愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

『ガリレオ』の原作だった!

以前買ってきた英訳された日本の小説を読みました(ちなみに古本で買いました〜)。
英語で本はほとんど読まないし、日本語でも新作フィクションは最近ほとんど読まず、帰国した時は昔読んだ小説とか新書関係とかそのくらいしか本屋やブックオフで漁りません(あと、もちろん、まんがも)。
だから、ヒガシノケイゴという作者の名前、なんとなく聞いたような気がしていましたが全く基礎知識なし。
調べないで読んだ方が面白いと思い、ネット検索せずに読み始めました。


(英国の英語翻訳版、こんな感じ)
2014-08-20湯川


読むこと数十ページ。
そうしたら、出てきた登場人物の名前がユカワ〜!
そうか、人気テレビドラマそして映画にもなった「ガリレオシリーズ」の原作ではないですか〜!


これだ〜っ。
このテーマ曲、すごくかっこいいっ。
男にも女にも惚れられる男、俳優でもありミュージシャンでもありトークも上手い福山雅治、かっこいいっ。



以前からテレビドラマには日英関わらず疎いです。
でもお笑い系は大好きなので福山雅治の物まねとか観る機会はあって、「ガリレオ」の原作だと分かったとたん、読んでいるテンションが一気に上がってしまいました。
で、期待値が尋常でなく上昇してしまったので、読み終わった感想が「あれっ? これでおしまい?」になってしまいました。
しかも、頭の中では福山雅治でいっぱいなのに、原作の湯川学ははまったく福山感がナシ。
その「えっ?」をひきずったまま、ようやくウィキペディアで検索。
湯川学はもともと俳優の佐野史郎さんをイメージに作られたキャラとか。
なんとなく、納得。
日本語の原作タイトルは『容疑者Xの献身』。
ちゃんと本の裏表紙の解説に「テレビドラマになった」とか「ガリレオシリーズ」とか書いて欲しかったです。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
福山君がお気に入りですか?

お知り合いは、彼に似ている。しかも20代です。(´艸`*)
決して、よこしまな気持ちはありませんが、、
何となく、お目にかかるのが楽しみでしゅ。ニャぁ~~ご。🐈
何となく深呼吸しちゃいます。
2014/08/22(金) 12:36 | URL | hippopon #-[ 編集]
hippoponさん
いや〜、福山というより、数年前はモノマネしていたみっちーさんが好きでした!
本人見て「いや〜っみっちーさんに似ている〜」みたいな、逆転現象。

2014/08/23(土) 06:57 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
みっちぃ~~(◎_◎;)
多分、好みが分かれて、
その、、若い頃であってたら、
けんかにならなくていい感じの友人とかみたいで、、
ふぅ~~ゆぃ (・.・;)
2014/08/23(土) 07:06 | URL | hippopon #-[ 編集]
No title
日本人の女子(一応オンナ)としては「福山、カッコいい!!」派です。
なんであんなにカッコいいし、歌も良いし、
周りを見ては「同じオトコなのに」と、思いますよね。
(オンナとしても不足一杯の私が言うのも何ですが)
福山は、文句無しに一等賞だ!!
2014/08/23(土) 17:34 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
hippoponさん
だって、福山は完璧すぎて同じ人間とは思えない〜。
演技と音楽の才能プラスあのルックスと喋り術って、どれだけもってるの?
2014/08/25(月) 06:32 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
Sabimamaさん
福山に惹かれない理由はみあたらないわよ〜。
世の男性も福山は褒めまくり惚れまくりなんだから。
そのモノマネしていたみっちーさん、よかったわ〜。
最近はテレビはでていないみたいね。
2014/08/25(月) 06:37 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
ちょっと、はずかしいのですが、
街の真ん中で、
福山のストリッパーが流れて、妙に感動しちゃって、、
これなに??って、
ご一緒の方は、あきれて、ジュリーの古い曲だよって、
どんな、、、としらべて、、ふむ、、、❥
すいません、ながながと、、
歌謡曲聞かない人なんですが、、あの時はスイッチがはいりまして、、

で、イギリスでは、どんな感じのアーティストが、おこのみですか?宜しければ、、。
2014/08/25(月) 09:10 | URL | hippopon #-[ 編集]
hippoponさん
スイッチをいれてしまう福山、すごいですねっ。
私もこの本読んでいてガリレオの原作と知ったとたん、集中力にスイッチはいってしまいました〜。

もともと洋楽とか好きだったので英国に興味もちました。
が、今はまったく。
おばさんなんもので。
十代の時は尾崎豊の洗礼を受けました。
2014/08/27(水) 06:41 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR