愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

差別感情はなくならないという悲しい現実

「偏見や差別感情というものは誰にでもあるの。
それをなくすということは、とても難しい。
そんな自分の中にある偏見や差別に気がついて、それを意識するように心がけるしかないと思うの」


なんてことを、言われたことがあります。
数年も昔の話です。
とあるコースに通っていて、そのなかで文化的に多様性な社会で振る舞うべきか、というトピックで講師がそんな内容のことを私達受講生に向かって言いました。


ご存知の通り、英国は文化、宗教、宗派、人種、言語、習慣などが違う人達が一緒に共存しています。
特に首都ロンドンでは、白人英国原住民(?)が住民の半数を切ってしまうほど、様々な人々が暮らしています。
一見、いろいろな人種や宗教の人が同じ職場で働いていたりして仲良くなっているように見えるけれど、一皮剥けば差別や偏見なんて、当たり前。
英国人だけからではなく、外国からの移民や、英国に渡った移民の二世や三世も、お互いがお互いを貶め合うような社会。
「某移民系の方々は、差別とか受けているので他のコミュニティーと打ち解けるのが難しい」といった話をすると、
「彼らが差別なんてされてる筈がないだろう、だっていつも一緒に固まっているんだから」
と、不服そうに発言した受講生も、別な移民系の英国人。
彼も差別された経験がある筈。
彼は自分の親の文化圏で一緒にいてくれる仲間が多くいなかったのかも知れません。
キリスト教からイスラム教に改宗した、とか何かの時に言っていました。


多民族、多文化、多宗教の社会では、なるべく多くの人と交流して他の文化への理解を深めることが偏見や差別感情への最良の対処方法ではないかと勘違いしていました。
偏見や差別は悪であり、無くさなくてはならないものだ、と。
それが、あっさりとやんわりと否定されてしまいました。
『偏見や差別なくならない』と。
ただ、自分のなかに潜んでいる『悪い』感情や思考に真摯に向き合い、受け止め、それを意識することが自ずと行動や言動を慎み社会の潤滑油になるという発想は、新鮮でした。


ヨーロッパでは、ポピュリズムというか、極右の政党やその思想が徐々に人気を集め、彼らの移民を制限する政策が、移民排斥と人種差別につながってしまう風潮。
そして、実際に移民や移民系に対する暴力やハラスメントが増えているという報告も。
そういうことがここ最近よくニュースになるので、長いことこの講師のエピソードを書きたいと思っていました。
たまたまYoutubeで、脳科学者の中野信子先生によるよい解説を見つけたので貼っておきます。
脳科学的に、仲間意識の高い人は差別意識が高いとうことです。

「差別を私達はどうしてもしてしまうということを意識して、これをなるべくしないようにコントロールして、でも仲間を大事にしながら、微妙なバランスの上で人間社会を続けているというのが、現代人の課題なのかも知れませんね」と、実は仕事中は常にカツラを被っていて、プライベートになるとカツラを取って金髪の地毛に戻るという、聖飢魔Ⅱの大ファンのだという、お茶目な中野先生のお言葉です。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
差別もいじめも、ヒトという生物種が持っている基本的な生存戦略ですからなくなりませんねv-376

そういう感情を持つことは何か大きな間違いだと言われると
はなはだ混乱しますv-405

(言ってる本人がどうどうと差別やいじめをしてますからねv-411
2017/03/01(水) 05:53 | URL | ゲンタくんのパパ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/01(水) 17:17 | | #[ 編集]
ゲンタくんのパパさん
生存戦略か〜。
なるほどな〜v-401

よく「私は差別主義者じゃないけど」云々の前置きをしたうえで、すごーい差別発言する人がいます。
気付いてないんだろーなー。

2017/03/02(木) 07:33 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
鍵コメさん
う〜ん、とりあえず私は「どの文化圏にも国にも宗教・宗派にもいい人と悪い人がいる」と思ってます。
実際、これは英国でいろいろな人と触れ合った経験でもあるのですが、100パーセントいい人/悪い人ばかりの文化とか社会とか国とか宗教とか、無いです。
日本人にも苛められたよ〜、ロンドンで。
他の国の人にも苛められたよ〜。
でもいい人もいる。
どこにでも、いる。

2017/03/02(木) 08:40 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/02(木) 13:13 | | #[ 編集]
鍵コメさん
ホントにこの国が嫌になったら帰国するから大丈夫よ〜

私のなかにもきっと差別とか偏見があるのよ。
しかも、まだ自分が気付いていないものがあるかも知れないのよ。
それで誰かを傷つけないようにしなくては〜
傷つけられるのは嫌だけど、私も無意識にやってるかも知れないからねー
2017/03/04(土) 08:10 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/04(土) 08:57 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/04(土) 10:06 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/03/05(日) 20:19 | | #[ 編集]
hippoponさん
差別感情は誰にもあるのでそれに気付いてコントロールしなくちゃ、という趣旨のブログを書いたつもりだったんだけど、話ひろまりましたね〜

つまり差別や偏見の強い人は、それに気付いていないで正義だと思って自分の意見を振り回しているから。
そういう人に対しては、なるべく一歩下がって、一呼吸おいて、
「この人は、不満があるんだ。幸せじゃないんだ。
だから他の人を苛めて、自分を守りたいんだ」
と、思うように心がけているのですが、難しいですよ〜
生理でホルモンバランス悪いときなんて、無理〜
感情的になって怒りまくってしまう〜

きっと、私も無意識に誰かを傷つけている。
気をつけなきゃ。
自分は絶対正しい、なんてことはないんだから。
2017/03/05(日) 21:36 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Re: 東は東、西は西
> なんだかんだいっても白人男性は日本女性に人気がある。
> 白人男性と結婚したり、白人の恋人を持った日本女性は人生の勝ち組として羨望の目で見られるのではないだろうか?
>
> しかしながら実態なんて XXX というブログに書かれているようなものなのかもしれない。
>
> アメリカ人だと偽って知り合いの日本女性に近づいたアジア人の男がいたが、彼曰く「そうでもしないと、日本女性は全く相手にしてくれない」のだそうだ。
>
> 男女の仲だけではない。アジア人の留学生と話した時も「日本の学生は欧米人とは積極的に友人になろうとするが、我々とは友人になろうとしない」といわれたことがある。
>
> 日本人にはどこか西洋コンプレックスがあり、それが他のアジア人を寄せ付けない態度にでるのかもしれない



coffee plusさん、コメント有難うございます。
他のブログサイトの名前があったので、そこを伏せ字にすべくオリジナルのコメントの教示を控えさせていただきます。
申し訳ありません。

このブログは私も時々読んでいるのですが、ここで表現されている習慣、価値感、食文化云々の多くは欧米文化のそれでは決してありません。
ある程度その文化圏で生活していれば、肌感覚でわかります。
勿論その間違いを細かく指摘することもできますが、こういったブログを長いこと書いているというのは、ブログの作者(管理人)はそれなりの理由があるので、この場では慎みたいと思います。
ただひとつ言えることは、海外とか特別な環境で、住んでいる場所や仕事や自分の出身までぼかして書いた上に、詳細に家族や恋人や配偶者のシリアスな問題をブログにするというのは、身バレの危険も高く、かなり大変だということです、
過去に「これは本当に大変そうだ」と思ったブログは、短期間で消えていきました。
このブログは、日本で起きていること題材に海外に舞台を変えて書いているか、全くの妄想か、創作の類いだと思っています。


白人の恋人イコール勝ち組っていう考え方が、私にとっては意味不明なんですよ。
私は日本でまったくモテませんでした。
だから負けて外国人しか、しかも仕事もできないようなろくでもないしようもないアホしか、興味をもってくれなかった。
(書いていると、泣けてくる、ヤバい)
海外にいると、一番ひどい日本人差別しているのは実は日本人なのではないか、という場面にでくわすこともありますよね、確かに。
オノヨーコさんも、彼女がジョン・レノンと一緒になってバッシングがひどかったのが日本からだったとか、どこかで読んだような気がします。

『外国人ゲットは勝ち組か?』このテーマで、一度ブログ書いてみたいと思います。
2017/03/05(日) 22:11 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
ずっとダラけていました私。
勉強して、頑張ったのに、試験が終わったら脱力感でした。

ちょうど日本のニュースで頻繁な「震災者への差別」が気になっていたのです。
おかしな話です。異民族間の差別とかでは無いの。
それも被災した、大変な生活をしている人への差別。
日本もおかしいよね。人間て残酷ですよね。
2017/03/11(土) 00:20 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
Sabimamaさん
ゆっくり楽しくダラけてください。
長いこと、にゃんこさんのお世話と看護と愛と勉強でたいへんだったのだから、爽快に脱力していいのよ〜

日本人なら誰でも被災する可能性があるというのに、被災は他人事ではないというのに。
悲しいニュースです。
ニュースやメディアが取り上げているのは氷山の一角でしょうから、実際はもっとひどく多くの方が差別やイジメで苦しんでいるのではないでしょうか。
静かに見守る、という最低限の礼もわきまえないなんて。
2017/03/12(日) 07:32 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR