愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

ジブリ美術館 感想編

ジブリ美術館を訪問して、楽しい時間を過ごしましたがちょっと物足りなさも感じました。
いつのことになるやら分かりませんが、いつか再び訪れることを祈りつつ、その時は90パーセント以上の満足度が得られることを望みます。
今回は、ここに来るまでに120パーセント満足して心身ともにエネルギー使い果たして、それでもジブリ感満載の館内はそこにいるだけで幸せな気持ちになれテンションは高くてずっと躁状態でした。


まず、この美術館をジブリが経営している単なる美術館として捉えることすら、間違っていました。
その兆候は、実はこの美術館の呼び方にも現れています。
三鷹の森ジブリ美術館。
これが正式名称ですが、英語ではGhibli Museumです。
これで混乱したのか、私は『ジブリ博物館』と間違って呼びまくっていました。
パリにあるルーブル美術館と似たような、語感とか意味の違いがあります。
英語ではThe Louvreもしくは the Louvre Museum、フランス語ではMusée du Louvre。
ルーブル美術館は、アート作品も多くありますが展示物は多岐にわたるのでしっかりした『博物館』です。
美術館というと、展示物は絵画中心で普通英語ではGalleryです。
私の感覚では、三鷹の森ジブリ美術館は『テーマパーク的な博物館』であり、大雑把で面倒くさがりなのでこれは英語表記にのっとって『博物館』でいいと思います。
(でも美術館のほうが日本人にとっては語感がいいんだろうな〜)


名称は、ま、どうでもいいんですけどね。
この美術館だか博物館だかのわからないと、ジブリ『博物館』の特徴を説明するのに個人的にはこのほうが分かりやすいと感じました。


『テーマパーク的な博物館』ということは、ジブリなんですから当然といえば当然ですが、普通の博物館と違います。
まず、建物の中を上がったり下がったりします。
故意にそういった設計になっているわけです、ゲストを館内で迷わせるような、そして迷子になることを楽しめるような。
館内の案内板でも、『順路はありません、好き勝手やってください、迷子になってもいいじゃない』みたいなことが書いてありました(実際は勿論きちんとした丁寧で優しい表現方法です。私の脳内変換だと、こんな感じでしか思い出せないのです)。
入館すると最初から階段を下るような設計になっており、狭い螺旋階段を上がったり、屋上のロボット兵に会いに行ったり、気がつくと上がったり下がったりしています。
ジブリの多くのキャラクターも、飛行して上がったり下がったりするように(ナウシカとか)、建物や空間を上がったり下がったりするように(千尋とか)、両方やったり(パズーですね、空を飛んでしかもラピュタに着けば上行ったり下行ったり)。
映画評論家の町山智浩さんがジブリのキャラクターが作品の中で「上がったり下がったりしている」と表現していたと思うのですが、それを私達は疑似体験(?)を無意識にしていたわけです。
なんだか結局、宮崎駿監督に遊ばれている(?)ような感じ。
それが楽しいわけですから、素晴らしいサービスだとべた褒めするしかないです。
やはり長いことジブリ作品と触れ合ってきたわけですから、人生の一部みたいなもので、それを体験させてくれるこのジブリ美術館はオススメです。

(もしかすると、もうちょっと具体的な傾向と対策編をブログでまた書くかも)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
これ、増々行ってみたくなりました。
おさらいもしてから行きたいかも、、
一日中何もしないで、サンドイッチ屋から揚げや、ピザ、お寿司などならべたてて、、
みていたい、、ww
そしてナウシカのガラスのペンダントして、、ww
2016/05/19(木) 17:50 | URL | hippopon #-[ 編集]
No title
そうですね、確かにジブリ美術館の中は「自分の足で楽しむ」的な空間でした。
決めないから、好きにして良い。
宮﨑駿さんの自由な発想のコンセプトでしょうね。
ぷうままさんの「ジブリ対策」は興味あるな。
面白い発案が出そうですね。
(一番のマイナスは、私がジブリに弱すぎた〜)と、いう事が、
ぷうままさんへの悪影響になった気がしてる。。。。(>_<)
2016/05/19(木) 20:04 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
hippoponさん
是非是非行ってみてください。
hippoponさんの意見も聞いてみたいです。
絶対楽しめますよ。
(あ、でもいろいろ言い過ぎるとハードル上げ過ぎかも)
送迎用にもふもふな猫バスを出してくれると更に最高なんですけどねー。
普通のバスしか出ていない^^;
2016/05/20(金) 06:40 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Sabimamaさん
私もあまり下調べしていなかったし、閉館間際だったのが残念でしたよねー。
あ〜、せめてカフェで食事とはいかなくてもお茶したかったですね。
ジブリ初心者のSabimamaさんが、けっこう楽しんでくれたようなのでホッとしました。
しかも、インパクト大の顔面紙芝居の後で。
ジブリ対策の第一ポイントは、まず井の頭公園を経由しないことですね。
2016/05/20(金) 06:52 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
トーマスのバスはあったの、、運転しないし、御金持ちでも名けど。両方叶ったら、ほしいけど、、ネコバスの方がインパクトありそう。
かんふかんの、、そう!すっごくいいまっとしいて、、猫の毛皮みたいな
カーペット敷き詰めて、、
いいだろうな、、

今日、新しい美容師さんが技術者で 人格者だったので、
ホッとして、、ワンピース買ったの。
夏が来るのが楽しみになってきた。ほっとしたの。
2016/05/20(金) 22:40 | URL | hippopon #-[ 編集]
未開地ジブリへの絶滅危惧種より
絶滅危惧種です。ジブリ対策のスタートが「井の頭公園迂回」のススメですね。
納得です。たまたま貴重な「池の水抜き」時期でしたから、とんでも無い寄り道でした。
普通なら5分で通り抜けでしたかね?
いや10分かな、普通ならね。。。。
2016/05/20(金) 23:44 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
hippoponさん
猫バスは夢だわ〜。
乗ってみたい。
もふもふしたい。
ワンピース買って、夏気分なんてステキですね。
せめて今年は異常なまで気温があがりませんように。

2016/05/21(土) 22:01 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Re: 未開地ジブリへの絶滅危惧種より
そうです、Sabimamaさんはジブリ作品を観ないで〜、ピュア(?)なままでいて〜。
しかもジブリ美術館経験者になってしまったから、更に希有な存在。
池の水の大掃除はあと数十年は大丈夫だろうけど、紙芝居とかパフォーマーはいる現れるか分からないから、注意しなきゃ。
2016/05/21(土) 22:05 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR