もうちょっとだけ、英国EU離脱のこと

・政治ネタはなるべくブログには用いない。
・政治関係のことに言及しても、個人的な意見はオブラードに包む。


以上。
ブログを書くうえで、なんとなく自分に課してきたことです。
ぼーっとしながら、時折英国の悪口を書いてます。
が、ちょっと掘り下げたこと書くと自分の無知さと無教養と実は腹黒いことがバレるので、政治ネタは避けていたのですが、最近さり気なく出ちゃってます。
先週は英国EU離脱のニュースで、世間はテンションマックス。
やっと少し落ち着いた週末、Youtubeなどで日本のテレビやラジオやネットテレビがどういうふうに英国離脱のニュースを伝えているのか、今更ながら学びました。
日本のテレビ番組は、分かりやすくていいです。
表や図、グラフといった視覚による情報の出し方が好きです。
専門家の人はテレビに出演すると「中学生にも分かるように解説してください」と言われるのでやりにくい、といった声を聞いたことがありました。
でも、国際ニュースや時事問題がバラエティー番組やワイドショーの一部となっている日本って、文化的だと思います。
池上彰さんみたいな人がいたら、国民投票の後になって「EUって何?」とネットで検索する英国民はほとんどいなかったのではないでしょうか。
ラジオやネットテレビ番組では、多角的な或は専門的な解説がはいり、専門家の個人的意見が聞けるのが面白かったです。


ただ、ボリス・ジョンソンさんについては、『イギリスのトランプ』とか言われてるのが心外でした。
金髪のボサボサ頭と、金持ちなのに庶民派に見える、くらいしか共通点がないのですが。
元々左翼の労働党の支持者が多いロンドンで市長をしていた人です。
右翼の保守党員のなかでは左寄り、というか真ん中よりの考え方。
数年前は、違法移民にもアムネスティ(在留資格)を認めるべきた、と発言。
だから、ボリス・ジョンソンが離脱派のキャンペーンに参加したことは、ロンドン市民にとっては意外だったと思います。
ちなみに、離脱派のキャンペーンのリーダーは、保守党議員のマイケル・ゴーヴという人でした。
マイケル・ゴーヴは、真剣に真面目に完璧に、筋金入りの離脱派。
ボリスのほうがなんとなく面白いので、カメラやジャーナリストはそっちばかりを追っていましたが。
彼が本気で離脱したいとは、世間も疑ってました。
知名度を上げたいから、こんなことしているのではないのか、と。
「首相の座を狙っているから、離脱派についているんですか〜?」みたいなこと、ジャーナリストに聞かれてました。


次期保守党党首(総選挙をしないので、次期党首はそのまま首相に選ばれる)に、『勝者』ボリス・ジョンソンは立候補せず。
一方、マイケル・ゴーヴは、五人の立候補者の一人です(人気がないので、選ばれる可能性は薄いようですが。ボリスとは仲違いして口をきいていないらしいです)。


ところで、映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜』という映画に勝手に字幕をつけていろいろなものをパロディーにして楽しむ動画が人気のようですが、英語圏でも勿論英語で字幕をつけて遊ばれています(英語題はDownfall)。
絶対に英国の国民投票ネタで投稿があると思っていました。
傑作の誕生です。
ボリス・ジョンソンが、ヒトラーという役回り。
国民投票で離脱が勝った、という部下からの連絡を受けて、ボリスは怒り震えながら眼鏡を外し、関係者以外を退席させます。


Boris Johnson's HQ as the EU referendum result comes in.



そうです、勝って、憤っているのです。
(以下、適当な意訳)
「勇ましい負け犬として、ヒーローになれるっておまえら言ってたじゃないか!」
「EUから離脱したら週に3億5千万ポンド医療にまわせるって、なぜ(投票者は)でっち上げだって分からないんだっ!」
「どの専門家も離脱したら英国がぶっ壊れるって言ってるんだぞ!」
「『イスラム教徒が入国するのを止めるために離脱に投票した』だと? こいつ何に投票したのか分かってるのかっ?」
云々、とても訳せない素晴らしい罵倒/卑猥用語 (swear words)を多用して、ボリスは勝利したことに憤慨しています。
確かに、『勝利』してから公式の場でスピーチをしたボリスの表情は暗く、歯切れも悪かったようです。
この字幕編が『真実』に近いような気がして、笑えます。


それから、1:48のところの空耳「ちくしょうめー」、英語字幕がF---ing hell。
ほぼ、意味が同じ。
日本語空耳と英語字幕の心地よい偶然の一致に、座布団10枚くらいあげたいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ヒトラーのパロディ、以前にも見ました

『帰ってきたヒトラー』という本も読みました

いい本でした! v-339

No title

すごい迫力と、、私にもちょびっと理解できる、、ばっちいことば、
こんな映像つくちゃうところが イギリス的なのかもね。

日本の選挙、、大人しいものです。

ゲンタくんのパパさん

パロディだけ観て、映画のほうはまだです。
いつかみたいわ〜。

hippoponさん

おとなしい選挙、いいですね〜。
社会的不安材料がなければ、選挙なんてそんなものじゃないでしょーか。
前東京都知事の不祥事なんて、可愛いと思ってしまう、最近の英国のゴタゴタに比べたら。

No title

東京36度、、晴天。
スイカでおなか一杯の昼下がり、、
七夕ですよ~~ぅ。

UB 40

僅差ではあったが、英国がEU離脱を決めた。

移民が増えすぎたのが問題らしいが、果たして移民が仕事をとっていってしまったのだろうか?
BBCで英国の農場主とそこで働く東ヨーロッパの労働者の話を放映していたが、英国人はそういった職場で汗水たらして働くのだろうか疑問である。

日本でも零歳企業や農場などには働き手が集まらない。
そこで、研修正という名目でアジア人労働者を受け入れている。もちろん低賃金長時間労働である。

今や田植えをするのも、豆腐をつくるのも、ビルを建てるのも外国人である。
答えは単純で、コスト高で日本人を雇えないからである。

日本はウルトラC的に短期移民を受け入れたが、英国はEUを離脱しても外国人労働者なしでやっていけるのだろうか?

お手並み拝見である。

hippoponさん

東京36度!!!
にゃんこさんともふもふできない気温。
一年振りの恋人との逢瀬さえ、キャンセルおこりそう。

Re: UB 40

> 日本はウルトラC的に短期移民を受け入れたが、英国はEUを離脱しても外国人労働者なしでやっていけるのだろうか?

あとで書こうかな、と思っていたネタに絡んでますので、ちょっと。
EU以外の国からも、たくさん移民来てます。
しかも家族で、専門職でもなく、どうやって来ているのか分からないけど。
だから、離脱したって低スキルの外国人労働者は(どういうわけか)やってくると思います。

日本の工場で働いていたというアフリカ人の女性に、ロンドンで会ったことあります。
とてもフレンドリーに思い出話してくれましたよ。
社長の奥さんがいつもおいしい御飯たくさんつくってくれたって。
日本人として、なんとなく嬉しかったです。
短期の、制限付き研修という名の労働は、それほど悪いことではないんだなあ、と思いました。
彼女のいた職場が、たまたまよいところでスタッフとも気があっただけかもしれないけど。


> お手並み拝見である。

そうなの、英国のことだから、もしかすると、ひょっとして、もっと強力になるかも。
でも、英国のいい加減で高飛車なところが、ネガティヴに作用するとしたら?