私がブログを始めた理由

ブログを始めた理由、特にありません。
でも、きっかけがありました。


英国人の連れが、ブログを始めたのをみて、真似しただけです。
ブログ書けば、日本の家族にいろいろ説明する面倒くささもなくなるかと思って。
帰国した時くらい、英国の話なんか一切したくないわけですよ。
せっかく日本にいるんだから、どこに新しいお店ができたとか、あの芸能人がどうしたとか、あのテレビ番組が面白いよねとか、たわいもない話をしたいのです。
だから、私のまわりではこんなことがあって、こんなにかわゆいにゃんこと一緒で、こんな不味いもの食べている英国人がいて、ロンドンの街中ゴミだらけ、ということを家族に伝えるにはよい媒体ではないかと思いまして、始めました。


それまでブログのこと殆ど知りませんでした。
地元の情報を得るのと、ネコブログをちょっとかじったくらい。
芸能人ブログも、話題がある時見ただけ。
常にフォローしているブログとかなかったので、ブログというものがよく分からないまま、ノリだけで登録して始めました。
FC2を選んだのも、地元の情報を得るとよくヒットしたから、という理由。
初心者でも使いやすい、というアドバイスも見かけて、それならいいかな、と。
アメブロは、芸能人ブログのイメージがあって、最初から排除していました。
仕事でブログをしている人専用のブログサイト、というイメージしかなかったんですね。
あと、知っていたブログサイトはヤフー。
レイアウトなどがFC2のほうがなんとなくいいかな〜、という、これも適当な感覚による選択でした。


それでなんとなく始めたら、なんとなく面白くなってしまいました。
日本語で文章を書く、ということを長年やっていなかったので、脳内にあることを表現することがすごく大変な作業であることに驚きました。
ネットのおかげで日本のテレビ番組をたくさん観て、日本語のニュースなどを読んでいたにも関わらず、『書く』ためには全く違った脳の使い方を必要としたみたいです。
最初の頃は、短いブログでも仕上げるのに一時間くらい軽くかかってました。
『書く』ことに慣れながら、愛猫のぷうの写真を撮ったりして、ブログ初心者時代はとても楽しかったです。
当時私が訪問した他のブロガーさんは、ネコ関係とか趣味関係とか関心事関連、たまたま他の記事でリンクしたようなブログが主でした。
当時は、英国とか海外ブログはほとんど閲覧しなかったです。
あまり興味がなかったのですよ、もう長年住んでいるから、知りたい英国や海外情報も無いし、別にブロガーさんと友達になろうとも考えていなかったし(というか、そういうことあまり知らなかったのです。ホントにブログについての知識が薄っぺらでした〜)。


他のブロガーさんを訪ねて、よく『〜に参加しています。ポチッとお願いします』というのを何度も見かけて、ようやくブログ村とかいうものの存在に気付きました。


ブログ村に参加したのは、ブログを始めてから二ヶ月半もたっていました。
『イギリス情報』と『猫 海外生活』のカテゴリーに参加。
そして、はじめて『イギリス情報村』に触れて、思い描いていたのとかなり違ったのでびっくりしました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは

私は何かしなくちゃ、自分がが無くなりそうだったので、
ポチも訪問もしらないで、、
ただかいてました。
何度もやめないとならないと思うほど時間がくるしかったです。
今は、世間知らずだったことを痛感してます。

hippoponさん

hippoponさんも、あまりよく分からないうちにブログはじめちゃったタイプですか?
ブログを始める理由も、続ける理由も千差万別。
楽しかったり、ストレス発散になれば、ブログ書く意義ってありますよね。

超リア充になって人生が楽しくて忙しくてブログやめる、っていうのが、私の夢だけど〜。

こんにちは~。

私もFC2にした理由は、初心者フレンドリーがポイントでした。まさに、「それならいいかな?」という感じでした!!

ぷうままさんにも、『書く』ことに慣れる時期があったとは!
なんだか、めちゃめちゃ、励まされてしまいました。

ブログ村でカテゴリーを複数持てるのって、いいですよね~。私は2つは固定で、残りの1枠をコロコロ変えていました。世界が広がった感じを満喫していました。

Re: こんにちは~。

書くのタイヘンでしたよ〜。
こんなに凄いことだとは、予想だにせず。
暫くは、コメントもらっても嬉しさよりもどういうこと書いて応えるのかも分からなくて、困惑のほうが大きかったです。
ついでに言いますと、帰国するたびに母の携帯借りているのですが、メールを書くのがいまでも冷や汗かきながらの大作業〜

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます