愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

これがロンドン?

ろんぷう日記などというタイトルをブログにつけてしまいました。
お察しの通り、滞在場所ロンドン、プラスおっさん猫ぷうで、ろんぷう日記としたのですが、ロンドンや英国関連のブログ内容の偏ったこと。安い食べ物、まずそうな食べ物、ごみ、トイレ。特別英国観光大使に任命されそうなトピックばかり!


そんな訳で、たまにはかなりオーソドックスな大都市ロンドンの姿を(古くて安いデジカメに)収めました!!



タワーブリッジです。あいにくの曇天ですが。(冬は殆どくらーい雲がたちこめてます)
観光客は、この橋をロンドンブリッジと勘違いする人も多いようです。
2013-03-09 橋6



幽霊が出現するというウワサが絶えないロンドン塔。
『ユートピア』の著述で有名なトマス・モアも、ロンドン塔にて斬首刑に処されました。ヘンリー8世の2番目と5番目の王妃も、ここで処刑されました。
2013-03-09 糖2


ロンドン塔の後方にうっすらと写っている白い高層ビルは、去年完成したザ・シャード。 高さは309.6メートル。欧州連合内で、一番の高さを誇ります。

2013-03-09 橋5














でもね〜、これがやっぱりロンドンだと思うの〜。
誰かが置いていったビールの空き瓶から、ロンドン塔を望む。
2013-03-09 橋7


更に、反対側にカメラを向けてみると、

2013-03-09 橋8
ぼろぼろ〜の駅。ドックランズ・ライト・レイルウェイ(ライトメトロ)の駅の乗り場に、左側から行けます。しょぼい。

右手に写っているレンガの廃れた建物を、近くで見てみました。
2013-03-09 橋9

2013-03-09 橋10

どのくらい、放置されたままなのでしょうか、ガラス窓も扉もありません。屋根すらないのです。代わりに植物が生えていました。


壮麗な建物と寂れた建物、裕福と貧困、きれいなものときたないもの。そんなものが同居しているのがロンドンだと思うのです。否定的な見方をしているのではなく、それがひとつの魅力なのではないかと。


スポンサーサイト
コメント
No title
ロンドン!って、パブばかりですよね。
瓶が象徴してる!
パブ、ビア!って、昼間から飲んでますよね。
2013/03/11(月) 06:32 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
Re: No title
ホンットに、おっしゃるとおりです!
週末のパブとかすごいですよね。
食べないで飲むから、余計悪酔いして、けんかしたり殴られたり盗まれたり、救急車で運ばれたり警察のお世話になったり。
でもイングランド人いわく、アイルランド人はホンットに酒好きだよな〜。
五十歩百歩ってとこかしら?

2013/03/11(月) 08:28 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR