ジブリ美術館、着きました。

随分前のハナシになってしまい、恐縮です。
二月に帰国した時に、ジブリ美術館に行ってきました。
ここへ到る道が思った以上に長くなってしまい、美術館に着いた時にはほとんどエネルギー残っていなかったです。
井の頭公園に行ったら池に水がないという珍しい風景に出会い、芥川龍之介原作の『杜子春』をもとにした顔面紙芝居を鑑賞して、山本有三記念館を『路傍の石』すら読んだことないのに知ったかぶりして訪問して、太宰治が心中した玉川上水を散策して、よーやく辿り着いたのです。


とはいえ、ジブリ美術館の建物を目の前にしたら疲れが吹っ飛びました。


吉祥寺駅から、まっすぐくれば(更に井の頭公園の池が普通に水はっていれば)、難なく来られる距離だったのに。
2016 GM1


館内の写真は撮れません。
「この空間を自分の目で見て、体で感じてください」という宮崎駿館主からのお願いです。
2016 GM3


入り口のところで待っていた時、扉のステンドグラスがあまりにも可愛いので写真に撮ってもいいのかスタッフの方に聞きました。
ここまではギリギリオーケーのようなので、トトロのステンドグラスを撮影。
ドングリをモチーフに、雨傘を持っているトトロ。
2016 GM4


反対側の扉のステンドグラスは、メイちゃんとさつきちゃんです。
稲荷前のバス停で、お父さんを待っている時のワンシーンからですね。
2016 GM5


『天空の城ラピュタ』のロボット兵が、屋上にいます。
作品のなかのように、このロボット兵も健気に私達を見守ってくれているような気がします。
2016 GM6


後ろ姿に、哀愁を感じてしまう。
2016 GM7


外国人の訪問客が多かったです。
やはりジブリの人気はすごいですよね〜。
『美術館』とちょっと甘く見過ぎていました。
館内に入ったときは、なんとなく涙線うるうる状態。
なんだか、懐かしい故郷に戻って来たような、そんな感覚。
それほどジブリというものは、無意識に深く心に染み入っていたもの。 
細かい所にまで行き届いたデザインとジブリ感満載の館内は、その空間にいるだけでも至福に満ち満ちた心地にしてくれました。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
ジブリまだ行ってないんですよ。
折角東京に居るんですものね、いかなくちゃね。
ナウシカ、、トトロ、魔女の宅急便、昔にであってこようかしら?

No title

わたしはまだ行ったことがないのですが、台湾の友人夫妻がチケットを取ってくれというので奮闘したことがあります(笑)。ロボットの背中、哀愁が漂っていて素敵ですね!

hippoponさん

ジブリ、いいですよ〜。
ほんとうに、懐かしい気持ちにさせてくれます。
オススメです。
是非是非楽しんで下さい。
一般公開していないオリジナルの短編映画も鑑賞できます♡

ゲンタくんのパパさん

やっぱり外国人の人気高いんですね。
ロボット兵、ラピュタでも哀愁漂いまくりでしたから。
館内ではないので写真オーケーみたいで、皆さんロボット兵と写真撮りまくってました。

No title

いつの間に!
こーんなに写真を撮るとは、すごいです。
私も同行したお陰で「初ジブリ」を体験出来ました。
ぷうままさん有難うございました。

Sabimamaさん

こちらこそいろいろありがとうございました。
Sabimamaさんのおかげで楽しい時間を過ごせました^^
ジブリ初心者(?)を連れ出してしまって、申し訳なかったですが。
日本で貴重な絶滅寸前の『ジブリ初心者』であるSabimamaさんを、いきなりジブリ美術館www
よく考えると、すごい暴挙にでたのね、私。
猛省しなきゃ。