高架橋の下

ロンドンの地下鉄ジュビリー線のキルバーン(Kilburn)駅は、地下ではなく地上にあります。
ロンドンの地下鉄で、ちゃんと地下鉄を走っているのはロンドン中心部くらいです。その中心部でも地下走っていない路線ありますが。郊外にでるほど、地下鉄は地下から出て電車は走ってます。キルバーン駅周辺は、地下鉄はなんと高架橋の上を走っています。


キルバーンの地下にない地下鉄の駅から外にでると、こんな古びたレンガに描かれた絵に遭遇します。


2013-03-05 きるばん2


ロンドンの街は、お世辞にもきれいといえません。勿論、高級住宅地や郊外の中産階級の住むエリアなどはそこそこきれいです。ロンドンの人たちは、驚くなかれ、自分たちの住んでいる街が汚いという実感は薄いです(英国人が自分たちの食べている食べ物が不味いと気付かないように。幸せな人達ですよね、ほんとうに)。


ロンドンの地下鉄や鉄道の高架橋の下や周辺は、その汚いロンドンの街のなかでも特に荒れ果てていることが多いです。ペンキがはげていたり、いたずら書きがあったり、鳩が住み着いていて糞が歩道に落ちていたり、レンガの隙間から雑草が生い茂ったり、なんだか嫌な臭いがしたり。


だから、こうやって高架橋の下の壁をキャンバスとみたてて、巨大なアートを仕上げてしまうのはなかなか賢い方法だと思います。


ただ、なんとなく、何かが違うような。

そう感じてしまうのは私だけでしょうか。

2013-03-05 きるばn


2013-03-05 きるばん3




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私はこういった場所は怖かったです。
やはり異文化を感じました。
カムデンに良くいきましたが、始めの頃はあそこすら怖かったです。
レンガの古びた壁・・・歴史があり過ぎる、
古い霊がいそうで、怖かったのかも・・・
アンティークとひと言で言いますが。
鏡なんか覗けない、やはり吐息が聞こえそうでした。

Re: No title

やはり、怖いですよね。
メンテナンスをひどく怠っているところの多くは、オリンピックをもってしても改善されず。そのまま忘れ去られて更にぼろぼろのところあります。
霊ならまだいいんだけど(?)、犯罪者とか潜んでいそうで、そっちのほうがもっと怖い!