FC2ブログ

"Mad dogs and Englishmen go out in the midday sun"



日本が異常気象。
早過ぎる梅雨明け、西日本の歴史的な豪雨、酷暑、そして、今週末には台風が上陸する可能性が高い、と。
10年以上前に観ていた火山か地震関連の英国のテレビ番組で、専門家が「日本は自然災害のディズニーランド」と表現していました。
地震、噴火、台風、それほど多彩な災害が体験できる『ディズニーランド』。
(英国では、それらはほぼ無いもの。ちょっとした小型の地震で大騒ぎで大ニュースになるくらい、幸せ)
更に亜熱帯化している日本。
今年の日本は、本当にどうなってしまうのでしょうか。
とにかく、皆様の無事と動物達が安全にのこの夏を乗り切ることを祈るばかりです。


英国も、今年はちょっ違う。
6月下旬から気温が高く、雨がほぼ降らない。
多くの芝生が枯れて、茶色化している公園。
明日は、ロンドンでは34℃に達すると、気象予報。


英国人といえば、太陽が大好き。
暑い夏が大好き。
尋常でないほど、好き。
他の多くの国民が木陰を求めたり涼をとったりするような暑さと日射しのなかでも、庭や公園に帽子も被らず出ては『夏』を堪能する。


そういった英国人の習性っていうものは、やはりこの昨今に始まったものではないようです。
戯曲作家、俳優、歌手等、マルチな才能に恵まれたによるNoël Cowardによる、Mad Dogs and Englishmenという名曲がこちら。




1931年に発表された、コミカルに英国人を皮肉った歌です。(注:このビデオは戦後のものです)
Mad dogs and Englishmen go out in the midday sun
気が狂った犬とイングリッシュ人は、真っ昼間の太陽の中外にでる。
他の国の人達は、そんなことしないというのに。
(狂ったわんこさんなんていないでしょうから、基本イングリッシュしかそんなバカなことしないってことですね)


大雑把にいうと、そんな歌詞の歌。
暑くなると、よく連れがこのラインを引用するのです。


明日、34℃くらいになっても、嬉々として外にでちゃう英国人、まだまだいるんでしょうね。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


歌詞

In tropical climes
There are certain times of day
When all the citizens retire
To take their clothes off and perspire.

It's one of those rules
That the greatest fools obey
Because the sun is far too sultry &
One must avoid its ultra violet ray.

The natives grieve when
the white men leave
their huts because
they're obviously,
definitely nuts.

Mad dogs & Englishmen go out in the
midday sun. The Japanese don't care to.
The Chinese wouldn't dare to. Hindus and
Argentines sleep firmly from twelve to
one, gut Englishmen detest a siesta. In the
Philippines they have lovely screens to
protect you from the glare. In the Malay
states there are hats like plates which the
Britishers won't wear. At twelve noon the
natives swoon, and no further work is
done, but mad dogs & Englishmen go out in the midday sun.

Such a surprise
For the eastern eyes
To see,
That though the English are effete,
They're quite impervious to heat.
When the white man rides
Every native hides
In glee.
Because the simple creatures hope he
Will impale his solar topee
On a tree.

It seems such a shame
When the English claim
The Earth,
That they give rise
To such hilarity
And mirth.
Ha, ha, ha, ha, ha, ha, ha, ha,
Hoo, hoo, hoo, hoo, hoo, hoo, hoo, hoo,
He, he, he, he, he, he, he, he,
Hm, hm, hm, hm, hm, hm.

Mad dogs and Englishmen
Go out in the midday sun.
The toughest Burmese bandit
Can never understand it.
In Rangoon
The heat of noon
Is just what the natives shun,
They put their Scotch
Or Rye down
And lie down.
In a jungle town
Where the sun beats down
To the rage of man and beast,
The English garb
Of the English sahib
Merely gets a bit more creased.
In Bangkok
At twleve'o'clock
They foam at the mouth and run,
But mad dogs and Englishmen
Go out in the midday sun.

Mad dogs and Englishmen
Go out in the midday sun.
The smallest Malay rabbit
Deplores this foolish habit.
In Hong Kong
They strike a gong
And fire off a noonday gun
To reprimand
Each inmate
Who's in late.
In the Mangrove swamps
Where the python romps
There is peace from twelve to two,
Even caribous
Lie around and snooze,
For there's nothing else to do.
In Bengal,
To move at all
Is seldom if ever done.
But mad dogs and Englishmen
Go out in the midday sun!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます