鼻、治りかけ

2014-12-09 鼻よくなってる

おっさん猫ですが、自然治癒力はまだまだいけているようです。
寒くなってきましたが、相変わらずぷうは良く食べてよく寝ています。
若い時のような活発さ遊び心は失われつつありますが。


おっさん化が進んで、ひとつだけよかったことがあります。
ぷうは、床の上に寝転がって、通り過ぎる連れや私の足元をツメ出しおテテで攻撃するクセがありました。
おかげで、いつも誰かが流血騒ぎ(?)をしていたのですが、今はもうアタックしてきません。
脚に爪痕が残ることはなくなりましたが、それも一種のおっさん化現象かと思うと、ちょっと複雑な気分です。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは
プーさんは、気品があって、年齢相応な紳士君。
お手入れがいいのですかしらん。
と拝見してます。



No title

お鼻が治ってきて良かったね~。
若くってヤンチャなのは困ることもあるけど、大人しくなったなぁって感じるのは、やっぱり寂しいですよね。
我が家のヤンチャはしぐれとあられの、1歳、0歳ペアだけです。
歳より化が早いようにも思います・・・。 (^^;)

hippoponさん

完全室内育ちなので、あんまり汚れることがないの。
自分でよ〜くお手入れしています。
そこが猫のよいところ^^

なっつぱーさん

若いニャンコさん達の元気さには、脱帽です〜。
なぜか皆やる、カーテン登り、とか。
ドアの上にジャンプ、とか。
あの頃が、ちょっとなつかしい、やっぱり。

No title

ぷうちゃんのお鼻の傷、もうほとんど目立ちませんね。
おっさん猫って、ぷうちゃんもう15歳ですか。
とてもそんな風には見えません。
家のサスケも5月頃10歳になります。
だんだん好奇心は薄れてきて毎日同じようなこと繰り返してますね。

NEccoSunさん

サスケちゃん、もうすぐ10歳ですか。
15歳の子といると、10歳ってすごく若く感じてしまいます。
まだその頃、ぷうはジャンプでしくじっても平気を装っていたかも。
同居にゃんこさんがいると、元気で好奇心いっぱいだと思いますよ〜。
(同居にゃんこさんが亡くなってから、ぷうはおとなしくなったもの)