あの大人気テレビシリーズ『ツイン・ピ―クス』が戻ってきた〜!

ツイン・ピークスが、26年ぶりに始まりました。

ツイン・ピークスは、映画監督のデヴィッド・リンチと作家/脚本家であるマーク・フロストが総指揮をとって1990年〜1991年にかけてアメリカにて放映されたテレビドラマ番組で、1992年にはその前日譚映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』が公開されました。
デヴィッド・リンチ監督の不可思議でミステリアスな世界観が炸裂したその作品は、女子高校生の殺人事件というありきたりの話をオリジナルな作品に仕上げ、カルト的な人気を博しました。
エヴァンゲリオンとか、進撃の巨人とか、考察ものが好きで見終わった後もずっとモヤモヤした気持ちで楽しめる方には、絶対オススメです。


それから、無駄なエピソードが多いというか、変わったキャラがよく出てくるというか。
それでもちゃんとミステリー/サスペンスものとしても成立。
若かりし日、ツイン・ピークスの訳の分からない世界に、すっかりハマってしまいました。


脇役のキャラで特に好きだったのは、この二人。
リンチ監督自ら、FBIの捜査主任を演じています。
これが何故か補聴器をしていても難聴に悩み、常に大声で喋り周囲を辟易させる役。
そして、おとり捜査のため女装してからすっかり女装が自然になった捜査官(後にテレビドラマシリーズ『Xーファイル』で主役を演じたデイヴィッド・ドゥカヴニーが好演)。
その女装が完璧で色っぽくて、感動さえ覚えます。



最新のエピソード1&2、早速観ました。
想像を越えて、はるかにホラーの要素が濃いです。
そして、リンチ監督のシュールでミステリアスな世界は、更に更にその不可思議さを増していました。
ツイン・ピークスというと、主人公であるクーパーFBI捜査官のドーナッツとかチェリーパイを用意してブラックコーヒーと共に食べながら観るのが『王道の見方』でしたが、1&2ではコーヒーだけで充分です。
ネタバレ、行きます。
















・丸太おばさん(ログ・レディ)、丸太のメッセージを伝える。
好演した女優のキャサリンさん、2015年に亡くなっているの。直前に撮影したのかな。なんだか泣けます。ありがとう、感動を与えてくれて。

・クーパーのドッペルゲンガーが、『現世』のほうで存在している。
本物のクーパーは、ブラックロッジに閉じ込められたまま。

・相変わらず、デヴィッド・リンチらしさがよく出ていました。
チワワを抱えた太った女性が、隣の部屋から異臭がすると警察に届けるのですが、その部屋の鍵を求めてのエピソードが、全く無意味で冗長で会話が破綻したりしていて、ウケる。すごい。

・なんだかいろいろ殺人が起きる。
残酷なシーンもある。

・クーパーのドッペルゲンガー『悪い方のクーパー』が、嫌すぎる。

・アンディーとルーシーの子供は、男の子でした。

・精神科医のジャコビーは、やっぱりアヤシいまま。

・ローラ・パーマーのお母さんは、やっぱりヘビースモーカー。

・ベンジャミン・ホーンは、マトモになったのかな?
弟のジェリーは、相変わらずうざいヤツだけど。

・ジェイムズと一緒にいた男の子は、誰でしょう?
ジェイムズの息子?
緑の手袋は、何とため?
ジェイムスがバイクで事故にあったらしいけど、どういった事故だったのか、誰か同乗していたのか。

・シェリーには、娘さんがいるみたい。

・ロードハウスのバンドが、いまいち。
オリジナルより、ずっとずっと話が暗く重くミステリアスすぎるので、これくらい軽いポップのほうがいいのかも。

・オードリーは、まだ。



ついでに、エピソード3&4も。
・ちょっと笑えるシーンが増えてくる。

・精神科医のジャコビーは、やっぱり凄くアヤシい。

・『悪い方のクーパー』、吐く。
(何を吐いたんだっ?)

・オリジナルの『善い方』のクーパー、現世に出現。
Dougie Jonesという人と入れ替わる。
Dougieは『製造』された、って、誰/何が、なんのために?
『悪い方のクーパー』が吐いた時に、Dougieも吐いていた。
こんなに嘔吐シーンの多い作品は、『明日のジョー』以来かも。

・『善い方のクーパー』、朝食の席でコーヒー吐き出す。

・殺人はなく、残虐シーンも減り、ホラーもゆるくなる。
エピソード1&2が、ジェットコースターの最初の大きな急な坂といった感じ。
エピソード1&2で緊張しまくったせいか、3&4が物足りなく感じたほど。

・ゴードンの補聴器が改善されていて、ほぼ普通に会話ができる。
つまらん。

・FBIのアルバート、出演。
俳優さんのミゲルさん、今年の一月に他界。ありがとう。

・エピソード最後のスタッフロール、毎回違うバンドが演奏するみたい。
なんだか、もう、飽きた〜 
それなら、ジュリー・クルーズでいいよ〜

・ボビーは、保安官〜

・ツイン・ピークス保安官事務所の平均年齢が、ちょっと高過ぎないかと、心配。

・4エピソードたっても、まだまだ出演していないキャラが。

・ドーナツを食べながらの視聴は、やっぱりまだ無理かな。

・新出演リストを見て、ナオミ・ワッツはクーパーの妻役だとずっと信じきっていましたが、正確にはDougie Jonesの妻でした。
(ローラ・ダーンが妻って、ちょっとリアリティーが無い〜)

・オードリーは、まだ。



ざっくりと、こんな感じです。
ブラックロッジのシーンとか、『不可思議』な現象やシーンは説明不可能或は説明するがの面倒すぎるので、ほぼ省きました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

よろしくお願いします

リンクさせて下さい。
というか、リンクしてしまいました。
ついでにブロともお願いします。

Re: よろしくお願いします

はいっ、もちろんオーケーです。
わざわざ丁寧に知らせてくれてありがとうございます。

EastEnders

日本人は英国人に対し奇妙なイメージを持っている。
洗練され、仕草語り口は優雅で、礼儀正しく高貴な人達。若い日本人はロンドンの人達はみなお洒落だなどと思っている。

イーストエンダースというドラマを見たことがあるだろうか?
東ロンドン、つまり下町の人達の物語である。

まず言葉だが、格調高いクイーンズイングリッシュを話す人はあまり出てこない。彼らは8をアイトと言うコックニーアクセントで会話をする。

現実離れをしないようにしているのか、はたまたリアリティの追及か、出てくる役者に美男美女が少ない。

登場人物の来ている服も本当の古着(ブランド物の古着ではない)で、コーディネートも悪く野暮ったい。はっきり言ってダサい。

案外、これが本当のロンドンの人達ではなかろうか?と思うのだがどうでしょう?

ザ ゲーム、シャーロック、コール ザ ミッドワイフなど英国のドラマは好きなのだが、イーストエンダースはあまり積極的に見る気になれない。
私もどこか英国に奇妙なイメージ持っていて、現実を見るのがいやなのかもしれない。

Re: EastEnders

EastEndersずーっと昔に観ていたけど、飽きちゃいました。
日本のドラマで言うと渡る世間は鬼ばかり的な、会話だけで話が進んで行く方式をもっともっと極端にした感じ。
更によく殺人みたいな犯罪も起こるし、登場人物殆ど不倫や二股かけていて、なんなのこの人達〜
繊細な感情の描写ってものはないのよねー、だから感情移入できる登場人物がいなくて、つまんなくなって、観るのやめました。

これはこれで、リアルじゃないんですよ。
実際は、凄く上品でよい階級出身の俳優さんが演じることもあるの(特に高齢の俳優さん)。

日本のがオシャレだし、上品ですよねー。
英国人男性は、ガラ悪い人多いです、スケベな馬鹿も腐るほどいます。
日本は階級っていう意識が無いから、価値観や趣味など共有できるものが多いですよね。
中流、普通、並、松竹梅の竹、と自分を思っている人が80パーセントくらい存在する世界は、安全でよいです。