NHS歯科で治療費を払いすぎた話

現在、闘っております。
某所にネットから金払ってレシートまで貰っているのに、キャンセルされて、払い戻しのために払ったことを証明するために銀行の口座見せろ、という、荒唐無稽なEメールをもらいました。
お金受け取ったからレシートを出したんでしょう?
レシートって、金受け取ったっていう証明書なんじゃないのでしょうか?
世界何処行っても、そうでしょう?
それなのに、何故銀行口座の確認したいんだ?
一応、相手はきちんとした機関です。
この話は、解決してからブログネタになるかも知れません。


そういうわけでこの2日ほど慢性頭痛に悩まされているのですが、とうとうその頭痛が顔まできました。
ストレスで、顔の上半分も痛いって、何?
英国で生きる、って、何?
常識のない人が或る種の職についているために、何度こういう変なことと日常闘っていかなくてはならないのでしょうか。


で、なんとなく思い出した昔の話。
6年くらい前、歯医者に通いました。
歯が折れた上に、暫く歯医者に行ってなかったのでかなりあちこち問題がありました。
それで数週間、幾度も通うことになりました。


NHS(英国の国民健康サービス)では、英国の基本的な医療は薬代以外はタダですが、歯科は若干お金がかかります。
料金制度は明朗会計の三種類の支払い金額だけ。
それぞれの歯の治療の種類によって、大雑把に説明すると、当時のお金で約20ポンド(ちょっとした治療)、約50ポンド(歯抜いたりほじったり)、約200ポンド(新しく歯作る)。
私の場合、歯が一本折れたのでそれは200ポンドかかり、その他にも3本くらい治療が50ポンドレベルで必要で、更にNHS範囲外の料金払って歯の黄ばみ取りもやってもらいました。
それなので、結構お金がかかりました。
毎回ちょこちょこ払っていたのですが、五回目くらいの訪問で治療が終わったあと、
「今日はお金払って頂かなくて結構です」
と、受付の方に言われました。
「実は、既に余分に払ってもらっているので」
最初は、何を言われているのかよく分かりませんでした。
そういえば、受付の人もいつもと違う人。
それまでは、むっちりし過ぎのむちむちした黒人系英国人の女性の方がいつも受付に座っていたのですが、今回は普通サイズの南アジア系英国人の男性。
つまり、私はバカ正直に毎回言われるままにお金を払っていたのですが、請求額が実際の治療費と一致していなかったということらしい。
(あまりイロイロ治さなくてはいけない歯が多かったので、支払いのこと何も考えていなかった私もバカだけど)


その後も2、3回更にその歯科に通ったのですが、その黒人系の受付のおねーさんは戻ってきませんでした。
私は、それ以上お金を払うこと無く治療を終えて、確か払い戻し分の治療費は小切手で貰ったと思います。
歯科側で何も言わなかったら、払いすぎたことに気付かずに終わっていたかも知れません。
隠さずに治療費の問題を言ってくれた責任感に、感謝したいです。


運が悪かったのか、良かったのかよく分からない、キツネにつままれたような出来事でした。
あの受付のおねーさんが横領したんですか、それとも彼女は単なるオバカさんだったのですか? とは流石に新しい受付のおにーさんに聞けませんでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

大変な目に合われてますね。
これって、法律相談とかできないのかしら?
日本は法テラスがあるけれども、
犯罪みたいで失礼しちゃいますよね。
怒る気持ち当然だとおもいます。
一番いい方法ってなんでしょうかしら?御主人はなんと?
相談相談、、、。

深呼吸、深呼吸、、
勝負事は、気持ち乱した方が負ける。(^。^)y-.。o○

hippoponさん

金額はたいしたことないんだけど。
対応が悪いから、うーっ、と唸ってしまう。
頭痛治すため、今日は休戦。
そうそう、最初は連れにメール書いてもらってたんだけど、余りにも感情的な内容で長文になったので、今は私がやんなきゃならない。
感情出さない英国人男性、なんて都市伝説だよ〜。
こいつら、無茶苦茶感情出しまくり。

No title

イギリスで人権保護法が出来たのは、
子供にまで無茶な労働をさせる奴隷扱いは
また家庭でも、外に出ないから始末が悪いと言う本を読んだことがあって、
にわかに信じがたかったけれども、
日本人は隷属させないで温情で納めようとするでしょう?
真逆。インド人辺りはどう思ってるんだろうか?
まぁ頭冷やさないと、勝てる戦も後味が悪くなるから、、
それより日照時間が少ないのですから、お日様に当たって、
免疫力上げてくださいね。
梅干しって、あれは凄く良い食べ物でなかったのだろうか?
携行可能ですものね、。

Re: No title

日照時間、ホントに少ないです。
冬でも曇りとしとしと雨なので、これがカビの発生を促進です。
からっからの日本の太平洋側の晴れが多い冬が懐かしい。