FC2ブログ

セーラ(仮名)とジョン(仮名)の、その後のお話


セーラさん(仮名)に、新しい彼氏ができたようです。
セーラさんは、私の英国人の連れのかつての知り合いの英国人ジョン(仮名)の彼女だった方です。
ジョンからDVの被害にあったセーラはそのことをSNSで公表、以前ブログにそのことを書きました(当たり前ですが、英国でもDVあります


2ヶ月前に日本から帰ってきたら、連れが「セーラが別の男と歩いているのを見かけた、運良く気付かれなくてよかった」という、報告を受けました。
でもセーラって、この近所に住んでいたわけでもないし、相手は単なる友達か兄弟か従兄弟という可能性もあるんじゃないのかなー、と思いました。
そのことはすっかり忘れていて、最近セーラの某SNSサイトを検索したら、暴力をふるったジョンとはキレイサッパリ別れたようで、ホントに別の男性と一緒になったようです。
しかも写真に写っているのが私の住まいの近辺のものばかり。
ここから半径1マイル(1マイルは1,6キロくらいなのよねー、英国人は殆どまだマイルで生きています、キロとか分かってくれない)に、セーラは引っ越してきたようです。
なるほど、それでは連れが目撃したのも納得。


セーラさんよかったねー、あんな男と別れて。
もしかすると、暴力を受けてSNSに投稿して、すぐに前言撤回してまたジョンとのラブラブ写真を上げていたのも、身を守るためだったのかも知れません。
反抗したらもっとひどい目にあわせられるかもしれないから、とりあえずおとなしくしておいて、ジョンから逃げ出す準備を画策していたのかも。


それにしても、英国の多くの男女は、恋愛に関しては非常に貪欲。
年齢とか、過去の結婚離婚歴、子供の有無も関係ナシ。
中高年になっても、よく新しくつき合い始める。
離婚してようが子供がいようが、アラフィフになってもつき合って、別れて、また新しい人見つけてつき合って、とか、そういう強者も結構いる。
こういったところは、ちょっと日本人もみならったほうがいいのかも。


一方のジョン、こちらもやはり新しい彼女ができたようです(彼の某SNS調べ)。
どうも、子供持ちの方らしい。
大丈夫なの?


うーん。
やはり、恋愛に関しては、貪欲にならないほうが良いのではないかと、思い直しました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

わたしの友人のニュージーランド人は奥さんを亡くして中国系の方と再婚しました。v-119

我が家に泊まりにきた彼の友人は離婚してすぐ再婚しました。v-119

彼の友人もまた・・・v-119

ピオの父ちゃんさん

あー、やっぱりニュージーランド人もそうですよねー
この人達にとって、恋愛ってなんだろー。
家族愛ってなんだろー。