愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

スピリチュアルなものって、やっぱり人気なの?

黒人系の移民の多いエリアのショッピング街を歩いていたら、こんなものを貰いました。

アフリカのスピリチュアルヒーラー(いわゆるスピリチュアルカウンセラー)だそうです。
ちなみに、電話番号はブログ用にペンで黒塗り。
07〜で始まる番号は、全て携帯電話です。
今どきEメイールアドレスも使っていないみたい。
2015-01 spiritual?


こんなことでお悩みではありませんか?
悪運にみまわれていませんか。
裁判沙汰に巻き込まれていませんか。
性に関する悪夢にうなされていませんか。
あなたから去って行った愛する人に戻って来て欲しいですか。
試験に合格するのにガイダンスが必要ですか。
などなど。おもしろーい。
2015-01 spiritual?2


運はよくもあるし悪くもあるし、なんとかなってます。
裁判とか、無縁の生活してます。
うちの愛猫ぷうと一緒に寝ているので、悪夢とかみません。
去った人間は、戻って来て欲しくない人ばかりなのでなんでもいいです。
試験は、受ける予定無し。ガイダンスしてくれるだけ? 合格させてくれないのっ?


っていうか、スピリチュアル云々って、面白いけど基本信じていないからなんでもいいです。
ただ、黒人系の方のみでなく、このカードを私にも手渡してくれて嬉しかったです。
だって、そのエリアって、ちょっと貧困層が多く治安悪くてどうしようもなくて、学生とかもあまりいないので住んでいる東洋系は英語がおぼつかない中国人とベトナム人ばかりなので、道端でキャッチセールスとかチャリティーの金集めしている人から声かけてもらえないんです。
(これがロンドン中心地で学生や観光客が多いエリアだと東洋系は人気ありすぎ。必ず誰か声かけてくる、慈善団体に金払ってって。日本語で挨拶してきた人もいた)


こういうのって、やはり古今東西関わらず、一部の人間には人気なのかしら。
アフリカ風ではどういうふうにスピリチュアルにカウンセリングするのか、それだけ興味あります。
日本とやっぱり似通っているのでしょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
No title
おはようございます。
私の場合、占いは、確認。現状を言ってもらって確認する。
今は、嫌がらせもうけないし、そうはぶれないとおもうし、
安定してるので
それに慢心せずに謙虚に生きればいいかと。

不安が多いい人にとっては神様なのでしょうね。
節分の御豆を食べるのもこの時期ひえて
女性特有の栄進不安にならないようにイソフラボン接取に気を付けようとかね。
御呪いの類はそう言う事かと。
明日の朝は、出汁巻き卵と、鰯を焼いて、、
沢庵とお稲荷さんに、具だくさん味噌汁。夜に羽御豆いただきます。
東京は陽光は春。冷たい強い風です、。
立春2日前です。
2015/02/02(月) 12:10 | URL | hippopon #-[ 編集]
hippoponさん
帰国した時は、必ずどこかで一度だけおみくじひいてます。
海外にいて感じるのは、おみくじって、お守りみたいなもの。
人生、どうにもこうにもいかない時期って、誰にでもあると思います。
いろいろ不幸や不遇が重なってしまって、何一つ解決できないような状況。
本人には何の落ち度も責任もないのに。
そういう時って、やっぱり占いとか宗教とかスピリチュアルなものに走りやすくなりますよね。
私もいつか、いっちゃうかも。

私もおいなりさん、食べよっかなー。
高級寿司よりおいなりさんのが好きかも、いつも食べられない分。
2015/02/03(火) 09:07 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
占いっていつでも人気ありますよね。
スピリチュアルカウンセラーとは違うのかな?
ショッピングセンターの一角で見てもらってる人、いますよ~。
こういうオープンな場所なら安心だけど、個室は緊張しちゃうでしょうね。
興味はあるけど、しなくていいね。 (^▽^;)

今日は太巻きを作って西南西をむいて食べました。
これで安心!(笑)
2015/02/03(火) 20:50 | URL | なっつばー #-[ 編集]
なっつぱーさん
占いとは違うと思います。
占いは当たるも八卦。
普通、定料金で一回。
スピリチュアルカウンセラーは「カウンセラー」というだけあって、もっと問題に深く踏み込んでくるのだと思います。
アフリカでは「ウィッチドクター」という職業があって、病気を治したり「ウィッチ」退治やさまざまなことをするそうですが、これは「ヒーラー」なのでそこまですごい技は発揮しないのでは?
(ナイジェリア出身のボビー オロゴンさん、病気になったら医者に行かないでウィッチドクターに診てもらう、とか言ってました。でもボビー、来日して結構長いので、今は事情が違うかも。最近はどうなんでしょう?)
2015/02/04(水) 08:01 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR