FC2ブログ

あのチャーチルの孫さえも追い出した、ジョンソン新首相

英国、すごすぎる〜
というか、ボリス・ジョンソン首相の新政権、想像の斜め上のそのまた上をいってる〜


さきほど入ってきたニュースでは、ボリス・ジョンソンの弟さんで同じく保守党議員のジョー・ジョンソン、議員をやめるそうです。
理由は『家族への忠誠と、国益のはざまで、苦悩して』とか、そんなかんじ。
じょんそん兄弟
左:ボリス、右:ジョー。
このエリート家系、お父さんのDNAが強過ぎて兄弟みんな同じ顔、ジャーナリストのボリスの妹さんも金髪で同じ顔。
ジョーは、イケメンバージョンのボリス。


とはいえ、EU離脱問題に関しては家族内で合意にいたらず、ジョーさんはずっとEU残留派。
あちこちの情報から最近ハッキリしてきたのは、ボリスの狙いは、EUと交渉することではなく、合意無き離脱。
合意無き離脱では、GDP(国内総生産)が9パーセントくらい減少するんじゃなかと、言われていたと思います(間違ってたらごめんなさい)。
だから、合意無き離脱っていうのは、『自傷行為』とか『自殺行為』とか、表現されているのです(それでも合意無き離脱をしたい政治家がいるって、謎)。
しかも、スコットランドの独立問題と、北アイルランドの過激派のテロ問題が再燃する可能性が大きいというのに。


ジョーは議員を辞めてしまうのですが、保守党から離党していまう議員さんも、チラホラ。
こんな状況でも、「俺は私はホントの保守だぞ保守党辞めないぞ国のためには保身に走らないぞ」とボリス首相の脅迫にも負けずにガンバっていらっしゃった議員さん、9月3日、党議拘束に反して投票した『造反議員』、本当に党から追放となりました。
英与党、造反21人追放=チャーチル元首相孫も-EU離脱
かのウィンストン・チャーチルのお孫さん、71歳、お父様も保守党員だったというソームズ議員も、追い出されました。
外務大臣の経験もある、数週間前までメイ首相のもとで財務大臣を務めていた、ハモンド議員も(財務大臣は、首相の次に重要なポストです)。
1970年から保守党議員となり、現下院で最長の49年の議員経験があり、財務大臣等の重要なポストの経験もある、ベテラン中のベテラン、79歳のクラーク議員も。
ひどくない?


ボリス首相の保守党の体制、どっかの東アジアの国の体制みたいになってるじゃない〜
保守党にこれだけ貢献してきた議員さん達を、放り投げるって、『保守』の価値観に反しているんじゃないの?


保守党じゃないよ、これ。


あ、それから、アドバイザー、ドミニク・カミングスがボリス・ジョンソン首相の黒幕ってことで、なんとなくメディアも他の議員さん達も合意してるみたいです。
最近、カミングスの名前、ニュースでも、下院の議会中でも、聞きます。
この保守党の混乱と不信も、カミングスの策略なのでしょうか?
カミングスは、保守党員でもなんでもなく(他の保守党議員が反発している理由のひとつ)、成し遂げたいことを成し遂げたいだけ、というような意見を聞きました。
今朝テレビに出ていた、カミングスを知る人物(元議員へのアドバイザー)によると、彼の目的は、EU離脱を遂行することと、ブレグジット党(今年できたばかりの極右でのナショナリスト的な、日本的にいえばネトウヨな政党。ファラージ党首が人気者で、最近の世論調査では15パーセント前後の支持をうていている)をぶっこわすこと、だそうです。
1834年に設立された伝統と歴史のある保守党が、中道右派や普通の保守議員さんを失いまくり、ブレグジット党並みの極右な政党になりそうですね、このままだと。


わかりやすいBBC日本語版の解説はこちら。
ブレグジットは山場を迎えた? 英議会で4日起きた5大事


注・私個人は、EU離脱に関しては残留派ですが、合意有りのEU離脱で北アイルランドの国境問題が大丈夫ならそれでよいと考えております。また国民投票してEUに残留したって、EUを巡って分断された英国、外国人やマイノリティー特にイスラム教徒へのイジメ、過激になるばかりの偏狭な白人ナショナリズム等の問題の解決にはならないと思うし。
あと、事実関係で間違った記述がありましたら、ごめんなさい。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

まあ、イギリスへ行く予定はいまのところないので、まあ、あれです、おや、あんなところでネッシーが横断歩道を渡ってる・・・v-531

ピオの父ちゃんさん

来英のさいは、デモが起こりそうな土曜日に
デモが起こりやすそうな場所(首相官邸前とか)を是非とも
訪問してください〜v-410