愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

大英博物館のクリスタルスカルって、そんなに見たいですか?

愛猫ぷうと離れるのが嫌なのも手伝って、旅行嫌いでぐうたらな私はロンドンで唯一のエンターテイメントの場所として最低月一は大英博物館に遊びに行っています。


このあいだの訪問でエレベータに乗っていると、染め物のブロンドの女性となんとなく怪しい男性の中年カップルが入ってきました。
「どこで降りればいいの?」
と、金髪女性。
アクセントからすると、どうやらアメリカ人のようです。
三流映画のチンピラの友達みたいな風貌の男性が、大英博物館ガイドマップを見ながら答えます。
「レベル1だよ、クリスタルスカルなら」
クリスタルスカル?
水晶髑髏?
そんなものをわざわざこの大英博物館で見たい人がいるのですか?
「そこからアフリカの展示室に行けるから」
はあっ?
アフリカ?
クリスタルスカルを見るためにアフリカに行くの?


私はレベル1より下のレベル0(ゼロ)で降りる予定だったのですが、そのカップルは運悪く大英博物館のサービスの悪さにまんまとひっかっかってしまい、レベル1で降りることが出来ませんでした。
エレベーターが大昔のモデルで、到着した階を表示してくれないんですよ(いや、大英博物館だけでなく、こんな古典的なエレベーターが結構英国ではまだ活躍しています)。
ここで降りればいいんですよ、と本当は声をかけてあげたかったのですが、カップルの会話があまりにも凄過ぎてちょっと怖くてできませんでした。
というか、ここまで無知な白人に「クリスタルスカルはアフリカの展示室にはありませんよ。ちなみにクリスタルスカルはアフリカと無関係ですけど」と言ったって、聞き入れられるとは想像できませんでした。
だって、変な知識持っているこの方達のことですから「創造主を信じていないビンボーなアジア人が、英語で話してるの?」と一瞥されるだけて終わってしまいそうでした。


クリスタルスカルは、大英博物館にあります。
19世紀後半に作られた、世界的に最も有名な贋作のひとつです。
2014-08-01 すかる1


一般の博物館の展示物としてではなく、The Wellcome Trust Galleryという2003年にオープンした特別の展示コーナーの隅にこっそりと展示されています。
The Wellcome Trust Galleryとは、ウェルカム・トラスト(The Wellcome Trust)というイギリスに本拠地を持つ医学研究支援等を目的とする公益信託団体が、大英博物館内で企画運営している展示室です。


このヒゲのおっさんが、専門家を100年に渡って騙したこのクリスタルスカルの責任者です。
メキシコの骨董品を主に扱っていたようですが、その辺の技術者に作らせた透き通った骸骨をアステカ文明のものだと偽って売ったようです。
2014-08-01 にせすかる
歴史的教訓として展示しているのだと思いました。


あのアメリカ人カップルは、大英博物館のクリスタルスカルが偽物だと知らず、しかもそれがどういう訳かアフリカのものだと思い込んでいました。
二人がこの大英博物館訪問で、間違いに気付いてくれているといいのですが。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
おはようございます。
面白いですね。
贋作も歴史の残骸のうちですものね。
幾らぐらいでうったのでしょう?
又どういう経緯でここに飾られてるのでしょう?
無念が滲み出てるようで、、
と言うかイギリス人がまんまとだまされちゃったというのが、、
すいません,可笑しい、
如何にもペテン師の写真も残ってるのも、、



2014/09/29(月) 08:17 | URL | hippopon #-[ 編集]
hippoponさん
大英博物館がティファニーから購入したそうです。
ほかのクリスタルスカルも、ほぼ怪しいですね〜。
以前はかなりいい加減に考古学の発見品が取り扱われていたみたいだから。
きちんと展示してくれているのって、有難いです。
よく見るとどう見ても19世紀ものにしか見えなくなってきます。
2014/09/30(火) 08:24 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
こんばんは!
「クリスタルスカル」・・・映画「インディジョーンズ」の
4作目ですね。
インディジョーンズファンの私としてはにせ物とわかった
うえでも一度見たいです。
2014/10/02(木) 21:14 | URL | まさっぴいの夫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/04(土) 00:40 | | #[ 編集]
Re: こんばんは!
まさっぴいの夫さん、コメントありがとうございます。
偽物だと分かってからよくよく見ると、よくこんなもので100年も騙されたものだと(別な意味で)感心すること間違い無しです。
そうか、インディジョーンズがクリスタルスカルを有名にしてしまったのですね〜。
きっとアメリカ人カップルも、そのノリだったのかも?
2014/10/04(土) 05:36 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
ぷうままさんへ
こんにちは

う~ん、そのカップルは経緯も偽物にも気付かな・・・い?

ディズニーシーにもクリスタルスカルのアトラクションがあるけど・・、カップルには博物館が遊園地。それもまた楽しいかも。偽物でもやっぱり見てしまう。
インディージョーンズもそうですが、世界の不思議で取りあげられる世界に散らばるクリスタルスカル。興味深々です。

あっ、ぷうにゃんの頭は加齢臭アタマじゃありませんよ(笑)
2014/10/04(土) 14:44 | URL | ドラゴ #-[ 編集]
Re: ぷうままさんへ
クリスタルスカルはもう謎でもなんでもないと思うんですけどね。
(何故騙され続けたのか、そっちが謎)
ハリウッド映画が歴史を書き変えてしまうように、偽物考古学品が歴史を変えたら一大事ですよ。

もっちろんぷうには加齢臭、ありません。原因はひとつ。でも、考えないようにします。
2014/10/05(日) 21:06 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR