ぷう猫が旅に出て一年たちました

ぷうがいなかったら、英国みたいな国で生きていけるなんて思っていませんでした。
なんとか、頑張っております。
ぷうがいてくれたから、ぷうがもふもふしてくれたから。
なんとか、なる。
私の人生、もっともっと、弾けてみせる。


ぷうは、本当に良い子でした。
2010年の末から、当時19歳の先住猫のぱっちゃんが一気に老化が進んで調子が悪くなりました。
ベッドで寝ていたのに、それも辛くなったのか、ソファの上で昼も夜も殆どの時間を過ごすようになりました。
それから4ヶ月、ぱっちゃんが旅立つまで、ぷうはずっとぱっちゃんの傍にいるようになりました。
この二匹、仲良しではありませんでした。
いつも距離を保って、一度も抱き合うこともなく、すぐに「シャーッ」と威嚇し合う仲だったのに。
ぷうも、よく枕元に来て一緒に寝てくれたのに、それ以来全く来てくれなくなりました。
遊んだり、走ったりすることも殆ど止めて。
ぱっちゃんの近くで、ぱっちゃんの寝息の聞こえるところではないと、安心できなかったんだろうな。
それまで暴れん坊だったぷうはとてもおとなしくなってしまいました。


そして、ぱっちゃんがいなくなってから一年以上、ぷうは殆ど遊ばなくなりました。
人間風に言えば、多分介護疲れ、そのあと一種の鬱状態。
ぷうは、もともと繊細で神経質な子。
よその人は大嫌いだから逃げるし、引っ越して一週間も布団の下で隠れて過ごしたほど。
それだけ神経の細いぷうは、空気の読めるにゃんこ。
ぱっちゃんのことを気遣って、心配して。
ぱっちゃんがいなくなっても、なんとか元気になってもらおうと頑張ったけど、もとに戻るのに一年もかかってしまいました。
ありがとう、ぷう。
猫星で、ぱっちゃんと、仲良くもふもふしたり、ケンカしているのかな。
いつか逢いにいくから、待ってて。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぷうちゃん。

ぷうちゃんのお顔見てみたいです。
プロフィール写真をみると白いにゃんこちゃん
のように感じます。
猫種はなんだったのですか。
賢くて可愛いように感じます。

気持ちわかります。
私も亡くした二ニャんに早く会いにゆきたい。
いつもそう思っています。

Re: ぷうちゃん。

猫種、わかんないです。
連れが知り合いの家から養子にしたコなので。
にゃんこはどのコも美猫で賢いですよね。
猫、崇拝v-346

ほんと、早くみんなに逢いたいですね。
それまで、お互いしっかり修行に励みましょう〜

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こんばんはー!(`・∀・´)ゞ

ペットは、大切な事教えてくれますよね。
そばにいる時はむ、いるのが、当たり前。でも
旅立ってしまうと、余計に大切な存在なんだと
気づかされて、悲しみが余計に襲ってきますよね。
ぷうままさんの、心の中はまだまだ、悲しみでいっぱいだと
思うけど、あまり悲しみすぎてると、二匹とも心配で
天国に、行けないので、乗り越えてくださいね。
そして、いつの日か、あちらに、行く時が、人間にも必ず
来る日が訪れるので、その日までは、二匹分精いっぱい
生き抜いてくださいね。

Re: こんばんはー!(`・∀・´)ゞ

そうだよね〜
いつの日か、その日のために前進あるのみ!
がんばってるもん。
もふもふと愛はいっぱいもらったから、大丈夫。

あとは英国に愚痴りながら何とかホームシックにならないように、たまには肩の力を抜きながら、
生きるの〜