愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

HMV、やっぱり、経営破綻

初めて英国に観光で来たのは、もう20年以上も前の話。
私は洋楽に目覚め、友達と会話が噛み合なくなって、それが寂しくて、余計に洋楽にのめりこむ、という悪循環を繰り返していた頃。洋楽をほぼきかない日本人観光客にとっても、HMVのオックスフォードストリート店は観光地のようなもので、買い物がてらに立ち寄る人も多かったと思う。私も勿論、HMVのみならずヴァージンメガストアもを熱心に巡礼した。残念なことに、東京のレコード店のほうが品揃えがよく、ディスプレイも見やすく探しやすかったが。HMVのみならずヴァージンメガストアも、ロンドンの象徴であり、音楽のみならずサブカルチャーへの偉大なる貢献を果たして来たはずだ。

今朝、HMVが破産申請の準備に入ったというニュースが飛び込んできた。
最近、さるロンドンのショッピングセンターでHMVの支店がきちんと営業しているのをみて、びっくりしてしまった。経営うまくいっていないことは既にニュースになっていたので、小さな支店は売り払っているのかと思っていた。もう長いこと、英国でもオンラインショッピングが主流になってきているし、スーパーマーケットでもメジャーなアーティストのCDは手に入るし、若い世代はダウンロードだけで満足している人が多いから、経営難になるのは自然の成り行きだと思う。

オックスフォードストリート店だけは、なんとか残して欲しいと願うのは、理不尽なノスタルジアでしかないのだろうか。92年の歴史ある世界的に有名なレコード店が去り行くのはなんとしても堪え難い。とはいえ、もう私自身が洋楽に全く興味がなく、この5年CDを購入した記憶がなくレコード店に行くことさえない。それに、ビヤードパパのロンドン支店が閉店してから、ピカデリーサーカスに行ってもオックスフォードストリートに足を運んだことがない。オックスフォードストリート店がHMVの博物館になれば、シュークリームの誘惑なくとも出掛けるかもしれない。

英国がまた英国らしさを失っていく。





旧世代なんで、CDは捨てられない。
CDs.jpg


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR