選挙権がない特権。総選挙は、やっぱり楽しまなくちゃ

とりあえず、こちらが解散総選挙公示前の世論調査をもとにした予測です。
general election forecast
英国議会下院の定員は650、325が過半数となります。


メイ首相が総選挙に踏み切った理由は、実は欧州連合脱退を円滑に勧めるというのは方便ではないかという疑惑があります。
2015年の総選挙のとき、20名くらいの保守党議員が経費をごまかした疑いで警察が捜査を進めていてました。
警察が告発に踏み切るといったニュースが最近でたので、世間の目をそれからそらすため、そして保守党議員を失い下院で過半数を採れなくなることが真の理由ではないかと憶測されています(Theresa May scheduled the general election to distract from expenses scandal, say MPs)。
うん、このほうが納得する、急に決まった総選挙の謎。


第一野党である左派の労働党、解散総選挙の実施のニュース48時間以内に、既に8人の国旗議員さんが立候補しないことを表明しました。
8 Labour MPs Who’ve Quit Parliament After General Election Was Called

左派のなかでも更に左寄りのジェレミー・コービン党首をかかげ、その党首が欧州離脱についてあまり言及したくない労働党、おもしろくなりそうなので要チェックです。
去年の国民投票で欧州連合残留派の英国有権者、どこに投票すればいいのでしょうか?


そのための、中道政党、自由民主党です(英語ではLiberal Democrats、日本の自由民主党が自民党と呼ばれるように省略して Lib Dems と呼ばれます)。
政治的理念は、右派の保守党と左派の労働党の『真ん中のよいとこどり』で、リベラルな都市部のインテリ層に人気がある政党です。
そして、労働党や保守党が訳分からないことやり始めると混乱したり幻滅した有権者が逃げ込む避難場所のような、政党でもあります。
この総選挙では労働党がまとまらなくて訳分からなくなっているので、避難民が多くでて、得票率が上がることが予測されます。
総選挙の実施の公示から48時間で、支持者から500,000ポンドの献金がありました。
そして、8000人もの有権者が新しく党員として登録するほどの人気と期待が英国自由民主党に集まっています。
Liberal Democrats raise £500,000 from supporters in two days


しかも、英国自民党の党首が、Tim Farronさんですよ!
imgres.jpg
images.jpg
images-1.jpg
ヘン顔を集めたわけではないのに、ネットでお顔を探したらこんな個性豊かな表情ばかり。


英国の俳優さんで最近ではハリウッドでも人気者で『ミッション:インポッシブル』にも出演しているサイモン・ペグさんと、サンダーバードのお人形さんを足して二で割ったような容貌で、秀逸すぎます。
spjpg.jpg
こちらがサイモン・ペグさん。ヘン顔はそんなに得意ではありません。


ティムさんはキャラ系政治家ですね。
最近こういうキャラがたってる政治家が減ってきて寂しかったので、今回の総選挙の楽しみが増えました。
(選挙権がないって、考えようによっては悪くないよねー、純粋に楽しめるもん)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

台湾のセンキョもなかなか異国情緒があっておもしろいです。v-43

(タケノコもらったので干しタケノコを作りました。めちゃおいしいですv-349

ゲンタくんのパパさん

タケノコかあ。
タケノコ御飯が好き。
日本帰りたいよう(ああ、こればっか)。

石と薔薇、そしてレモン

英国はEUに参加していたものの、通貨ユーロも使ってなかったし、シェンゲン協定にも入らず、どうも積極的参加ではなく、何かあればいつでも降りられる準備をしていたようにも見えた。 

フランスでも大統領選がはじまり、中道のマクロン氏と国民戦線のルペン氏の対決となりそうだ。
もしEU離脱を公約に掲げるルペン氏が勝てば、EUは終わりに向かうことになるかもしれない。
そうなると、EU残留を望む英国人も脱力してしまうかもしれない。
フランス大統領選、要チェックですなあ。

追伸。武道館でのS.ローゼスの生演奏に感激。英国人スタイリストのトニーさんらしき人も来ていましたね。

Re: 石と薔薇、そしてレモン

> 英国はEUに参加していたものの、通貨ユーロも使ってなかったし、シェンゲン協定にも入らず、どうも積極的参加ではなく、何かあればいつでも降りられる準備をしていたようにも見えた。 

ほんっとに、そんな感じ。
それから、自分たちがEUのボスになれないのが嫌だったんでしょうね。
もし、英国が言い出しっぺで、ドイツみたいに中心の存在でありえたなら、離脱派なんてごくごく少数派だったのでしょう。

フランスは、大丈夫だと思いますよ〜マクロンさんになるでしょう。
世論調査の結果、ブレが少ない。
オランダと同じく、調査会社によって数値に大きな違いがあったり実際の選挙の結果と大幅に相違がないから。
英国の世論調査、ブレブレですよ、今回も。

ストーンローゼス、武道館?
人気も衰えずちょっとビックリです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます