お馬さんにフラれました

ロンドンは、三日ほど連続して30度を越える夏日となりました。
その終焉を伝えたのは、豪雨と雷。
早朝からガラガラゴロゴロドッカンと超時間にわたって賑やかでした。
ドッカンは、鼓膜が破れそうなほど大きく、体に響くもので「うわあっ」と声を出して飛び起きました。
心臓もドッカンにやられました。
すぐそばに落ちたのかと思いきや、その痕跡もなかったようです。
地方では洪水がおきたエリアもあるようです。
(雷には関係ありませんが、どういうわけか三年前に買ったばかりの電気のクッカーが壊れました。オーブン部分が動きません。コンロ部分は影響なくふつうに調理するのは問題ないのに。私的には、オーブン無しでも平気ですが、英国人的にはコンロよりオーブンのほうが大切かも。買い直しが面倒です)


一瞬の季節外れの高温のあとは、徐々に秋に染まってゆくんでしょうね。



先日、お馬さんに遊んでもらおうとしたら、食事に忙しいらしく思いっきり振られました。
2016 umasann


送電線の鉄柱。
2016 soudennsen


真下から上を眺めると、なかなか面白い。
(鉄柱の下って、日本だと普通柵が覆っていて入れなかったような記憶があるのですが。ここは、柵も何にもありません)
2016 sitakara



ぷうが旅に出て、ほぼ二ヶ月。
みんなと仲良くしてるかな?
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

食欲の秋だから、馬も食に一直線(笑)

鉄柱のましたって電磁波が以上に強くてその近辺とか真下に住んでる人’(いるんですね)や地域の人の脳腫瘍発生率が高いというのが問題になっていますよね。
たまに見かけるのはいいけど、近くにあったらいやだな。
それにしても、真下からの幾何学模様、きれいです。

空のキャンパスに書かれた図形。ずっとみてしまいそうです。

そうだ、ぷうままさん、パスワードとか、おわすれになったりしていても、遠慮なく聞いてくださいね。

No title

電気クッカーに落ちたんじゃない???
わぁ~~買い替え、、

送電線の写真、この前のカラフルも絵葉書になりそう。

バジルさん

鉄柱って、そういう問題があったのですね。
住宅地から離れたところに建っているのは、そこしか建てる場所がなかったからではなく、電磁波のせいなのですね。
お馬さんの大きくてながーいお顔をスリスリしたかったです。

hippoponさん

雷がクッカーに落ちたのかと私も一瞬思いましたが、コンロが大丈夫ってことは、偶然〜。
こっちは電気屋とかほとんどないし、あったとしても店員がいい加減だし。
あ〜、面倒です。

No title

ぷちゃんですが、風のたよりではe-465

天国で楽しくやってるみたいですよv-352

でも、ときどき家に帰ってv-258

ママさんのベッドで寝ているそうですv-75

No title

店員のイイカゲンは東京も、何でもあるだけですと言えば済むので、
あるものも売れないし買えない。

徹夜などしたら、、顔が、、実年齢上回ってしまって、、
旅行も考え物だと思ったりしてました

ゲンタくんのパパさん

そうなんだ〜、よかった。
人見知りと猫見知りの激しい子で、神経質で、小心者なので、ちょっと不安だったの〜。
ぷうを感じたいな〜、ベッドで寝ているぷうをもふりたいよ。

hippoponさん

いや〜、英国の店員のいい加減さに比べたら、ホトケレベルですよ、(9割の)日本の店員さんは。
カオには、ストレスも疲れも寝不足もなんでもでるんですよね〜、歳取ると。
二十歳の頃って、まったくカオに影響でなかったのに。
うううっ。

No title

肉体改造して、20代の腸になる!!出ないと私、危うい!
で、味噌を、、kg2000円。高い!
買いに行って、重い、重い、、必死。
そして、瓜の粕漬け買って、、酔った!!
疲れてるし、酔って歌うたったらしい、、覚えてないしねむっちゃった。

それで、おなかは動いたの。
発酵食品おそるべし。

ところでハギス召し上がった??
おなかによさそうだけど、、

hippoponさん

味噌がキロ2000円ですか???
わ〜、なんだかそれだけおつまみとかスナックになりそう。
そのままキュウリにつけて食べたいな。
ハギスは、スコットランドかな?
食べたことないの。
連れもイングランドだから、食べる習慣無し。

No title

近代アート!の鉄塔アオリ激写ですね。
日本なら敷地内侵入禁止です。
この構図は新鮮ですよ。
日本人には稀な構図です。
(井の頭公園の池に水が無い!位の価値ある構図です)

Sabimamaさん

水のはっていない井の頭公園の池レベルですか?
わーい、嬉しい。
ほめられちゃった。
鉄柱の真下から上を見るって、たしかに珍しい体験で、なんとなくテンションあがりました〜