英国で人気のピンク色したソーセージ



英国人は、ソーセージ好きです。
日本人がよく慣れ親しんだ、ドイツ的なソーセージを日本人の好みに合うようにアレンジしたものとか、魚肉ソーセージ(あ〜、なつかしっ)みたいなものではなく、英国的な(?)ソーセージが大好きです。


その英国人の庶民の一番人気のブランドといえば、こちらのリッチモンドのソーセージ。
richmond 8


とても人工的ではないピンクな色をして、味もポークっぽくなくって、何が入っているのか謎のソーセージです。
私は、英国に初めて来た時に食べたイングリッシュブレックファーストのソーセージが不味過ぎて、英国ソーセージ恐怖症におちいりました。
が、そのあと徐々にいろいろなソーセージがあることを知り、試してみて、とってもポークでジューシーなソーセージと出会い英国的ソーセージ好きになりました。
それでも、どうしても好きになれないソーセージが、このリッチモンドなんです。
スーパーマーケットの80ペンスくらいで売っている格安ソーセージのほうが、肉々しく添加物が少なそうで、私はリッチモンドよりこちらのほうが好き。
それくらい、このリッチモンドのソーセージの味、耐えられません。


英国人の連れのためのピンク色のリッチモンドソーセージ。八本入りを焼くと、こんなにたっぷりの油が出てきます。
2018-01 richmond


フライパンで焼くと油が飛ぶので、鍋でやります。
しかし、この油、一体どんな油なのでしょうか。
richmondsausagesこの公式サイトによると、100グラム中タンパク質11.7グラムに対して油15.9グラム。
油のほうが多いソーセージなのですね。


こんな英国の食文化に、どうやっても馴染めないです。
いや、絶対馴染みたくないです。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ニュージーランドも似たようなものです v-529

食事のメインディッシュは会話まのかもしれませんv-529

こんにちは!英国式朝食が懐かしい。学食で食べる朝食、以外に好きでした。そこは、お昼も以外に種類もあり、町中のレストランより味も良かった。中でもチャーハンは美味かった。
ベーコンもソーセージも、これでもか!ってくらい火を通しすぎてフォークが刺さらず割れるベーコン。笑。
イギリス人が火を通しすぎる理由は大昔の不衛生な環境が理由であとを引きずって火を通しすぎる食文化に変わったらしいけど、今何世紀だ!と言いたいが、刺し身や生卵を安全に食べる事が出来る日本を基準に考えはいけない。
ただ、カリカリにすることで、加工の段階で余分な油を極限まで落としてる。うん?もしかして、そう調理するために加工の段階で脂質を多く含ませてるのかも!
うわ、新たな事に気づいてしまったかも!でも、それがぱさつきを少しでも、抑えようとした目論見ならば、もうちょっと他の工夫があるでしょ、イギリス人。と言いたい。あーあ、日本人の味覚にバンザイ!

フランスやイタリアスペインの朝食は朝から食豊かな日本人には物足りなくて、動物性タンパク質が食べたくなる。ホテルでソーセージの朝食、嬉しかったです。ちなみにバジルは朝からピザ、フレンチ式ホットドッグ、クロックマダムなどの海外式チーズたっぷり朝食でフランスで過ごしていました。今も変わらず、チーズソーセに卵、プラス、ピザを朝食にたべています。カロリーを考えて、朝食のピザは日本式ワンピースにしていますけど。

ピオの父ちゃんさん

ピオの父ちゃんさんのことを、
呼び捨てにしていたことを
心からお詫び申し上げます(許してピオちゃん!)v-436

バジルさん

朝からピザ〜!
卵とか納豆とかみそ汁じゃないんですか?
コンチネンタル式の朝ご飯は、無茶苦茶炭水化物でお腹満たしますよね。
チーズとハムが美味しくても、やっぱり物足りない。
英国では、イングリッシュブレックファースト食べる人ほぼいない。
カフェで、ランチとしてのフルイングリッシュブレックファーストっていうのがいいですよねー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます