英国人はやっぱり甘過ぎるものが好き

英国すぎるお菓子メーカーとして英国人にしか人気のないMr Kiplingのケーキが安くなっていたので、甘いもの大好きで糖尿病になった英国人の連れのために買いました(こっちの糖尿病は、かかっても甘い物を食べる。さすが、英国人です)。
Mr Kiplingのことは以前こっちに書きましたので、関心のあるかたは参考までに → 英国人は甘すぎるものが好き


レモン風味だっていうから、好奇心から私も試食。
2017 mrk1


一口分だけちぎって口に入れたとたん、思考停止。
急遽、写真撮影。
甘過ぎる。
むっちゃ、甘過ぎる、
ケーキの上のトッピングは、レモン風味のホワイトチョコをベースにしたクリームか、バタークリームかと思っていたのですが、ここは英国、そしてこのお菓子は英国人にウケるお菓子。
白い部分は、砂糖のコーティングでした。
下のケーキ部分が、かなり甘い。
日本だったら、ケーキだけで砂糖の量は20〜50パーセントカットでしょうね、これではとても売れない。
それに更に砂糖どっさり。
一切れ口に入れて、一瞬で出しちゃいましたよ〜
2017 mrk2


この小ささで、14.9グラムも砂糖使っている。
2017 mrk3
そうかー、ちゃんとこういうところを見てから口にしないと。
英国人の連れは。「わーい、Mr Kiplingだ〜」と喜んで、自然に、ごくごく普通にこのケーキを喜んで食べていました。


そうよ、ここは英国なんだから。
食文化の秘境、未開発の舌、セルライトの天国、英国なんだから。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぷうままさま

本当に甘いですよね。
夫も大好きですが今は控えています。
昔はあっという間にひと箱でした。
私は甘いものがそれほど好きではないので
イギリスのスイートはとっても甘く感じます。
それを食後すぐ食べたがるのが理解できません。

染み入る甘さ。

Mr Kipling みんな好きですよね。イギリス人は。どんな舌しているんでしょうかね。
けれど、味どうこう以前にイギリス物にしては、まれにみられるちゃんとした一個づつのシールドされた包装なので、娘のランチBOXに入れてたけど、いつのころから食べずにいつも持って帰ってくるようになり、ああ、娘の舌は正常だわ。と胸をなでおろしたのでありました。うちはANGELなんとかっていうピンクと黄色の買ってました。まあ、味的にはほとんどおんなじなんでしょうね。

Re: ぷうままさま

私は甘いもの大好きです〜
でも、ここまでの砂糖の量は期待してません(キッパリ)
英国人は、ペロッと食べちゃうんですよね。
日本人はキットカットは好きだけどMars Barは甘過ぎて無理という、
この感覚が分かってもらえない。
どんな舌しているのか、この方達。
一生かかっても分かんないです。

Re: 染み入る甘さ。

味覚って、遺伝なのでしょうかねー。
Mars Barは、英国で生まれ育った中国系の女性も中国人/系はあの甘さはダメと言っていたので、環境だけでは説明できないことなのかも。
ということは、最近ノーベル賞をとったカズオ・イシグロさんもきっと砂糖過剰なお菓子は無理なんでしょうね。
誰か研究して欲しいなー。