FC2ブログ

日本人は差別的でしょうか


十年くらい前のことです。
アフリカ系の黒人英国人で若い時カナダにいたこともあり、そこで日系人か日本人から武術を学んでいた方がいました。
そういった縁もあるのか、親日でとても良い方でした。
彼がとても日本好きであることを不思議に思ったのか、他のアフリカ系の人から
「日本人と中国人って、どう違うの?」
という質問をうけました。
(以前にも書いたけれど、英国人だろうがナイジェリア人であろうが、ロシア人であろうがイタリア人であろうが、日本と中国の違いなんて分かっている人は希有な存在でして、高学歴の方も含め大抵の方は、基本『全部一緒』です。そのくらい、世界の人口の殆どは私達になんて関心がなかったり、無知だったり、好奇心に欠けていたり、毎日が忙しくてそれどころではないのです。日本に来てる外国人のアニメファンなんて、世界規模でみたら超少数派です)


「日本人は、中国人と違って差別しないんだ」
と、彼は言いました。
私に気を遣ってくれていたのかも知れません。
でも、そう日本人を表現してくれて、嬉しかったです。


本当は、勿論知っていました。
日本人だって、差別する。
ただ、外国人を目の前にして露骨なことを言う人が少ないだけ。
外国に出て気付いてショックだったのは、外国人が日本人を差別するということと、日本人が外国人を差別するということ、日本人が日本人を差別するということでした。
外国で、日本人は日本人を差別しますね〜。
理由はなんでもいいみたい。
外国に染まり過ぎてる、日本人としての行儀ができていない、ファッションがダサ過ぎて日本人じゃない、あいつは日本人じゃない、名前が日本人じゃない(←ほぼ意味不明)。
そして、外国人を肌の色や出身地や文化圏等によって差別/区別していること。


ロンドンで知り合った日本人女性が、南アジア系の男性と付き合いはじめて、彼氏が白人じゃなくて「よかった」と言っていました。
何故なら、彼女の仲の良い日本人女性に、彼氏がいなかったから。
「もし私に白人の彼氏ができたら、すごく嫉妬されて大変だったと思う」
そうなのか、日本人って、そういう面倒な人もいるのだと知って勉強になった記憶があります。


大晦日のテレビ番組で『人種差別』という批判がでて、海外メディアからも批判されているようです。
(英国では大きなニュースになってません、それどころではないニュースでいっぱいなのです。そんなに気にしないで下さい。最近でも、差別的な表現が問題になってボツになるコマーシャルが英国でもあるくらいです)
私も年末恒例の人気テレビ番組『笑ってはいけないシリーズ』好きでした。
今回、オープニングだけ観て「これは問題になるな」と直感しました。


でも、何故これが問題になるのか、上手に説明できません。
外国での生活が長くなって、肌感覚で分かる『やってはいけないこと』、或はポリティカル・コレクトネスというものでしょうか。
差別用語とか差別的ジェスチャーとか、いまだに私にもよく分からないことばかりです。
制作者にも、ダウンタウンさんにも、全く悪意はないし差別意識などなかったと確信します。
私がもし海外にでることなく日本でのほほんと暮らしていたら、今回の『笑ってはいけない』で何がいけないのか全く気付くことなく楽しく観たことと思います。


しいて言えば、かつて『白人』が表現していたことをマネしてはいけない、ということでしょうか。
外国人が少なく、育った故郷では外国人なんてほぼ見たこともないような日本人が多い日本で、『人種差別』意識ってどこから生まれるのでしょうか。
悲しいかな、昔のアメリカ等西洋の映画や文化の影響を無意識に引きずっているような気がします。


以前、カリブ系英国人(黒人)の女性が、ロンドンのアフリカ系(黒人)のヘアドレッサーで拒否された、という話しをしていました。
そのヘアドレッダーの方は、「アフリカ系カリブとかアフリカ系アメリカ人は、かつての奴隷の末裔なので『Clean』ではないから」とカリブ系の彼女を差別したそうです。
アメリカの歴史や植民地主義の負の遺産に振る舞わされているのは、日本人だけではないのかも知れません。


そんなこと言っても、年末に映画『風とともに去りぬ』を放映していて、録画して観てしまいました。
やはり名作。
でも、黒人の描き方が差別的だと批判されています。
そこには充分気をつけて、無意識に感化されないようにしなくては。



関連
差別感情はなくならないという悲しい現実
子供博物館 おもちゃは社会の鏡



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

明けまして

(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*)

最近は、日本も政治家が差別的発言したりする
事があるのよねぇ~「えっそれは、いけなしんじゃないの?」
と思ってるとやはり、抗議がきたりと、でも、差別問題は
それぞれの考え方が違ったら、自分と違うとかって、
思っちゃいますよねぇ~。でも、相手の話もじっくり聞いてみると
あっそういう考え方があったのかと教えてくれたりも
するので、差別するのではなく、話をじっくり聞いてみるのも
いいですよね。
でも、見た目だけの差別は悲しくなりますね。

