英国って、もう終わってない?

最近、世界で人口が一番多い東洋の某国のお偉いさんが国賓として英国に招かれて、私の英国ヘの思いが「だいっきらい」から「無関心」に移り変わりつつあります。
多くのメディアは、人権を主な某国の問題としますが、チベットやウイグルときちんとニュースキャスターが言及することも滅多にありません(英国ではもともとチベットへの関心は高かったけど、ウイグルはほぼスルー。テレビでは、チャネル4はウイグルの名前を言ってくれただけで、感謝。某ニュースチャンネルでは、以前ウイグルが元々某国とは民族的、宗教的、文化的、歴史的に全く異なる『国』であったことを言わないで、ただ他の国から過激なイスラム教徒が煽動するために入国している、みたいな報道をしていて、頭の中がハテナマークだらけになりました)
某国は太平洋に勝手に軍事基地とかつくってます。
それで、英国の最強の仲良しのお友達、アメリカが懸念しているというのに。


この某国が英国と原子力発電所の建設も含めた札束いっぱいのお約束を果たしたことに対して、日本の専門家の英国はしたたかだとか、なんだかんだ言ってもどうにかなる、みたいな意見を聞きました。
でも、この国に長くいると、英国って単にこの200年間、運が良かっただけの国で信条もへったくれもない中身がうすい国だと感じるとがあります。
産業革命と植民地支配で、トップに躍り出た国。
運、よかっただけの国。


某国のお偉いさんが訪英している一方で、製鉄会社が大幅人員削減をするニュースが報道されていました。
最近、ほかにも経営難に陥った製鉄会社もあり、英国全体の製造業が落ち込んでいるようです。
産業革命の国なんですけどね。
それを、中国の安い製鉄が引き起こしたのではないか、という某ニュースの解説をききました。
それが本当なら、他の諸国、例えば日本の製鉄産業などかなりのダメージを受けてうるのではないですか。
日本のほうが英国より製鉄産業はさかんでしょうが、日本の製鉄業が悪化している、というニュースは特にききませんが。


ただ、今回経営難になっているのは、インド系の会社、タタ・スチール
タタ・スチールは、英国とオランダの会社コーラス・グループを2007年に買収しました。
それ以前の段階で、製鉄業の将来を憂慮して真剣に対策を打つべきだったのではないでしょうか。
地元は数代にわたりずっと製鉄にたずさわり、製鉄業で生きて、それが地域のアイデンティティーになってます。
地元の人にとっては死活問題です。
福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズは、地域の石炭業の低迷を打破し、地元に雇用を生むために始めた事業だと聞きました。
ハワイアンズは日本でも有数の巨大リゾートとなり、2011年の大地震のあとでは、そこで働くフラガール達がその復興のシンボルとなりました。
こういった企業と地域が協力して地域活性化に尽力した美談、英国では聞いた覚えがありません(最近は日本でも滅多にないと思いますが)。
(どこかにそんなよい実例があったら、是非知りたいです)


英国は、ほぼ常に貿易赤字国。
金融とサービス業が主な産業。
ほかのヨーロッパ国は、農業や製造業さかんなのに。
スーパーで、英国産のリンゴもあまり見なくなりました。
バナナなと気候的に栽培ができない品種はしかたないと想いますが、リンゴでさえも他のヨーロッパ諸国やオーストラリアや南アフリカから、輸入されます。
大英帝国の威光で、支えられているだけの国に、某国の金のみならず技術もこれから増々大量に流れこむようです。
(発展途上国かよ、ここは)


ま、某国がこのまま経済成長を順調に続けていけば、という仮定でのおハナシ。
某国と、基本けっこういい加減で風見鶏で信頼できない英国のことだから、どんでん返しがあるかも。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。

かの国のひと、
アメリカでなにしっぱいしたのか?
第七艦隊が、南の島へ、
国民性か,アメリカの先物が上がってので、
おかげで少し株価がすこし戻ったので、損はしても、早々に売りました。
かの国の、偉い方の演説があまりにもで、、
アンドリュー王子が居眠りしそうな?写真が紹介されてましたよ。

はじめまして

はじめまして。
私も今回のニュースにはガッカリです。あの晩餐会のニュースを見た日は悲しさとガッカリで泣きました。イギリスってこんなちっぽけな国だったのか。。。。
十年以上住んでますが、初めてイギリスから脱出したくなりました。。。。もうこの国にはプライドも、そして未来も無しです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

(ロンドン10月22日時事)お客様★の英国訪問に合わせ、原発大手の(★GN)が英国内の原発3事業に投資することが決まった。中でも英東部ブラッドウェル原発事業では、★GNが開発した原子炉を導入する。実現すれば西側で初の事例となりそうだ。

原子炉!超高額なお買い物をしました。

余談・・・大きな営業力のある産物が英国にはありますよね。
The Beatles ! 彼らの存在はやはり大きいです。
「観光」「物販」「音楽業界」「書籍」
原子力エネルギーには関係無いけど。

hippoponさん

チャ―ルズ皇太子は、晩餐会に出席しなかったそうです。
公式に理由は明かされてないけど。
ま、過去にも某国関連の式典に出なかったこともあるそうですから。
王室にも、マトモな方はいらっしゃいます。
が、王になると拒否権ななし、政治的な意見をいうことも許されない。

Re: はじめまして

はじめまして、コメント有難うございます。
私もこの国には未練もなく「実家へ帰らせて頂きます」をやりたかったのですが、16歳の猫を飛行機に乗せるのはさすがにできません。
こんなものかも、英国って。
プライドあったら、過去の悪行を恥じて大英博物館の一部の収蔵品は、返してます、きっと。

Sabimamaさん

音楽業界も、とうの昔に終わってますよ〜。
過去の栄光と英語を武器にして今でも多少海外に売ってるけど、日本で大成功できるミュージシャンなんて、もういない....
ザ・ビートルズの著作権は、確かマイケル・ジャクソンがもっていたはず。
(ポール持ってないのよ!)
今はマイケルの子供達がもってるのかな?