、関税無くしたところで、海外への輸出量がそんなに簡単に改善するのでしょうか。
それよりも、海外から英国に入ってくる物の方が増えるでしょうね。
やはり米国は、多角的にいろいろな産業が豊かです。
牛肉や果物、スナック菓子など食料品や医療関係(保険から薬まで)がいっぱい米国から入ってくる可能性って、ないのかな?



医療/医療保険は、来そうです。
Theresa May suggests UK health services could be part of US trade deal


英国の国営の医療サービス、NHSのことはこととん嫌いだし信用できないし最低最悪だと思っています。
でも、英国民にとっては絶対に必要。
必要悪、だけど。
完全に民間会社が病院を好き勝手に運営すると、もっと悪くなる可能性もあります。
(民営化してカオスに陥った好例は、鉄道。日本では民営化が成功したのでそれが当たり前だと思っていたのですが、こちらでは料金は高くなりサービスは悪くなり英国の鉄道はボロボロ。高速鉄道の開発は日本より40年くらい遅れているし、HITACHIさんのような海外の会社に車両造ってもらわないといけないくらい、鉄道に関する製造業もすさんでいるみたいだし)


英国民の誇り『タダのNHS』は、まさか米国に切り売りしないのでしょうね?


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

EU離脱、ホントにするのね〜

昨日1月24日に、英国の最高裁判所が、EUこと欧州連合からの離脱を通告するリスボン条約50条を発動するのには、議会での承認が必要との判断を下しました。(ロイターのニュース)


最高裁の判断を受けて、英国下院で国会議員による是非を問う投票が近々行われるようです。
でも、国民投票の結果を尊重して、大多数の賛成が得られる予定です。
残念ながら、大どんでん返しは、期待できません。
去年の国民投票が行われた頃、与党である保守党の国会議員は元々半分以上は離脱反対残留派だったし、第一野党の労働党もほぼ残留派でした。
保守党議員は全員賛成に投票する模様、反対していた労働党議員もほぼ賛成に票を投じるようです。
信条を曲げずに反対するのは、第三党だったのに最近人気が落ちた自由民主党やスコットランド国民党等の議員さんです。
勿論、保守党だけで過半数を取っているので、彼らが反対してももうどうにもなりません。


ただ、スコットランドは、本気で独立を考えているようです。
だって、前回のスコットランド独立を問う国民投票をおこなった時は、英国は『EU』の一部という前提だったのですから。
スコットランドは過半数が残留派なので、今、国民投票をひらけば高い確率で独立を選択するでしょうし、EUへの加入を希望するでしょう。
ただ、原子力潜水艦の母港という重要な軍事施設がスコットランドにあるんですけど、これ、どうなるのでしょう?
イングランドがそんなにあっさりとスコットランドを独立させるとは、想像できないのです。
それでも、スコットランドには頑張って欲しいです。






全く無用な、英国の『自由民主党』の大雑把で適当な解説

元々は、右翼の保守党と左翼の労働党の中道を目指す政党だったようです。が、労働党議員のくせに全く労働党の信条を無視したほぼサッチャー政権下の保守党と同じことをやってしまったブレア首相の時代のために、自由民主党はちょっと人気を得ました。2010年の総選挙では、小選挙区制のため議席獲得はそう大きくはなかったけれど、23パーセントもの投票率を得ました。けれど、過半数に達しなかった保守党と連合したために、自由民主党の信条を無視したと国民から思われ、2015年の総選挙ではわずか7.9パーセントと大きく後退。党首ニック・クレッグは責任をとって辞任、後任についたのは、ティム・ファロン。この自由民主党のリーダーが、カルトな映画でおたくっぽい役や変人を主に演じる英国の俳優のサイモン・ペグを思わせる容貌なのです(そう、だた単に、これが言いたかった)。

サイモン・ペグの超名作といえば、ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンの冬、今年は冬らしい冬ですね〜

大西洋の向こう側では、新しい大統領が就任しました。
大西洋のコチラ側の英国でも、EU離脱だなんだかんだと、てんやわんやでございます。


それはさておき、このロンドンの冬は久しぶりに冬らしい冬となっています。
この2、3年は、手袋をしたり厚手のジャケットを着る機会が少ないくらい暖冬でした。
昼間でも5度くらい、夜間は気温がゼロ度まで下がる日々が続いています。
でも、最近はよく晴れています。
英国の冬は、どよーんと曇っているのが常なので、晴れて明るいだけ気分はなんとなくポジティヴ。
ただ、緯度が高いので、太陽の日射しはそれほど温かく感じられませんが。


公園の池も、部分的に凍っております。
2017 ふゆ1


かもさん、しもやけはできないのかな?
2017 ふゆ2


原っぱも、霜がおりています。
2017 ふゆ3


落ち葉で隠れた、穴。
キツネさんのおうちかな?
今年は寒くて大変そうです。
がんばれ。
2017 ふゆ4


冬来りなば春遠からじ。
昭和なマンガ、『エースをねらえ!』で学んだことわざをふと思い出しました。
(たしか、主人公岡ひろみのお父さんが言っていたのかな?)
不思議なことに、学校で学んだことはほぼ記憶にないのに、子供の時読んだマンガや観たアニメのほうが鮮明に覚えています。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

ロンドンでも、子供は社会を映す鏡?