今年もよろしくお願いしますぅ~。

Re: 明けまして

差別問題は難しいけれど、やはりこれもグローバル化しているから気をつけなくちゃいけない問題ですよね〜。
政治家は勿論、メディア(テレビもアニメもゲームも)は表現に気をつけて、専門家の意見を取り入れるようにしないと、ね。
でも、海外メディアは日本のメディアを批判すると同時に、何故これがいけないのか、ときちんと説明してくれると有難いです。

今年も元気にいっぱい寝ていっぱい食べる。
それが最高の健康法よね〜

No title

∧ ∧
(≧∇≦) ぼくの名前はピオ! ままさん、初めまして! これからよろしくね! v-116

ピオの父ちゃん

帰りなさ〜い、ゲンタくんのパパさんことピオの父ちゃん。
そして、ピオちゃん、はじめまして。
よろしくねv-407

こんにちは

昔、なつかしの シャネルズなんて どーなんだっっううの!!??って このニュースを見たとき、私も 思わず つっこんでました。

いまだに あの、目の横をひっぱてアジア人の真似をするのしぐさは どこにいっても健在なのにねぇ~・・・っと。

今って ちょっと 敏感すぎると思うことも。たとえば、黒人の方を表現するのに、
「あの、黒人の人。」
って言ったら 驚かれまして、
「カラーの人」って言うんですってね。


No title

確かに何がレイシズムなのかは、難しいところですよね。
しかし相手を軽視しているということだけは共通してると思います。
お互いに、あくまで個人として接すればなにも問題は起きないはずなんですが、いつまで経ってもこれが浸透しませんよね。

Re: こんにちは

コメントありがとうございます。
黒人って、え、これNGなの?
カラーの人、(coloured?)という表現も差別っぽいような。
まず、ケルト系やアングロサクソン系等ヨーロッパ原住民を指す『白人』っていうのも、変過ぎる〜
彼らは白い肌してないもん。
赤かったりピンクだったり褐色の人もいるし。
それで他の人種はcolouredって、なんだか納得しない。
この単語からNGにして欲しいな〜

宗教や人種や文化の差別問題、難し過ぎです。

kenさん、コメントありがとうございます

そうなんですよね。
メディアを通じて発信されるものは(アニメや映画やゲームも)、公開前にチェックしてくれる機関が必要ではないでしょうか。
今回のケースは無知が原因でしょうが、外国人や他の文化圏の方も含め多くの人が観るテレビ番組ですから。
今はテレビ番組とかYoutubeにアップされて、更に拡散される可能性もありますしねー。

BBC

新年初のコメントになります。明けましておめでとうございます。

正月に人種差別の問題について、池上彰氏の番組でアメリカ人が興味深い発言をしていた。
アメリカの白人中間層は逆差別ともいえる状況に苦しんでいるという。
カラードはマイノリティーであるので、進学や職場において優遇されるが、白人がその不満を言うと差別主義者だとレッテルを張られたり、酷いバッシングを受けるのだという。
こいいった優遇策への不満や、自分達がマイノリティーになるのではと不安に思う層が、トランプ支持に流れたのだとも。

人種の問題ではないが、BBCの中国支局長の女性が、同じ役職の男性社員より給与が安いことに不満を表明し、退社したというニュースを聞いた。
正直、欧米の方がこと仕事においては男女間の待遇は同じと思っていただけに驚いた。

BBCは女性記者が活躍している放送局で、危険地帯にも派遣されているし、重要な責務を負っている女性社員も多いのではないだろうか?待遇が同じということは責任も同じということだ。

日本の政府は女性管理職を増やそうとしているが、案外女性の方は希望していないと聞く。やはり責任という部分でしり込みしてしまうようだ。

Re: BBC

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

BBCのニュースは、衝撃でしたよね。
男女に差別や、セクハラはこっちでもたっくさん、やまほど、うんざりするほど、あります。
英国のほうがすすんできるかと思いきや。
男女差別やセクハラは、職場や職種や大学や上司や仲間によって、かなり意識や待遇が違うという感じです。
一概には言えないですね。

アメリカのことは分かりませんが、人種差別も、職場や職種や学部や都市/地方で意識や対応が違ってくるのではないでしょうか。
例えば、英国では、給料がよく社会的地位も高い憧れの職業、医者は移民や移民系が多いです。
が、移民系や外国人の多いこのロンドンでも、人気の金融関係に勤務している(特に上層部)のは、何故か白人系の英国人ばかりです。
あと、ロンドンとはいえまだまだ白人系英国人が優勢なのは、警察。
こういった職種では、非白人を優先して雇用したり昇進させないと、人種の人口比を反映させることが出来ず国民との信頼関係が築きにくいのでいたしかたないかも知れません。
(あと、ブラックキャブですねー、なんでこんなに運ちゃんがお腹ポッコリした白人英国人ばかりなのか)

管理職はきついですからねー。
でも、テレビドラマとかしばらく観たことない私が数年前に半沢直樹観た時、銀行の会議室に男性しかいなかったシーンにはビックリしました。