ジブリ美術館に行く前に、ちょっと山本有三記念館へ

井の頭公園からは、ジブリ美術館はそんなに遠くないはずでした。
しかし、同行者のSabimamaさんが、山本有三が住んでいた家がすぐそこにあってとてもステキな洋館だということで、またジブリ美術館は遠のいたのでした(前回のブログ → 井の頭公園、池に水、ないんですけど  池に水のない井の頭公園で、顔面紙芝居を鑑賞)。
とはいっても、井の頭公園を通り抜けて、ちょっと玉川上水を行くだけ。
ちょっとした寄り道。
玉川上水沿いの風の散歩道を三鷹駅方面に5分くらい歩くと、山本有三が住んでいた家が一般公開されている、三鷹市山本有三記念館に着きました。


さて、ここで問題が。
山本有三作品って、何一つ読んだ覚えがありません。
よく知らないんですけど〜(汗)。
中高校時代に読んだマトモな純文学作品は、芥川と太宰が主だったと思います。
小説家は自殺くらいしないと、という偏った考えがあったよーな気が。
(どんな十代過ごしたんだ、私は)


こちらが山本有三記念館。
閑静な住宅地のなかに、ただっ広い庭付きの洒落た洋館が突如姿を見せました。
2016 yuzo0


なんとも趣のある洋館〜
2016 yuzo3


大正末期に建てられた洋風の住宅で、当時流行していたフランスの建築家・フランク・ロイド・ライトに影響されたそうです。
山本有三が家族とともにこの洋館に移り住んだのは1936年(昭和11年)から1946年(昭和21年)まで。
戦後、進駐軍がこの洋館を接収(そりゃしたくなる家だよね〜)。
1956年に、山本有三は建物と敷地を東京都に寄贈したそうです。
2016 yuzo1


和風な庭。
池といえば、鯉。
井の頭公園と違って、こっちの池はちゃんと水がある〜。
2016 yuzo2


洋館の造りが、すごいしっかりしてます。
そしてよく保存されています。
床などは、当時のままとか。
英国には100年越えの古い大きな家もまだまだたくさんありますが、改築改装を繰り返して内装はモダンになってしまっていたり適当だったりボロボロだったりして、中に入るとがっかりしたりします。
2016 yuzo4


嗚呼、こんな暖炉のある家に、一度でいいから住んでみたい。
(でも、掃除とか面倒そうだから、多分嫌かも?)
2016 yuzo6


山本有三が改装した、書斎。
洋風の館にも、畳ないとね〜、日本人だもん。
2016 yuzo5


よく知らなかった小説家、山本有三。
記念館の入り口に路傍の石があって、路傍の石の作者だということを学びました。
無知な自分が情けない。
山本有三の作品読みたいなあ、と思いつつ、帰りのスーツケースに詰め込んだ文庫本は、何故か星新一、三島由紀夫、そしてやっぱり井の頭公園でみた顔面紙芝居の影響受け過ぎて芥川龍之介の『蜘蛛の糸・杜子春』でした。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

徒然と・・・

今日は実は「熊本地震」があり、
日本のメディアは、震災のニュース一色です。
朝は、生後8カ月位の赤ちゃんが、
家屋の隙間に支えられて、倒壊寸前の家から救出されました。
奇跡はありますね。しかし、50人の消防隊の人やら
赤ちゃん救出には大勢の人が関わり・・・
命の重さを感じました。
昨夜は残業で遅くなり、1日で世間が騒然としています。
ぷうままさんと、のんびり過ごした、あの頃が懐かしいです。
平和でしたね。
井の頭公園、先週の夜に通りましたら「水ありました」
夜桜見物で随分と人が居ました。
「ああ、桜の季節に先立って池の掃除をしたのか」と、気付きました。
大量の外来魚は何処へ・・・
生物の整理は必要なのかもしれないですが、これも命ですよね。
複雑な想いです。

※ Tシャツの件、拝見して笑えました。
シャキッとしてないな、ワタシ。

Re: 徒然と・・・

> 今日は実は「熊本地震」があり、
> 日本のメディアは、震災のニュース一色です。

本当にたいへんな事態です。
驚きました、九州はあまり大きな地震がないですから。


池は春にむけての大掃除だったみたいですね。
外来種は、在来のお魚さんにとってはビックリじゃないですか。
どの魚がどの魚を捕食しているやら。
やっぱり美味しくいただくことが一番よい方法かも^^;
でも、すぐに外来種とか自転車とか増えるんでしょうね。

No title

路傍の石はくら~~くて、何をやっても、花開かない可哀想な少年とおぼえてて、吾一の名前だけしっかりと。
今度あらすじを読んで、思い出すこともあったようです。

熊本城はちゃちほこがおち、
阿蘇大橋が崩落したのではと言うニュースが入り、
中に心無い流言飛語もあり、

皆さん納まることを祈って、食いしばってると思います。
自衛隊がすごく早く出動して、炊き出し、救出など。
切ない時間を過ごしてます。

hippoponさん

そうか、路傍の石ってそんなハナシなのかあ。
なんか共感するな〜、何をやっても花咲かない子供時代と思春期を送り、オバサンになってもまだ花が咲いていない私。

地震、びっくりしました。
こちらはまだ夕方だったので、速報で入って来ました。
余震につぐ余震。
しかも雨。
なんとかみなさん頑張ってください。
これ以上の災害、おきませんように。