フェスはフェスでも、文学のフェスに行ってみました

先週、文学フェスティバルに行ってきました。
(Stoke Newington Literary Festivalというイベントです)
フェスティバルといっても、音楽フェスのような派手さやにぎやかさとは無縁。
あちこちの会場で、作家やジャーナリストが文学とかアートについてお話したりする、地味なフェス。
連れの大昔のお友達が、いつの間にか物書きになっていて参加するというので、どんなものかと出かけてみました。


開催前の会場。
2017-06 lit fes2

音楽フェスと違って、会場は屋内で、座ってゆっくり。
ついていけないし理解不可能の英国式ユーモアに、ちょっと笑って分かったフリして。
東洋人、私一人でしたからねー。
しかも客の数、50〜60人くらいでしょ。
気を遣って愛想笑いしてあげましたよー。
2017-06 lit fes1


連れは、出版社の人とちょっとお話したみたい。
出版社の人によると、連れの作家になった知り合いは喋りが結構上手いので、作品だけでなく喋りでも期待しているとのこと。
物書きも、書くだけでは商売が難しい時代なんですかねー。
(日本では、ゆるキャラに喋りが期待された時期もあったな、そういえば)


イベントは、一時間で終了。
スタッフの人が時間になったと強制終了させました。
これでは盛り上がらない。
音楽フェスとか、フードフェスに人が流れるのは当たり前。
でも、そういう屋外のフェス会場では、大抵トイレは稼働式のあの窮屈で異臭に満ちた、あの空間。
この会場では、普通のトイレが使える。
それだけでも、私は満足。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

文学のフェス

私には一生、縁が無いフェスティバル。
人生を謳歌されてらっしゃるようで羨ましい限りです。
英会話にも無縁な私には、言葉も伝わらないでしょう。
ロンドン・・行ってみたいです。

Re: 文学のフェス

『フェス』という日本語だと意味合いがちょっと違いかもね〜
こっちだと『祭り』とか『イベント』とか『集会』とか、ダサっぽいのも沢山フェスと呼ばれるの〜
一時間、誰も知らないような全く売れない作家が自分の本呼んでちょっと話して終わり。
地味でおっさん臭い一時間でした。