FC2ブログ

中国人の妻を『日本人』と失言してしまった英国外相



英国の与党、保守党のEU離脱問題をめぐるすったもんだで、どういうわけか保健大臣(たいして評判もよくなかったのに)から外務大臣に昇格してしまった(人材不足?)ジェレミー・ハント氏、就任早々世間を笑かしてくれました。


中国での外相会談という重要な席で、「私の妻は日本人」、と。
奥さん、実は中国人なんですけど(しかも子供も三人もいるというのに)。
すぐに言い直しましたが、時既に遅し。
会談のホスト国、中国と、そしてなにより中国人の奥様に対する二重の意味での失言。
教養がなかったり高学歴でも外国に対して関心の薄い高飛車な英国人にとっては、『日本も中国も一緒』という偏見を事実としておりますが、高学歴のインテリで在日経験もあるハント氏みたいな方でさえ言い間違えることに、ちょっとショック。




いや、逆にこのケースは、在日経験があるからこその言い間違えかも。
ジェレミー・ハント氏は、若い時に日本で英語教師をつとめて、日本語も堪能であるという『日本通』の政治家。
やはり日本での若い時の体験って、面白くて刺激的で忘れられないものなのではないでしょうか。
こういった公の席で、妻を日本人と言い間違えてくれること、ちょっと嬉しかったりもします。
ハント氏の在日中、彼と関わった日本人の方々がよい人ばかりだったのでしょう。
(その時の日本人の彼女が忘れられないのかも〜?)
ま、このケースは、例外中の例外、でしょうね、偏見とか無知とか差別から出た発言ではありません(と、信じましょ)





ところで、英国での滞在が長いと、一度くらいは「ホントは日本人女性が好きなんだけどチャンスが無くて中国人/ベトナム人/タイ人等々と一緒になったのでは」という(ヘンタイがかった、たいしたことない)英国人に遭遇しうることがあると思います。
そういう英国人男性って、一度日本人女性となんらかの弾みでつき合ってしまって、それがよくて(多分外国人とつき合うと男友達に自慢できるし、英会話がネイティヴ並みではないので卑語も殆ど使わないから品の良さを勘違いできるしケンカもそれほど激しくならないし)、そして英国人女性にモテなかったりすると、日本人女性はそれほど数がいないので対象を広げて東アジア圏出身の女性好きになってしまうようです。
(ちょっとイケメンだったり、スペックが高い場合、英国人女性その他がわらわら寄ってくるので、そのまま一緒になることもあります。ドラッグとかアルコールの問題がある場合やちょっと人格障害っぽくないかという英国人は、やはり外国人女性と一緒になる可能性高いかも)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント