テロ。こわいです。

11月13日に、パリでISISの過激派による同時多発テロがおきました。
私の英国人の連れの知り合いの仕事仲間の方が、テロに巻き込まれて命を落とされたそうです。
犠牲となられた方、ご冥福をお祈りします。



本当は、あまりこのことに関してはまだ書きたくない気分です。
が、書いていないことが余計に私の気持ちを暗くしているのかなとも考え、思い切って書いてます。


こわいんです、正直。
テロそのものとか過激派とか、シリアでおこっていることとか、そういうことよりも、いわゆる『ふつう』の方達の過剰で理性的ではない差別意識と偏見に満ち満ちた反応が。


ここぞとばかりに「全移民反対」の署名を集めたりとか(日本人もはいるな、それだと。これ以上どうやって日本人の移民を規制するんだか)。
『白人』ではないタクシーの運転手のいるタクシーには乗らないとか。
イスラム教徒全部ひっくるめて「悪」と決めつけたりとか。
彼らはキリスト教を狙ってるとか言い出したり。
(彼らがイラクやシリアで交戦しているのは、ほとんどイスラム教徒。イスラム教が多い国に対してもテロをしかけているのに)
キリスト教だけ移民として受け入れろ、という人もいたり。
(2013年のロンドンで兵士が二人の過激派に殺されたテロがありましたが、この犯人達は確かもともとキリスト教徒でイスラム原理主義に改宗したのでは?)
イスラム教の客は、英国籍が有る無しに関わらず断るとか宣言するビューティーサロンがあったりとか(いちおう、警察に検挙されました Woman arrested after 'banning Muslims from her beauty salon in Islamophobic Facebook post )


白黒ハッキリさせようとする、こういう意見や行動って、こわい。
普通の人たちが、人種差別的な行動や言動をとる。
もしかすると、彼らはまったく意図してやっていない。
でも、されている側は、言葉になっていなくても、分かる、差別されていたり理解されていなかったり受け入れられていないことを。
そして、英国のかなでも反テロにはしるあまりイスラム教に対して無知と偏見だらけの過激派的な人達がいて、一方ではその差別的な言動に辟易して距離を置いたりする人も。
一致団結しなくてはいけない時。
でも、同時多発テロがあぶり出したのは、彼らの本音。
それが垣間見えて、こわい。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

偏った考え方が、間違った行動を。
しかも集団で突き進んで行ったりする様なことが起こったら怖いですね。
危惧されているようなことが起ころませんように。

なっつぱーさん

英国だけではなく、ヨーロッパ全体的に、だんだん住みにくくなっていると思います。
一人一人の良心と道徳にゆだねる、ということが難しくなってるのかな。
私達人間がにゃんこさんやわんこさんに学ぶところ、たくさんあるのにね。

No title

おはようございます。

フランス革命や、ロシア革命もずいぶんよく煽って、
狂気を引き起こさせましたね。
戦争やのマスコミ操作に載せられないのが、本来の冷静な
国民性だと思うのですが、、

肌の色も違う中にいて、目立つことが不安材料になるなんて、
それでも暫し、ゆっくりお過ごしくださいね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hippoponさん

う〜ん、難しい問題。
やっぱり、キリスト教圏って、歴史的にイスラム教に反発しているところあるんだろうか、って思ってしまう。
(イスラム圏のほうが進んでいたし文化的だったもんねー、ルネサンスから徐々に西ヨーロッパ頑張ってきた)
時々、やっぱり一部の彼ら(欧米人)の言動にドン引きする、かな。