メタボはやっぱりメタボ

連れの血圧、やっぱり高かったようです。
先月、デビッド・ボウイ(ホントはディヴィッド・ボウイと綴りたいんですけど、普通はDavidは日本語でデビッドとすることが多いので)が亡くなったそのニュースの2、3時間後にGPを訪問し(血圧あがるの当然ですけど)、連れは血圧が更に上がっていたので降圧剤の量を二倍にするように医者から言われました。
今日、前もって予約していたので再びGPを訪問して、血圧を再び測ったら、そこそこ平常範囲内。
デビッド・ボウイが亡くなったショックで、血圧が一時的に上がっていた訳ではなかったようです。


やっぱり、成人病いっぱいで生活習慣改善の意欲のないメタボさんは、全てが悪化するという前提でよろしいのでしょう。


私なんか、2011年の地震と原子力発電所の事故で、平静時の脈拍(心拍数)55/分くらいから一気に72/分に上がりました(あの頃、私は脈も血圧もちょっと低めでした)。
ジョギングに燃えていた時期だったので、脈拍計りが趣味だったのです。
当時一緒にもふってくれていたにゃんこさんが19歳で亡くなったのが同時期だったあこともあって、70以上の脈拍が一ヶ月以上続きました。
ホントにストレスは体にでるんだな、と学びました。
それ以後、徐々に脈は下がりましたが、60以下にはもう戻れないようです。
連れの場合、デビッド・ボウイの訃報のショックはそれほど影響はなかったみたいですね。


今回、連れは私に言われた通り、血圧をきちんとメモして持ち帰って来てくれました。
日本人の感覚だとほとんど理解不可能ですが、こちらの人はいろんなことを数字で表現することが苦手です。
つまり、体重を覚えていない、或は測っても忘れる。
その数字と肥満の関係が理解できなかったり、専門家の意見を拒否。
だから、自分が肥満とか分かっていない幸せな人がたくさんいます。
気温とかも全くわかってません。
何度だから暑くなる、とか、この気温なら上着が必要だ、とか、理解している人はそんなにいません(だからこそ熱帯の地域さえも暑さをものともせず植民地化に成功したのかも知れませんが)。
降圧剤を飲んでいても、自分の血圧の数値を把握していない人もいるのです。
糖尿病であっても、自分の血糖値を分かっていない、ということも。
連れも、自分の体重とか血圧とかよく分かってません。
都合の悪い数字は忘れますが、25年前の仕事の業績は数字で表現できます(多分、話盛ってるでしょうねー)
だから、これからGPや病院で受けた検査の結果などは、きちんとメモにしろ、と連れに言いました。


上が131、下が84。
医者に血圧測ってもらうとちょっと血圧が高めにでることがある、と言いますが、想像していたよりは悪くない数値です。
降圧剤で下げられるのは、10パーセントくらいだそうですから。
あの体型とあの食事なので、上の血圧は160くらい越えているのかと思ってました。
あれだけメタボなのに、やはり親からもらった体は結構頑丈で元気なのだなあ。
お菓子類減らしてウォーキングでも頑張れば、平常値に戻れそうなのに。
それが出来るなら、とっくの昔に体重落としてますね。
(あ〜、いらいらが止まらないっ!)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

血圧は、測り方でかわります。

私は初めての先生だと20もふれます。
深呼吸すると減ったりします。
柿酢を何となく買いましたら、体のめぐりがいいようです。
ちょっとびっくり。渋柿の柿酢でした。
2本目発注するかもしれません。

家主は、この頃青魚にくるってて、仕事帰りに3パックとっかかってきちゃう。刺身作りながら焼き魚見て、、出した後は宿題で、酢に付け込んで、。
カウントしてたら、さより4本鯵2匹、鰤1柵、ハマグリのおつゆ、あきれちゃう。
私、ぶりの刺身、まったく食べてなかった。目が点になりそうな勢い。
青味が欲しいようでした。
今夜は鯖の竜田揚げは下ごしらえしてあるけど、、
夜中に、魚さばいて、、生臭をすてて、、
健康が一番ですものね。

hippoponさん

そうですよね、測り方でもかわっちゃいますから。
測ってもらった血圧に、およそ『プラスマイナス20』の余地が必要?
だから自宅で測れる血圧測定器買おうかな、と思っているところ。

青魚祭りしている家主さんが羨ましいわ〜。
マグロの刺身より青魚に萌える。
子供の時、刺身と言えばマグロで嫌いだったので、大人になって青魚の刺身があると知って感動しました〜