25年たてば誰でもおっさんやオバサンになるさ(Ride@Rough Trade East)

ライド(Ride)という、90年代前半にインディー音楽界で一躍有名になったオックスフォード出身のおっさんなバンドをみてきました。
数年前に再結成して、今回は新作をリリースして、イーストロンドンにあるレコード屋さんラフ・トレードで宣伝を兼ねたミニライブです。
25年前にライブに行ったことがあります。
なつかしい。
ロンドンで、ライドをこんなに小さな場所で見られることは奇跡に近いので、出かけてきました。


といっても、写真も映像も撮ってきてないんですけど。
暑くて、しかもラフトレードに着いたのが遅かったので、それどころではなくて。
場所が狭いしレコード屋さんなので、アコーステックセットか、普通のライブより控えめなライブになるのではと思っていたら、フルセットでちょっとびっくり。
アンディー(左側のギターのおっさん)はほぼ曲ごとにギター替えて、メンバー全員本気モードががっちり入ってました。
マーク(ステージ中央の、ステージが狭過ぎてしかも後ろのドラムセットに遮られて、演奏中身動きが殆どとれないおっさん)はアコーステックセットでやろうとしたのですが、アンディーが「フルで行く」と提案してそれに皆さん乗ったようです(レコード屋さんからすると、面倒くさくて迷惑だったかも知れない。一方、ファンにとっては大歓迎)


どういう訳か、この日のライドのライブをYoutubeに動画を上げてくれる人が、いない。
私の隣のファンのおっさん、絶対ビデオで録っていた筈なのに。
とりあえす見つけたのがこれ。
雑音が入ってますが、ステージの小ささとバンドとの距離の近さと臨場感はでてるかな。
もし誰かもっといいビデオアップしてくれたら、後で貼ろうっと。



25年前は、みんな若くて可愛くて、おっさんじゃなかった。
(要注意! メンバ―は全く変わっていません。おっさんになっただけです)
ラフ・トレードのライブの締めくくりも、皆が大好きなVapour Trailでした。



その日、家に帰ってからは、1990年に大人気となったカルトテレビドラマ、『ツイン・ピークス』の25年経った世界を描いた『ツイン・ピークス The Return』の新エピソ―ドを鑑賞。
25年たてば、当時若かった俳優さん達はおっさんになり、おっさんだった俳優さん達は、もっともっとおっさん。
亡くなってしまった俳優さんも、いる。
諸行無常。


私も、すごーくオバサンになりました。
太って白髪がでまくって体力が無くなって愚痴っぽくなって昔の話ばかりして。
あーあ。
でも、気分だけは90年代初期のまま。
どうしようもない。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

∧ ∧
(≧∇≦) これからぼく、ちょっとぷうちゃんちに寄って、お茶してくるよ! ママさんも元気でね! e-266

こんにちは~♪(*゚ェ゚*)ゝ

奇跡は起こるものなのですね\(^▽^)/
嬉し事の奇跡は大歓迎ですよぇ~。
でも、狭い場所でのミニライブは大きい会場に
比べたら良かったんじゃないかしらぁ~
小さいと、近くで見られるし、近くで見られるのは
嬉しい事ですよねぇ~
気持ちは若くもった方がと言うよりぃ~
ぷうままさんって、まだまだ、若い年代だと
思いますよぉ~。
~~~ヾ(*'▽'*)o マタネー♪

ゲンタくんのパパさん

キジーちゃん、ぷうによろしく。
私も絶対いつか行くからって、伝えておいて。
ミューンちゃんとようやく会えて、よかったね。
でも、あなたがいってしまって、地球はまた寂しくなります。

Re: こんにちは~♪(*゚ェ゚*)ゝ

健康が美容より大切だと気付いたときが、オバサンのはじまりかな〜、と思ってます。
若いときに好きだったものがまた戻ってきたりして、気分だけ若い気になって、健康面ではいいのでは?
なーんて。

体力と気力の低下には勝てなくて。
せめて、お腹の肉が無くなってくれたら、体力と気力がちょっと回復しそうなんだけどなー。