「オシャレ」といわれるDalstonへ、イヤイヤお出掛け

基本的に、出不精でひきこもり系です。
おうちでだらだらするのが好きなのですが、諸事情により「やむをえず」外出しなくてはいけないこともたま〜にあります。


で、面倒だけど、外出。
暗くなってから外に出るのは、しんどいです。
もともと移民系が多くてアヤシくて貧困層が多く、腐った肉のニオイがプンプンする青空マーケットのある東ロンドンのDalstonは、最近オシャレな街になりつつあり、こんな場所に行くのは面倒です。
最近、お出掛けはこのエリアが多いようです(といっても、滅多にお出掛け無いから)。
パブ、レストラン、カフェ、オシャレな古着屋、オシャレな専門店、ライブハウスなどが続々と開業してますから。



パブの前に群れ、「オシャレ」と信じて「オシャレ」なDalstonの「オシャレ」なパブに飲みにきた若者〜中年の方々。
(地下が小さなライブハウスになっているので、音楽聴きにきたのかも)
禁煙のため、パブの外にでてふかしております。
オシャレな人っていうのは、喫煙率が高いような気がします。
あと、アーティスト気質な方も。
dokka.jpg
英国では、2007年以来公共の建物の中では喫煙禁止です。
だから、レストランとかパブの前は、喫煙者だらけでその前を通るだけで咳が出ます。
余談ですが、病院の入り口とか、病院の門の外(病院によっては、敷地内での喫煙禁止。だから、ゲートのすぐ外)で、患者さんのみならずスタッフが喫煙しまくっていて、その煙の中を通り抜けて病院の中に入らなくてはならないことも。最近はさすがに改善されているところが多いようです。


Dalstonの大通りからちょっと入った横道。
以前は無茶苦茶しょぼくて犯罪のニオイ(?)がプンプンしたような気がしましたが。
カフェとかもオープンしていて、雰囲気が明るくなっていました。


内装の一部。
一見、メルヘン。
nani1.jpg
でも、このお人形さん、クビ無いんですけど。
わざとクビもぎ取ったんでしょうか。
それとも、たまたま取れちゃったんでしょうか。
どっちにしろ、レベルの高過ぎるインテリアだわ〜。


これからますます寒くなるので、暗くなってからはもう絶対外出たくないです。



家でだらだらしたいのは、この子がいるから。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは
むか~しの映画、ゴーストに出て来そうな町ですね。
これから再開発で勢いづきそうですね、。

日本は🎃盛りあがってますよ。

hippoponさん

いつか昼のこのエリアの写真をアップしたいです。
ほんとにいろんなものが混在しているの。
ロンドンはどこでもそんな感じだけど、特にカオス感がすごいところです。