愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

ダイソン ハンドドライヤー

掃除機で日本でも市民権を得た英国のダイソン社、扇風機のみならず、ハンドドライヤーも製造しております。数年前に初めて見かけたでしょうか。とある病院の洗面所に設置されていました。英国のハンドドライヤーは、殆どがボタン式で、更に風力が弱いので(更に言うなら、よく壊れている)余りいい仕事をしてくれませんでした。

だから、初めてダイソンさんのハンドドライヤーに手を突っ込んだ時、感動の余り泣きそうになりました!
だって、風力かなり激しくて、あっというまに手に付いていた水滴を吹き飛ばしてくれたんですから。



こちらが、そのハンドドライヤーの凛々しいお姿です。
2013-02-13 だいそん3


ここから、両手を入れます。
2013-02-13 だい2



ところが、私のダイソンさんのハンドドライヤーへの一目惚れならぬ一使い惚れは、ある時失望にと変わってしまいました。とあるところに設置されていたダイソンさんのハンドドライヤーが、あまりによいお仕事をしていなかったのです。

そこは、利用者がかなり多い所でした。それで、ハンドドライヤーの吹き飛ばした水滴が、両側から流れ落ちて、床を濡らしていました。日本で使われているハンドドライヤーは、通常、手を入れるところの両脇にも壁があり、更に下には、水滴が流れ落ちる工夫がしてあります。つまり、周辺に水は飛んで行くことはありませんし、床を汚すことはまずあり得ない訳です。ダイソン製は、水滴に対して何ら対策を打っていないんです。(やっぱり、こういうふうにどこか抜けてるところって、英国らしいといえばらしいのですが。それか、日本の技術とアイデアが完璧に近すぎるのか)



横から見ると、こうなります。このダイソンは余り人の行き来が多い化粧室で使われていないので、さほど問題はなさそうです。

2013-02-13 だいそん1



ダイソン社のサイトで調べたのですが、同社のハンドドライヤーは日本では未販売だそうです。
なんとなく、分かるような気がします。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR