愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

ホームシックで、あんこ

あんこ大好き。
帰国中はほぼ毎日あんこ関係のものを食べて、このあいだはとうとうヤマザキの薄皮つぶあんぱんを手荷物用バッグに入れて飛行機に乗ってロンドンに戻ってきました。


こちら(英国)で知り合う日本人の方って、あんこ苦手とかいう人もいて、びっくりしたことがあります。
洋菓子も好きだけど、和菓子派かな。
それに私が好きな洋菓子って、プリンとかシュークリームとか日本風にアレンジされている洋菓子だから、和洋菓子とでも呼びたい。
モンブランのっているプリンなんてサイコー過ぎます。
モンブランが、日本独自の洋菓子風和菓子だもの。
(っていうか、昭和な食べ物がなつかしいだけ?)


かなり昔のハナシですが、英国のスーパーマーケットで購入した小豆が、あまりよい品質ではありませんでした。
それ以来、スーパーで小豆を買わなくなってしまいました。
代わりに、豆の種類の豊富な近所の南アジア系の食品屋さんで見つけたcow peasという、赤茶色で大きさは小豆くらいの豆をよく代用しています。
(雑穀米にするときや、お赤飯にも活躍してもらってます)
cow peas


市販のイングリッシュマフィンにはさんで、ホットトースターで軽く焼くとあんぱんのできあがり。
ちょっとだけ、みかけは今川焼。
イングリッシュマフィンがもちもちの食感なので、この組み合わせが一番気に入っています。
 annpann


最近のスーパーの小豆は、おいしくなったのかな。
今度、試してみようっと。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
昨日は豊川稲荷東京別院にもいきましたが、
虎屋さんの展覧会にもいきました。
建物をたてかえるので、次は3年後です。
お米の種類がたくさんあることも、製法で様々な粉ができることなど、
中には、お菓子の中にいれた、陶器のおもちゃの展示も(パリ店)
パイ生地の中に餡子と言う苦心作もありました。

戦時中は、寒天でみかん汁を固めて、中にうどん。
サツマイモを餡に仕立てたお菓子などありました。
さらし餡の粉や、上新粉や 白玉粉、そして甑があったらけっこう
工夫できるかもしれませんね。

2015/05/24(日) 08:33 | URL | hippopnpon #-[ 編集]
初めまして
初めまして、ぷうままさん。

小泉ヤクモンと申します。突然お邪魔致し申し訳ございません。
猫ブログを公開しているものですが、この度、ブログ村のランキングに参加いたしましたのでそのご挨拶です。

イギリス生活とは驚きです。
イギリスでは動物愛護の精神が旺盛であることはよく耳にしますが、残念ながら日本ではお粗末な限りです。

私も、もともとは老後の趣味にしようとのんびりと始めたブログだったんです。
ところが最近、ツィッター上でペットの保護情報に多く接することになり、ただただ驚愕いたしております。
さらに、毎年12万頭以上のペットが処分されていることを知りショックを受けました。
そこで、小さな命を救うために何かできることは無いかと思い立ち、ツィッター上で見かけた保護情報をまとめて、自分のブログに毎日掲載することに致しました。

私としては、一人でも多くの人にその現状を知っていただきたいという、やむにやまれぬ心情であって、スパム行為をいたす意図は毛頭ございませんが、不愉快に思われたり迷惑とお感じになられる場合には、無視なさるか直ちに削除をお願いいたします。

ただ、ご関心がおありでしたら一度ご訪問いただけたらと願っております。
最後に、記事に関係のないコメントを残す非礼を、心よりお詫び申し上げます。
2015/05/25(月) 17:35 | URL | 小泉ヤクモン #g8IMLjLU[ 編集]
hippoponさん
う〜ん、パイとあんこのコラボはちょっとな〜。
上新粉とか和菓子つくれる材料は家にそろってます。
中華食品店で入手可。
おいしい小豆は日本食品店にあるけど、滅多に行かないし、お値段も安くはないので。
帰国中は、あんことプリンとシュークリームでぶくぶくになります。
2015/05/26(火) 06:49 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Re: 初めまして
はじめまして、小泉ヤクモンさん。
コメントありがとうございます。
ブログのぞかせていただきました。
わんこさんやにゃんこさんが幸せに暮らせる社会は、私も心から希求します。
ブログでいろいろな情報を得るようになって、地域差はあるものの、十数年前に比べたらかなり前進していますよ。
当時実家暮らしで、仔猫三匹保護したときは私は本当に怒っていました。
あの時から、だいぶよくなりました。
保護団体も増えたし、ネットで情報交換したり、法も改正されたし。
日本の動物愛護の精神は素晴らしいと思います(全日本人がそのことにめざめてくれればもっといいのに!)。

動物愛護といっても文化や宗教の違いが影響しているので、長く住んでいると英国が特に優れているとか進んでいるという感じは特にありません。
確かに動物愛護団体(RSPCA)とかの存在は有難いと思いますが、英国でも動物虐待や多頭飼いで崩壊、悪質なブリーダーなど聞きます。
亡くなったわんこさんやにゃんこさんを弔ってくれるキリスト教の牧師さんとかまだ聞いたことありません。
ペット用墓地もありません。
ここでは、人間にとって何かしら有益である範囲の動物に対しての『上から目線の愛護』って感じ。
本当の意味で、日本と違って、わんこさんとかにゃんこさんは『家族』になっていないみたいです。
キリスト教の影響があるのかな(宗教熱心な人は英国人では少数派ですが、そういった世界観からは自由になっていないと思います)。

これからも、ぷうともどもよろしくお願いします。
エリンちゃんに、よろしくお伝え下さい。
2015/05/26(火) 07:23 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
こんにちは

あんこ、美味いですよね。
あんぱんをつくった日本人はえらい!(笑)
良かったですね。代用品がみつかって。

それと・・・。モンブランって一応、フランス菓子なんです。
ただ、色は茶色のやつで、ぷうままさんが言っているには
黄色のあれ・・あのモンブランですよね。
2015/05/27(水) 01:56 | URL | ドラゴ #-[ 編集]
ドラゴさん
日本の洋菓子は、日本人の味覚に合うようにできていて、ほとんど『和』洋菓子だと思っています。
ヨーロッパではモンブランは日本のものと違うしそんなにメジャーなお菓子ではない、と聞いたことがあったような。
英国式チーズケーキとかも別物で、好きじゃないもん。
2015/05/28(木) 07:11 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR