愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

どうでもいい初夢の話

既に一週間くらい前の話になってしまうのですが、初夢見ました。
何かのフェスティバルにお呼ばれされて、飛行機に乗ってゆきました。
手渡されたパンフレットを見て、このフェスティバルが2週間にも渡って催されて、それなのにスケジュールに空欄がたくさん。
英国では、ここのところ音楽フェスティバルとか尋常じゃないほど人気で、普段音楽をマトモに聴かない人がいっぱい押し寄せています。
この主催者は、ちゃんと音楽ファンを集めたくてやっているようですが、意識高過ぎてビジネス感覚ゼロのようでした。
音楽主体で、映画とか他のエンターテイメントも含む、しかし屋外ではなくて幾つかの会場を使用するタイプ。
よかった、仮設トイレを使わなくてすむ。
あの、仮設トイレが、ホントにホントに嫌いで、普通のスーパーのトイレやショッピングセンターのトイレやオフィスのトイレや図書館のトイレすらマトモに使いこなせない英国人が仮設トイレを使うとホントに臭くて、不衛生で、狭くて、閉鎖されているから余計にオソロしいのです。


まったく、無意味な夢でした。
トイレには気をつけよう、それだけのことでしょうか?


このあいだ、こんな場所に行ってきました。
かびんず 


このカフェの女性用トイレは、両側がの壁に大きな鏡があるので、どちらを見てもトイレのドアが延々と続いているような感じ。
不思議の国のアリスが、トイレで迷子になるとしたらこんなトイレかな?



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/09(月) 11:14 | | #[ 編集]
No title
ミラーハウスのようなおトイレだったおですね。落ち着かないかも。

デパートは特選売り場のをつかいますけど、、
某国人の団体が来ると並ばないで次々自分たちのルールで、、
それは怨みになりますね。
年よりはおなか抑えてるのに、、驚きのあさましさです。
近寄りたくないもの、、
それに臭いが、、なんか変な感じになるのです。
銀座も変容して、三越の上とか 行かないようにしてるの。
シンガポールや香港はお金を取るおばさんがいるところがあって、
そこは綺麗、お金払ってもその方が安心だった。
あれ??ドイツ??かであったきのしたけど、、
ロンドンは有料トイレはないの?
2017/01/09(月) 11:22 | URL | hippopon #-[ 編集]
hippoponさん
英国のトイレは、よくトイレットロールの切れ端が落ちています。
何故か拾わない習慣。
あとは、規模の小さい場所などは、最近は男女兼用が多いので、それが問題〜
勿論、高級な場所に行けばそんなことないですよ。

たま〜にトイレにスタッフがいる所あります。
いちいちチップなんか上げていられないですよ。
何故、いなくちゃならないの?
2017/01/10(火) 08:56 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
外国行くとトイレが大問題ですねv-303

まあ、昔は日本だって自慢できたもんじゃなかったですが・・・v-15

ちなみに我が家では私がトイレ掃除をしますv-91

2017/01/10(火) 10:23 | URL | ゲンタくんのパパ #-[ 編集]
No title
トイレの管理してて、ぴかぴかよ。
それとね、
ホテル日航のおトイレのおばちゃまは、すごくかわいいメイド服なの。
制服ね、楽しいっておっしゃってた。
もったいないぐらい素敵な人だった。
2017/01/10(火) 14:40 | URL | hippopon #-[ 編集]
ゲンタくんのパパさん
日本では、コンビニとか無人駅でもトイレが使えて感激ものでしたv-303
英国の場合、どこでもかしこでもトイレがあるわけじゃないから、あるだけ有難いって思うようになってしまいました。

私も我が家ではトイレ掃除担当ですv-388
2017/01/11(水) 07:13 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
hippoponさん
日本はトイレの清掃員がプライドをもって仕事に臨んでますからね。
成田空港とかのトイレで『この化粧室はXXが担当しています』と責任担当者の名前のはいったプレートを見ると、じーんときます。
英国とか、多くの国では、トイレは外国人労働の仕事みたいな扱い。
禅仏教の影響でしょうか、日本では掃除も大切な労働とみなされている精神がまだ残っていると思います。
2017/01/11(水) 07:18 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/11(水) 10:20 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR