愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

トンデモ本発見! ヤマトタケルはサムライだった?

しつこいようですが、大英博物館に行ってきました。
そして、例のごとく何かしらツッコめる材料を探してきました。
(ホントにネタには事欠かない場所です)
再び、子供用のお土産/本売り場です。
館内での写真撮影は自由なので、好き勝手やりたい放題です。


表紙を見て、直感。
ビビビ、ときましたね。
これはツッコめる。
激しく鮮やかにそして軽やかにツッコめる、と。
2017 sam1


サムライについての説明。
この本の解説によりますと、サムライが有名になった(?)のは、1200年頃だそうです。
最近では、サムライは古くからのサムライの家族からのみリクルートされ、一般家庭からの採用はありません。
この記述には、ビックリです。
サムライという階級が日本にまだ存在するのですね、ふ〜ん。
しかも、リクルート方式を取っているなんて。
こんな重要なこと日本人は知らないというのに、何故英国人のこの本の作者は知っているのでしょう?
2017 sam1


このイラストによると、日本のエンペラーは椅子にふんぞりかえるように座って、ヘンな日本式でない衣服を身にまとい、靴を履いてるんですね。
ふ〜ん、なるほどなるほど。
2017 sam3


Prince Yamatoというと、あのヤマトタケルですよね。
あの、有名な、ヤマトタケルが、サムライ!
それは、初耳です。
しかも、ヤマトタケルは紀元前110年頃に存在したそうです!
いや〜、知らなかった〜、勉強になりますね〜。
日本史の書き直しが必要です。
それにしても、神話の世界の人物が実在していたなんて、何処にその証拠があるのでしょう?
2017 yamato


この本の責任者はこちらです。
あの名門ケンブリッジ大学を卒業している人が書いてるんだもん。
間違っているわけないわよね〜。
2017 sam4


質問、問い合わせは下記の出版社までお願いします。
2017 さむ





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/20(月) 11:16 | | #[ 編集]
No title
帰国子女の歴史観のなさや、国語力のなさはあまりにもで、
就職でも決して優位ではないようですよ。

正しい認識をさせるのはついて行ってウ母親なんだけど。
ただの切ったはったでなくてそこには真理もあれは、思想もあったのに。
もっとも、中国人、古典出来ない。
老荘思想も、儒教も、漢詩書くと、、唖然として知らないとは言えないんでしょ
顔赤らめるの。
自分より日本人がもの知ってるのが恥ずかしい、
でも聞こうともしないし、調べない。
それ見て、本当に悲しくなった。

帰国子女、似たような感じ、日常会話程度で
中味がなくて日常会話では使えないと企業の人は言ったけど。
優秀な人もあるんでしょうけど。

まぁ、こういうものが出てるんですものね。
まだまだつらいですよね。

日本の本お翻訳をして海外で、、というと、
茶の本岡倉天心、あとは鈴木泰道ではね、
日本人も努力しないとならないかもね。
2017/02/20(月) 11:25 | URL | hippopon #-[ 編集]
No title
COOL!!! \(^ω^\)v-349

まあ、あれですよねv-411

日本人による英国の理解もその程度ですからv-501
2017/02/21(火) 05:09 | URL | ゲンタくんのパパ #-[ 編集]
突っ込みどころ満載も呆れる。
ちわ~っす。
好きです。大英博物館ネタ。
でも、突っ込むのもアホらしくなりましたね。
The danger zone
Avoid being a Samurai  とか、
サムライ、悪者前提やし。
これじゃ、サッカー日本代表とかサムライブルー、サムライジャパンとか超悪者っつーことですね。
ま、いまだにそう思ってる人いるだろうけど。
どこの国も
お役所とかコンサバなところは情報に疎いですね。
いまや、個々でネットで調べらるので一般の人の方が確かな情報持ってる。

そやけど、
絵、みんな悪そうやな~。なんか悪意にみちあふれてるんだけど。プロパガンダ、スレスレちゃいます??(笑)
2017/02/21(火) 06:24 | URL | ジョセフィーヌ白滝 #-[ 編集]
hippoponさん
若い世代に期待するしかないかな、とも思います。
日本のマンガやアニメやゲーム好きのおたく系はけっこう教育レベルの高い子が多いようなので、その子達が中高年になって重要な職につく頃には、世界の日本を見る目も変わるかもしれません。
ロック音楽とか、60年代は上の世代は危険な思想とか文化と見なしていたのに、今はロックで育った世代が教育者になったり政治家になったりして、誰も文句言わなくなりましたからねー。

どうなるんでしょうねー。

2017/02/21(火) 08:18 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
ゲンタくんのパパさん
そうですね〜
いったい何故に今でも『じぇんとるまん』の英国紳士とか思い込んでいる日本人がいますからねv-12
困ったものです〜
2017/02/21(火) 08:23 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Re: 突っ込みどころ満載も呆れる。
理解不可能です〜
何故ちゃんと調べないんでしょうね。
ネットで充分いろいろあるのに〜

英国人にとって日本というのは、おおっぴらに馬鹿にしたり攻撃できて、それをしても人種差別と思われない唯一無二の民族/国なんでしょうね、きっと。
どうしようもないわ〜
2017/02/21(火) 08:29 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR