ブログ、通常運転に戻ります

ぷうが旅立ってから、三週間。
まだまだぷうのいない生活に慣れず、最悪感や空虚感を日々感じています。
スーパーのにゃんこさん御飯売り場を避けたり、ぷうのいない家に帰るのが苦痛だったりします。


海外にいて、文化や言葉の壁にぶつかり、差別されおとしめられいじめられ、そういった経験がどんなに辛いことか分かってもらえず、泣いて実家帰りも自由にできないで、落ち込んだ時に慰めてくれたのはぷうと先住猫のぱっちゃんでした(ぱっちゃんは五年前に19歳で旅立ちました)。
言葉によるコミュニュケーションを持たない動物達との交流なくして、私は英国でなんとか生活できなかったと思います。
これからは、ブログでストレス解消していこうと思います。
(といっても、ブログの方向性とかまったく考えていないんですけどね〜、とりあえず書いてみるしかないのかな)


ブログのタイトル変えたりプロフィールを書き変えたり、やらなくてはいけないことがありますが、あせらずゆっくり前進します。
コメント、本当にありがとうございました。
いつもこのブログをのぞいてくれている方々、ありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

前の記事を拝見するたび涙が出てしまって
なんと声をかけたらいいのか…。
お辛い中、ブログ再開ということで、
これからも応援してます
ゆっくりゆっくり前へ…歩まれてるんですね
すごいと思います
心とお体をご自愛ください


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

イギリスだもの・・・

でも! いまこそぷうちゃんの力を借りて!v-41

イギリスを見返してやりましょう!!!v-41

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そらねこにゃーさん

まだまだいろいろ辛くて、でも、このままでもいけないですから。
焦らないで、ゆっくり。
新しい生活、難しい。
ぷうに本当に依存しきっていたのだと、つくづく思います。
優しいにゃんこでした。

ゲンタくんのパパさん

うん。
ぷうパワーで、英国なんてどうしようもない国、ぶっ飛ばします。

hippoponさん

寝食は、ほぼもとに戻りました。
お通じはまだ、ちょっと。
大丈夫よ、だって、もし私が具合が悪くなったらぷうもぱっちゃんも喜ばないもの。
今までもふもふしてくれたにゃんこさんのためにも、なんとかばんばらなきゃ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

遠い国で、心の支えってなかなか無いですね。
旦那さんではなく、友達でもなく、
暖かな存在でしたね。

Sabimamaさん

もふってくれたもの、いっぱい。
ふこふこ、癒し。
言葉によるコミュニケーションって、けっこう限定されてるかも。

ぷうちゃん

ぷうままさん

ぷうちゃんのこと知りませんでした。
私も、昔、三毛を飼っておりました。
自宅ではなかったので何処に行くにも一緒でした。
今思えば嫁さんのようだったのかなぁ。
辛い事、楽しい事を一緒に過ごし、忘れようにも
忘れられません。
ぷうちゃんも同じだと思います。
何とか乗り越え、頑張ってください。

Re: ぷうちゃん

にゃんこさんとの別れは、本当に辛いです。
実家のにゃんこさんも、2年前に旅立ち、もふもふで幸せだった日々は終わりました。
時間がかかると思います。
あせらずに、ゆっくりと。
いつか、優しい思い出になって、笑ってぷうや他のニャンコさん達のことを話せるようになるまで。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます