愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

トイレ オブ ザ イヤー 2014

今年ももうすぐ終わりです。
あっというまの一年。
いいこともあった、嫌なこともあった、ハラワタ煮えくり返るくらい頭来ることもあった。
要約すると、やっぱり私は英国で暮らすのが好きになれな〜い。
そしてそれを改善する気、ナシ!
抵抗しないのも、ひとつのストレス対処方法さ〜。
なんて強がったりしてます。


ま、今年を振り返ると、いつもながらいろいろなおトイレにお世話になったなあ、と思います。
トイレとは、一種のストレス解消の場であるはずなのに、何故かもっとストレスを感じるトイレが多いのが英国というものです。
汚い、紙が無い、床が濡れている、床がびっちゃびちゃの水びたし、シートに何故か黄色い液体がついている、紙が床に散乱している、水の流れが悪くて詰まっている、壁の落書き、などなど。
日本滞在中もかなり個性的なトイレに巡り会いました。
和式を洋式に無理に変えたので狭すぎる個室、無人駅のわきにもきちんとあるトイレ(しかも紙もあるしきれいに掃除されている)、田舎の人気のない登山口近くにある今時珍しい汲取式のトイレ(でもちゃんと手が洗える設備はある)、などなど。
日本のトイレは概して努力の跡があります。
時差ボケの朝の散歩で、6時半に公園のトイレの清掃員の方を見かけました。
こんな朝早く、頭がさがる思いです。
(そんなに利用者がいないトイレなのに〜。涙出るほど感動だよ〜。)


そんな数多のトイレとの出会いのなかで、一番印象に残ったトイレこと『トイレ オブ ザ イヤー 2014』を発表したいと思います。
こちら、大英博物館の一階の東側、中央アメリカの展示室の近くにあるトイレです!
ここの女子トイレは長いこと閉鎖されていました。


この階段を上がると、中国の展示室に通じます。
この下が、問題のトイレです。
2013-11-19 といれ入り口

長いこと、このような表示がされていた女性用トイレ。
いつでもOUT OF ORDER。
2013-11-19 といれ


去年の9月から大英博物館の常連になったのですが、その時から今年の初夏頃まで、どういう訳か利用禁止になっていたところです。
それなので、このトイレが使えるようになったことを知った時は、嬉々として入室しました。
多分何かの不都合で工事でもしていたのでしょうが(トイレ直しに数ヶ月もかかるような国です、英国とは)、別にどこか新しくなっているわけでもなく、何が改善されたのか全く分かりません。
しかも、入り口から入って右手の手前の個室、不備があります。

2014-10-03 monndai no

水を流す把っ手が、シートに邪魔されて押せません。
シートをちょっと前に倒してから、把っ手を回さないとなりません。
半年以上も女子トイレ閉め切って、一体何をしていたのか分かりません。
待たせるだけ待たせて、私の気をもんだくせに。
肩透かしを食らいました。
英国らしい、ちょっとつっこみたくなるこちらのトイレを、私が勝手に選んだ『トイレ オブ ザ イヤー 2014』とさせて頂きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
トイレが綺麗に清潔に利用できるってありがたいことなんですよね。清潔さを保ってくれている人がいるってことなんだもん。それは、家の中でもおんなじ。感謝を忘れがちですが。
目の付け所がナイス!です。


日本は今日大晦日。
今年はブログにお付き合いいただきありがとうございました。来年もよろしくお付き合いくださいね!
ぷうニャん、風邪ひくなよ。シャワーの湯気でもふもふを湿らせるなよん。ぷうニャン。
2014/12/31(水) 14:57 | URL | ドラゴ #-[ 編集]
No title
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

宝船回文書いたのに、、まだ眠れてません。
なかなかです。

帝都は静かな除夜で、遠くのお寺の深い鐘の音までひびいてたのに、
急に強風で、ドラゴンが空を派してるようでした。
そして、丑三つ時はまた静かになってます。
初日の出はみれるか?です。

輝かしい年にならんことを祈念します。

おトイレは、デパートでは特選売り場の階、
出来るだけホテルにしてます。
2015/01/01(木) 04:00 | URL | hippopon #-[ 編集]
ドラゴさん
英国のトイレはすざましいほど汚いしいい加減ですからね〜(結構マトモなショッピングモールでも図書館でも、とんでもないことありますよ〜)。

こちらこそ一年お世話になりました。
未年だそうですが、猫と一緒に暮らしているからには、毎年が猫年ですね。
お身体に気をつけて。
猫キングさんとのもふもふの新年を楽しんでください。
2015/01/01(木) 07:34 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
hippoponさん
あけましておめでとうございます。
お寺の鐘が響く新年がなつかしいです。
こっちでは、花火のニューイヤー。
うるさいわ、酔っぱらいはでるわ。
こっちでは新年は、単に祝うだけのものだからな〜、宗教色や伝統無しの淋しいものです。

2015/01/01(木) 07:37 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR