もう猫缶を開けなくていいんだ....

猫缶を開ける。
猫のトイレを掃除する。
服が猫の毛だらけになる。
家中いたるところまでトイレ用の猫砂が散らかる。
猫の吐いたものを間違って踏む。


それはそれは、幸せな日々でした。
ぷうがいなくなって、そんな些細な日常が私を支えていたのか、痛いほどよく分かりました。


もう猫缶は開けないし、
掃除する猫用トイレもないし、
服が毛だらけになることもないし、
猫砂をソファの上に見つけることもないし、
踏みつけると困るものは床の上にない。


2013-02 ぷう




にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

気がつくたびに涙がでてきますね・・・ v-350

No title

おはようございます

東京は晴れてるけど真っ白い雲が多くて、空が近いです、
天国が近い気分、
空もみあげてね、

面倒を見る存在があることってすごく幸せなのよね。
ぷうママは本当にやさしい。

天国の彼は面倒をかけないけど、
もっと難しい面倒を提示してる、
みえない存在の面倒、、。

彼の魂の安堵。
それは、優しい人が悲しみから解き放たれること。

少し、外の空気も、あの黒猫ちゃんにぷうちゃの事お知らせしなくては、
猫缶もって、、あいにいらっしゃっては?

野の草のなかにも、見えない彼が、心配で潜んでるかも。

力でないとおもうの。
ちゃんと召し上がってくださいね。
哀しみに捕まらないで、、

お元気になれますように、💐

No title

私は犬を飼ってますが、ペットを亡くしたお気持ち察します。17年間生きてくれた昔のワンコの時、号泣もんでした、今でも思い出すと涙が滲みます。こうして犬を亡くして10年以上経ちますが記憶に残るものです。とても、とてもツライ時でしょうが、ちゃんとご飯食べてくださいね。

No title

ぽかんとあいた心の穴はいずれ思い出とういキラキラした砂で埋まっていくと思うの。
ぷうちゃんの目もキラキラ。

つらいでしょうけれども、(海外生活だとなおさら。)
お元気になってね。
辛口のぷうままさんまってるよ。

No title

何時までも「その子」の気配を感じたり、その子の方を向く私が居ました。
いつもならソコに居るから見てしまいます。
すると居ません。
やっと現実に戻ります。
ウチは他にも猫が居るので、猫缶を開けるし、トイレも片付けます。
毎日の作業です。
でも空虚にもなりました。
あー、あの子は、この猫缶を開けるとスリスリしたな。。。。。なんてね、
同じく生きている子達と、共に流されています。
ぷうままさん、可愛い過ぎたね、ぷうちゃんは、モフモフ過ぎた。
可愛い過ぎた!