愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

悲しくて美しくて独創性にあふれた、絶対に万人ウケはしない映画『フランク』

『Frank』というタイトルの英国/アイルランド合作(2014年)映画を今更ながら観ました。
映画専門の無料チャンネル、Film4で放映していたので、ラッキー。
この映画は、フランク・サイドボトム(Frank Sidebottom)という実在した英国のコメディアンが被っていたマスクを、Xーマンシリーズはじめハリウッド映画に出まくっているマイケル・ファスベンダーが、そのイケメンを隠して被り物をしたまま熱演した映画です。


オリジナルのフランク・サイドボトム
sfmask.jpg


私は、コメディアンとしての被り物をしたフランク・サイドボトムをもとに、彼が特に活躍していた80年代の設定にしたお話だと勝手に思い込んでいたのでした。
フランク・サイドボトムを演じていた人(Chris Sievey)は、ミュージシャンでバンドもやっていたので、英国のサブカルや音楽にずぶずぶとはまっていった大昔、このお面をどこかでみたことがあったので、適当にイメージを作り上げていました。
ところが、映画はコメディアンのフランクだけではなく、他のミュージシャンにも影響されインスパイアされた、とても個性的でそして悲しく美しい映画でした。 


映画は、普通に会社に勤め、普通に生きている、音楽好きななのに曲がまともに作れない、比較的普通の現代的な青年ジョンが、偶然フランクのバンドに参加することから始まります。
バンドのキーボード奏者が海に入って自殺未遂をした場所にジョンはたまたま居合わせて、マネージャーに今夜のライブで代わりが必要だからと誘われました。
音楽に興味があってミュージシャンになりたかったジョンは、喜んでライブに参加します。
ところが、パブで少数の観客を前に演奏していたそのバンドの音楽は、とても万人ウケするような分かりやすいポップなものではなく、かなりエキセントリックなものでした。
バンドの中心人物、フランクは彼の音楽以上に摩訶不思議な人物で、演奏する時もしない時も、食べる時も寝る時も、マスクをつけたままで他のバンドメンバーは誰も彼の素顔を見たことがないのです。
でも、彼は音楽的には才能にあふれ、個性的で人間的にとても魅力のある人で、ジョンもその彼のカリスマ性に感化され、バンドのメンバーと一緒にアルバム制作に入ります。
11ヶ月も、田舎の一家屋に缶詰状態で。
そのあいだ、密かにジョンはツイッターやブログ、ユーチューブなどで音楽活動について発信していました。
徐々に認知度をあげていったバンドは、とうとうアメリカで開催される音楽フェスティバルに呼ばれることになりました。
メンバー同士の確執がおこり、軋轢が修復不可能なレベルにまで達します。

というのが、おおまかなあらすじです。





『フランク』に関しては、まったく予備知識ナシで観たのが、多分感動ポイントがすごく高かった理由だと思います。
余りにも前評判がよくて、しかもいろんな映画批評家が褒めているのを聞いたり読んだりしてしまうと、実際映画がよくてもそれほど感動しないで終わってしまうことありますよね。
フランクを演じているのが、あの『エイリアン』シリーズの新作『プロメテウス』のアンドロイドのディヴィッドさん役の俳優マイケル・ファスベンダーだったとは、夢にも思いませんでした。
(Xマンとか全く観ないから、そんなにこの俳優さんのこと知らなかったのよね〜。しかも製作費が100億越えの映画に出まくっている人が、こんな地味な映画に出演しているとは想像だにせず)
ただ、フランク役の役者さんの体が均整がとれていて筋肉もついていてカッコ良過ぎて、マスクとは不釣り合いだなと思ってはいました。
(素っ頓狂な被り物があるからこそ、肉体美は更に誇張されて目立ってしまうんですよ。脚線美で有名なゆるキャラ、にしこくんを彷彿としてしまったもの)


個人的には、ピクサーのウォーリーWALL・E以来のお気に入りの映画になりそうです。
まだちょっと興奮気味でして、もう一回きちんと観てからネタバレ満載でブログ書きたいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
早く書いてください。予告編も気になるところで終わるし。(そういうもんだけど。予告だから)

早く読みたいです。
2016/09/21(水) 20:35 | URL | バジル #-[ 編集]
No title
この映画、予告編がインパクトあって印象に残ってます v-348

しまった! すっかり忘れてました! v-393

DVD借りてこなくちゃ! v-29
2016/09/22(木) 07:07 | URL | ゲンタくんのパパ #-[ 編集]
バジルさん
できれば本編観てください〜。
私は感動して泣きました。
(でも、一般ウケしない映画だから『全米が泣いた』というチャッチフレーズは絶対無理〜)
2016/09/23(金) 07:13 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
終生ハロウィン??

人は時として違う自分を取り戻したいのですね。

2016/09/23(金) 07:15 | URL | hippopon #-[ 編集]
ゲンタくんのパパさん
予告編、観ました〜?
フランクの被り物、夢にでてきそうですよね。
やっぱりたまにはハリウッド的ではなくてフツーじゃない映画もいいわ〜^0^
2016/09/23(金) 07:17 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
hippoponさん
ハロウィン!!!
もうすぐですね。
日本の街はもうハロウィン仕様かな?

フランクが被り物をしている理由は、勿論あるんですよ〜。
2016/09/23(金) 08:18 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
こっちはハロウィン一色
オットットの小袋、ハロウィンバージョンもスーパーで。

名古屋以来何か体力がおちて、、
今日は少し早いお昼に山芋擦って食べてみたの。
空は曇ってる、

スーパーで散財したりすると治るのかもね、、

2016/09/23(金) 11:34 | URL | hippopon #-[ 編集]
hippoponさん
オットット、なつかし過ぎます。
そういったお菓子までハロウィンバージョンでてるのね。
おもしろい。
こっちはそういった『遊び心』って、少ないのよね。

名古屋でおいしいもの食べてきましたか?
お出掛けはつかれますね。
ゆっくり休んでください。
2016/09/25(日) 07:01 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR