愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

テロと総選挙と世論調査

まさかこんなことになるなんて。


外国人で選挙権がない身としては、英国の選挙は娯楽として楽しもうという姿勢で生きております。
というのは建前でして、やっぱり参加できない不満もあるし、楽しめるほどの濃いキャラも少ないし、どーせ保守党勝つんでしょ圧勝で、どうせつまんない選挙になるんでしょ、と思っていたのです。
でも。
あれ?
総選挙の告知直後の予測だと保守党が過半数を大幅に上回るということだったのに、最近の調査では過半数が採れない見込みになるそうです。
UK Election Polls 2017: Shock As Pollster Points To Tory Losses And Hung Parliament


告知直後は、保守党より20パーセント前後も低い支持率だった第二党の労働党の追い込みが止まりません。
私もびっくりしていますが、労働党員が一番驚いていることでしょう。
ほぼ諦めて惨敗を受け入れる覚悟で、選挙活動を行っていたでしょうから。
想定外過ぎる。
数週間前は、労働党の党首コービンを好まない党内の勢力が「これで惨敗するから、コービンを引き下ろして新たに党首を決められる」という声があったというのに。
このままだと、コービン下ろしが起こらないかも知れない。
これは来週木曜日の総選挙、本気で面白くなりそうです。


世論調査は、ホントにまだまだムラがある。
調査会社や方法によってばらつきが多くて、予測はまだまだ難しい。
でも、保守党の『楽勝』の可能性は少なくなりつつあります。
Opinion polling for the United Kingdom general election, 2017
多分ね〜、保守党が高齢者に対して厳しい政策を出してきそうなので、それを牽制しての労働党支持が上がっているのが大きな要因ではないでしょうか。


あと、先週は大きなテロがマンチェスターでありましたが、この件で保守党が警察官の数を削減していたことが問題になりました。
テロの犯人は22歳の若者で、リビア系の二世の英国人。
外国人や移民に今更急に厳しくしたところで、テロの脅威が減少するとは考えにくい。
そして、この若者が過激な思想に染まっていることを危惧して警察等に連絡した件が、最低でも三件あったそうです(連絡したのは、犯人と同じくリビア系のイスラム教徒達だと思われます)。
それなのに、警察は動いてくれなかった。
この若者は止められた筈だったのに。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/04(日) 15:33 | | #[ 編集]
No title
初めまして。

ロンドンでまたテロがありましたね。
今年3月より長女がロンドンへ行っています。
どうかこれ以上テロが起きませんよう願っています。
2017/06/05(月) 09:18 | URL | ネーサン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/06(火) 03:49 | | #[ 編集]
ネーサンさん
コメントありがとうございます。

『普通の生活を続け』て、テロに屈しないというのが英国人の姿勢のようです。
短期間で三度もテロがあり、さすがに驚いていますが。
平和で安全な日常が戻ってきますように。
2017/06/06(火) 20:25 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR