愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

不景気です

英国は不景気のまっただ中。
失業率は7.8%。給料は上がらないのに、物価は上がり続けてます。食料品やガス、電気代なども数年前に比べてかなり高くなっています。移民が増えすぎて予想外の人口増加のために住宅の数が追いつかず、家賃は上がりまくり。更に、子供手当カット、公的な仕事を次々に減らしリストラ発生。明日は我が身と、出費は控えめにならざるをえません。消費者の買い控えが続けば、あらゆるビジネスが打撃を受けます。大手の有名なチェーン店も小さな店舗も、気がつくとショッピングセンターから消えていたりします。


そんな不況下でも新しいビジネスは展開しています。
倒産した店舗を改造して新しいビジネスを始めるのは、だいたい以下の三通り。


1) 金貸屋。いわいる高金利のローンです。貴金属を買ってくれるところもあるようです。不況に強いビジネスですからこれは納得です。


2)ブックメーカー。いわいる賭け屋ですね。英国では賭け事は合法で、サッカーやラグビーなどスポーツが主な対象のようです。(こっちの人がサッカーに夢中になる別な理由)。どういう訳か中を覗くと男性の客しかいませんが。しかし、不況で賭け事が流行るのはあまりいいことではないように思いますが。


3)チャリティーショップ。さまざまな慈善団体が募金集めのために古着、古本、古食器、場所によっては中古の家具を販売しています。中古品を寄付してもらって、それを売って募金を集め、慈善団体のサービスにあてます。不景気のため、企業と個人献金に影響し減少しているので、少しでもこうしたチャリティーショップを通じて募金を集めたいのでしょう。



チャリティーショップは、びんぼー人にとっては有り難い存在です。
最近はチャリティーショップが増えすぎてしかも不況なので皆がいい服を買わなくなっているので、質のいい服が出回ることは少ない気がします。(いいブランドやビンテージものを専門に扱うチャリティーショップがあるのですが、ドレスに20ポンドとかジャケットに40ポンドとかするので、それなら普通の新品を買いたいです。)


この数年、英国で大成功をおさめているファストファッションは、Primarkといチェーン店です。とにかく安い、品数豊富、子供や紳士服も充実して、アクセサリーや小物、下着もいろいろあります。日本のしまむらみたいな感じでしょうか。ここの服がよくチャリティーショップで売られているのですが、元値がTシャツ3ポンドとかドレス10ポンドとか極安なのを、中古なのにTシャツ3ポンド、ドレス6ポンドとかで売られてはお得感ゼロです。しかも安いだけあって品質はよくないので、それなら新品がいいです。それに英国ではユニクロの店舗がありますから、下手に流行遅れの中古のブランド品を買うよりユニクロで買い物したほうが合理的だと思います。



しかし、チャリティーショップでユニクロの服を見つけるのは別。
なんと運良くみつけてしました!
しかも、値下げされていて2ポンド(300円くらい)。


こちらの裏地もこもこのパーカーが購入のお品。


2013-03-18 13.53.10


2013-03-18 yuni


ただしサイズがXS。でも英国のXSだから私の体にも入ります。どうせ部屋着だし。
ああ、やっぱり、日本のものがいい〜。
ユニクロ製品を手に入れただけて、心が安らいでしまいます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR