FC2ブログ

まー、なんとかなるよねー、合意無きEU離脱

連れの知り合い、英国人カナダ在住のおっさんが、10月の下旬頃に仕事関係で英国にやってくるそうです。
で、フリーなお仕事をしている方なのでスケジュールとかはその気になれば或る程度の融通がきくらしく、そのおっさん、仕事増やせそうなら増やそうかな、そうすると帰るのは10月31日かそれとも11月になってからかな、などというメールを連れに送ってきました。
英国人なのに、海外生活長過ぎて、すっかり英国の状況、分かっていないようでした。
日程に或る程度余裕があるのなら、私だったら、11月1日は長距離移動は控えます。



10月31日というのは、英国がEUを離脱する最終期日です。
首相がEU離脱強硬派、内閣もほぼ強硬派、合意なんていらないぜ、私達はEU絶対抜けるからね派が政権をぶんどってしまった現在、合意無き離脱が起こる可能性は、高い。
つまり、国内が混乱する可能性も、高い。
はっきり言って、どんなことがどう起こるのか、想像もつかない。


まず、合意無き離脱後の11月1日、流通、貿易、入国等での手続きが変わってくることから、ドーバーなどEU諸国を結ぶ港が忙しくなり混乱をうむ可能性もあると思います(EUからのモノは、入国の際に税金もかからず届け出もしなくてよかったようですが、EUを離れるとそういった手続きが必要になり、ドーバー等での物資を運ぶトラックの渋滞が予想されます)。
空港でも混雑が起こる可能性もあります(出国は大丈夫だろうけどねー、だからカナダ在住のおっさんは平気だろうけど)。
EU諸国から輸入されている生鮮食品が等値上がりすることから、他の食品も高騰するとか、そういった予測がされています。


それよりも、コワいのは、英国民の反応。
離脱反対派は、多分10月31日あるいはそれ以前に大きな反対運動をするでしょう。
それが、合意無き離脱派の集会と鉢合わせしたら、大丈夫なんでしょうか。
それとか、三年前の国民投票明けに一気にヨーロッパ人だけではなく外国人や移民系へのハラスメントや暴力が増加したように、合意無き離脱直後に外国人/移民系への嫌がらせが勃発するのでしょうか。
2011年におこった大規模な暴動みたいなことは、まさか発生しないでしょうけど。
ちょっとした小競り合いや、大規模デモは、起こっても不思議はないでしょう。


合意無き離脱反対派は、都市部や高学歴に多いといわれ、普段はデモに参加してもおとなしくきちんと礼儀正しくしている方が多いです。
が、状況が状況だけに、一部が過激化しないとも限りません。
それよりも、離脱派系には、フットボールフーリガン的な様子がみられる過激な方々もいます。
先日、離脱派系、超極右グループのリーダー、トミー・ロビンソンの受刑を不服としたその支持者達のデモの一部が、暴徒化。

(注:トミー・ロビンソンは、その反イスラムそして人種差別的な主張から、フェイスブックやツイッター等でアカウントを削除された、暴力、家のローン詐欺、他人のふりして海外に行こうとしたりと犯罪歴も華やかな人物です。
しかし、フェイスブックでは100万人ものフォローがあったように、影響力は今でも大きく、隠れ支持者も多いと思います。
今現在の英国が、人種差別と偏狭なナショナリズムに侵略されているのを知るには、彼と支持者の言動が一番てっとり早いかも。
現在の英首相ボリス・ジョンソンや、元UKIP党党首、現ブレグジット党党首のナイジェル・ファラージ等の極右派ポピュリズムの政治家より、トミー・ロビンソンのほうが下層の白人英国人にとっては心理的に近いものを感じているのでしょうか。
イギリスの極右著名人、法廷侮辱罪で有罪 ムスリムやアジア人を標的に



そして、今日不幸なニュースがはいってきました。
ジャーナリストで労働党の活動家のOwen Jonesが、パブをでたところを数名の男性に襲撃される事件がおきました(Owen Jones 'kicked in head' in London street attack)。
一部の政治家やジャーナリストが、白人至上主義で人種差別的な極右の思想に影響されて、殺害予告などを送られたり嫌がらせの対象になっているニュースが後を絶ちません。
そう、英国王室のハリー王子も。
十代の若者が実刑判決を受けました。
Teenager who called Prince Harry a 'race traitor' sentenced


なんか、ホントに、いろいろ大変。
なるようにしか、ならないのでしょうけど。
無事にたいした混乱もなく、スムースに合意無き離脱ができて、世界的金融危機なんて誘発されないから大丈夫、って、誰か保証して〜



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

イギリスは、何百年たってもイギリスですね。まあ、イングランドとか、スコットランドとか、ウェールズとか、そういう観点もありますが・・・v-313

ピオの父ちゃんさん

そーですねー
プライドと勘違いと運の良さだけで、生き延びるんでしょーねーv-406