愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

事件続きでゆっくり観られなかった『ツイン・ピークス』

デヴィッド・リンチ監督によるアメリカのテレビシリーズ『ツイン・ピークス The Return』、ようやくやっとじっくり観られるようになりました。
本国アメリカでは5月22日に始まり、毎週日曜日に放映されてついにエピソード8まできました。
ここで、一週間お休みなので、今週と来週は今までのエピソードを振り返ったり前作や映画版、ツインピークスファンの考察や解説からいろいろ学べる良い機会となりそうです。
ただ、18エピソードで終了の予定で中盤まで来ているのに、エピソードが進むほど謎や疑問が増えまり。
ここまできてまだ登場していない主要キャラクターもいる。
というか、18エピソードで気持ちよく終わる筈ないよね。
リンチ監督、広げた風呂敷き、畳む気なんか毛頭ないよね、きっと。
シュールで摩訶不思議な世界を産み出す奇才、リンチ監督だもん。
納得のいかないもやもやするエンディングになって、ネット上での議論は沸騰して、次作待望論が高まるんだろうな。





『ツイン・ピークス The Return』、集中して観られない日々が続きました。
というのも、『ツイン・ピークス The Return』始めってから、英国そのものが『ツイン・ピークス』的な不思議で不気味で恐怖に満ちた、それでいてどこが滑稽なところもあり(メイ首相、笑わせてもらいました、解散総選挙しなければ問題なかったのにねー)、予測不可能で非現実的で残虐な事件が次から次へと短期間で起こったからです。
大規模なイスラム教徒系原理主義者によるテロが二件。
イスラム教徒を狙った白人系英国人によるテロが一件(罪のないイスラム教徒に対する、差別による犯罪は更に増加しているようです)。
総選挙一件。
予想が大きく外れて、与党である保守党が過半数に達せず、不安定要素の多い政府となってしまいました。
そして、北アイルランドの親イングランドで『とっても』保守的(中絶反対等)な政党と組んだので、北アイルランドの他の政党からの不満の声があり、和平協定にも影響するのではという見方もあります(北アイルランドは、もともとアイルランドという国の一部でして、それをイングランドが奪ってしまったので、いろいろ政治的な問題が)。
大規模な公営の高層住宅の火災が一件(この高層住宅の被害者だけではなく、周辺住民も避難しています。更にカムデン区の高層住宅の住民も安全上の理由から避難)。
(この他にも、黒人の青年が警察に逮捕された後不自然に亡くなるという事件が起き、抗議に集まった一般市民が警察隊と衝突する騒動が東ロンドンでありました→Demonstrators confront police in east London over Da Costa death
これだけの事件/事故更に大どんでん返しの総選挙というコメディーがあって、暴動が起きていないって、よく考えると、すごいかも(2011年の大規模な暴動があって以来、英国の社会って脆弱だと思ってます)。


ようやく落ち着いたので、ツイン・ピークス、そろそろじっくりとネタバレ書けそうです。

エピソード8に出演したアメリカの人気ロックバンド、ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)。
ツイン・ピークスという人口たかだか5万人の街の飲み屋兼ライブハウスで演奏するには、成功し過ぎているバンドなのでそれだけでシュール過ぎてウケました。
ちなみにThe Nine Inch Nailsと、紹介されています。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR