FC2ブログ

食品のカロリー削減で、英国の肥満問題解決するのかな

英国の肥満率ってのは、世界でもトップクラスに高いです。
さすが英国です。
米国よりちょっと低いくらいですから。
これは長期滞在するまでもなく、英国でちょっと普通に街で買い物したり電車に乗ったりすれば、なんとなく分かると思います。
幅広い人おおい。
しかも、子供でもお腹がぽこっとしている子がおおいよなー、という感想を持つと思います。
そういうわけで、少しは国としても肥満を憂いているようです。
BBCの記事より。
人気の食品のカロリーを減らしたいようです。
Calories in popular foods must be cut, say health officials


うーん、でも、レストラン、食品会社、大手スーパーマーケットがカロリ―を削減することがそれほど効果的なのでしょうか。
皿のサイズを小さくしたり、砂糖や油を減らしたり、量を減らしたら、物足りなくて他のものをもっと食べるだけ、という人が多いような気がします。
私の英国人の連れが太っいて、そういう行動パターンにでます(私も)。
量や味で物足りなければ、ほかのものを食べて補おうとするのです、しかも、更に不健康なものを。


私から見ると、一般的な英国人の食生活は全体的にビスケットとかチョコバーとかパイとか、甘い物の食べ過ぎ。
しかも、朝ご飯にジャムたっぷりのトーストと砂糖が入ったシリアルとか食べる人も多い。
朝から血糖値が上がり過ぎ。


以前、英国人の家族の家で部屋を借りていたとき、朝ご飯は勝手にシリアルとかパンとか食べていいルールでした。
ところが、3時間たたないうちに毎日のようにお腹がすきました。
それで朝ご飯の量を増やしてみましたが、効果無し。
基本的に御飯とみそ汁の朝ご飯で育った私にとって(トーストの時もみそ汁とか卵焼きがあったと思う)、シリアルとトーストはお腹も心も満たしませんでした。
やはり、朝ご飯もバランスよく食べたい。
炭水化物と砂糖ばかりの朝ご飯は、今でも苦手です。


一般的な英国人の食生活は、甘い物と謎が多過ぎて、彼らの考える『健康的な食生活』というものもよく分かりません。
ただ、朝からチョコ味の砂糖たっぷりのシリアル食べて砂糖たっぷりのオレンジジュース飲んで、チョコバーも毎日のように食べて野菜はほとんど摂取せず冷凍食品や加工品ばかり食べて、それでも健康で普通体重の子供達もたくさんいることに、驚愕します。
(日本の子供達があの食生活を送ったら、一ヶ月もたたずに虚弱体質になってしまいそう)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

元気になられて良かったです。

テンプレートの変更をしたのですね。
とても心配していました。
私以外にも、「ろんぷう日記」さんの
ファンがいらっしゃるようなのでその方たちの
為にもブログ頑張って続けてください。

私も大好きだった猫を亡くして半年。
しかも二度目です。
その子たちを看病した苦しく辛い思い出は
一生忘れられません。
そんな中でも人間関係で辛いことばかりがあり、
ブログも止めてしまおうと何度もったことか。

それでも、たまに訪問して下さる方、
新しく来られる方を思うと止めるにやめられなく、
たまに更新しながらどうにか続けています。
私もたまに訪問しますので、どうか止めずに
続けて下さるのを応援しています。
叉きますね。

英国式合理的食生活

朝はトーストかシリアルとミルクティー。昼食はサンドイッチにリンゴとチョコレートバー。夜はやっと、調理しての食事。ローストした肉と茹でた芋・グリーンピース・人参など。というのが普通の英国人の食生活だろうか。

シンプルな食事ではあるが、一日に1度しか調理しないというのもすごい。おまけに皿一枚に収まってしまう料理。片づけも簡単。
食生活が合理的である。

日本では朝からご飯を炊いたり、味噌汁を作ったり。おまけに弁当用におかずを調理したりする。もちろん夜も調理する。はっきり言って家庭の主婦は大変だ。

日本人女性が英国人男性と結婚したがるのは、案外そんなところにも理由があるのかな?

Re: 元気になられて良かったです。

元気でした〜
ブログから離れてみて、考えてたの。
何が書きたいのか、それとももう書くことなんてないのか、書くとしたらどんな方向性になりそうなのか。
ま、結局、なるようになるさ〜、という気持ちに落ち着きました。

にゃんこさんの看病、そして別れは、本当に辛いですよね。
6年前に先住にゃんこが旅立ったときは、ぷうがいたからしっかりしなくちゃいけないと頑張れました。
にゃんこさんたちの愛ともふもふに、感謝。

Re: 英国式合理的食生活

> 朝はトーストかシリアルとミルクティー。昼食はサンドイッチにリンゴとチョコレートバー。夜はやっと、調理しての食事。ローストした肉と茹でた芋・グリーンピース・人参など。というのが普通の英国人の食生活だろうか。


残念ながら、それは『健康的な英国人の食事』です!
現実は、朝はトースト&シリアル(確かに両方食べると腹持ちはよくなるのです)、夜はチップスいっぱい食べて食後にプディング(例えば、アップルパイにインスタントの卵黄感全く無いカスタード)、更に食間にビスケットやらチョコやら食いまくり。

まー、確かに英国人は楽です。
味覚麻痺してますから、辛い物か脂っこい物か甘ったるいもの出せば、なんでも食べるから。
多くの人は、繊細なものや、味付けの薄い物にはほぼ反応しません。