英国に来るまでは、ちょっとトロいとか馬鹿っぽいとか扱われていても、なんとか適当に安全に生きてきました。
ロンドンに来てからは、どうやら私は子供達にとってはかっこうの的になってしまうこともあり、全く安全ではないらしい、ということに何となく気がつきました。
頭に石投げられたり、エアガンで撃たれたり、近所の子供に苛められたり。
別の場所で、子供の集団(13歳以下)に襲われたので、すっかり被害者意識が高くなってしまいました。
が、被害妄想もった気が触れたヘンなオバサンと思われてもかまいません。
生きているだけで、ある意味奇跡です。
最近の過激派によるテロは、人が集まる場所なら起こる確率はどこでも高く、被害者は年齢、性別、人種、宗教、信条を問わず。
このタイプのテロは、自然災害に近く、無差別に起こりますが、子供の攻撃は、ターゲットを選びます。
無意識に、このロンドンの社会を反映しているのかも。
子供は社会を映すの鏡。
愛情に恵まれず将来に夢を持てない子供達が、欲求不満を晴らすために外国人のトロそうなオバサンを無意識にわざわざ選んでいるのかも。
子供にエアガンで撃たれて、警察沙汰になって特殊部隊まで召喚されちゃった話をロンドン在住のネイティブ英国人とか、アイルランド人とかに話たら、ビックリされましたけどね。
こちらではエアガン含めて銃関係の犯罪に対しては、厳しいみたいです。
その時、地元の警察の人がそのエリアの子供の集団がトラブルばかり起こしているという話をしてくれました。
普通のロンドンの人達は、ロンドンの思春期に達していない子供達が暴力的だとはつゆほども思っていないようでした。


先日、スーパーマーケットで、子供がぶつかってきました。


陳列棚を見ていたので、何が起こったのか分かりませんでした。
いきなり、横腹に、激痛が。
で、近くには十歳くらいの黒人の男の子と、そのお母さんか保護者がいました。
一応、保護者に促されてその男の子が謝ったんですけど、真摯な謝罪でもなく口先だけで、悪いことをしてしまって困惑した様子も、羞恥心を感じている様子も無し。
とにかく、親子ともども、態度がデカイ。
未成年の保護者なら、私に謝るべきでしょう。
アクシデントだとしても、それだけ激しい動きをスーパーの狭い通路の瓶や缶詰商品の陳列棚の前でやっているって、どんな躾受けてるんでしょうか。
(それだけの躾ができる親なら、私に直接謝罪できるか)
間違ってぶつかってきたのか、故意に殴ったりぶつかってきたのか、その確認ができるような状況ではなさそうでした。
子供の態度があまりにも横柄だったので、どうしても『偶然』だったとは信じられませんでした。
(『偶然』でなければ、私が辛くなるので、『偶然』だったと信じることにしてます)


故意に殴ったわけではないのでしょうが、余りにも態度が悪いので、この親子にはこれ以上関わりあいになりたくないので横っ腹に痛みを感じながらもそそくさとその場所を離れました。
もしかすると、あの子供は、注意欠陥・多動性障害(英語では、attention deficit hyperactivity disorder、略してADHD)だったとも考えられます。
それで、過去にも何度も似たようなことが起きて、保護者も謝罪するのが面倒になってしまっていた、とか。


とりあえず、なんとか、生き延びられればいいや、ロンドンで。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

初にゃんこは、三本足の女の子

2017年の初もふもふはわんこさんでした。
新年はじまって、2週間ももふられてくれるにゃんこさんとは出会わず。
長いですね、2週間も猫さんとふれ合いがなかったなんて。


ようやく会えたフレンドリーなにゃんこさんは、白黒の猫さんで、左あんよのない子でした。
もふってくれるにゃんこさんは、目が合うと必ずのように「にゃー」って言ってくれますね。
(人間嫌いの子は、まず目が会う前に逃げる。目が合っても、そそくさと逃げる)
そして、むっちりむちむちの健康体。
遊んでくれて、ありがとー。
また会おうね〜


ぷうが旅立ってから、もう半年近くたつんですね。
2013 ぷう
いつでももふもふできるって、すごく素敵ですごく幸せなことでした。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR