マフィンもやっぱりカスタード漬け

スーパーでブルーベリーマフィンを買ってきたら、早速英国人の連れが英国らしい食べ方をしておりました。

2014-06-20 mafin custard
(すいません、食べかけの写真で)


インスタントの卵黄感ゼロのカスタードソースに、ブルーベリーマフィンを浮かせます。
インスタントのカスタードソースは、英国では夕食後のpudding(デザート)に活躍します。
英国人の大好物、アップルパイにも、パウンドケーキにも、なんだってカスタードソース。
だから疑問の余地なく、ブルーベリーマフィンにまで、カスタードソース。
勿論、ブルーベリ―マフィンのいい匂いやふわっとしてしっとりとした食感は、インスタントのカスタードソースによって完全に奪われます。
結局、カスタードソースが食べたいだけで、その中につっこむ食べ物は基本的になんでもいいんのだな、と思っています。
連れの味覚は絶対に一生理解できないし、理解するつもりもありません。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

小さな頃に培われた味覚って一生ものですね~。
こんなに甘いものが好きなのに、英国の方って肥満なイメージはありません。
羨ましいですよ。
私はアイスクリームにきな粉と黒蜜をかけるのが好きなんですけど・・・・。 (^▽^;)

No title

なんと、マフィンにまでカスタードを、、!しかも実質マフィンよりカスタードのほうが多いかもしれない、、。
なかなかつわものですね、、。
といいつつデザートなんでもバニラアイスリームをのせたがる私が言っちゃいけませんよね、、(汗)

ろんぷうままさま

夫も同じです。
何でもカスタードがけ。
甘い物をさらに甘く・・・
残念ながら夫はダイエット中なのでカスタードとはさよならしています。
私もあの味覚は理解できません。

ぷうままさんへ

こんにちは。

笑ってしまいました。

ドラゴは、ブルーベリーマフィンには、クリームチーズをたっぷりつけて食べるのが好きです。
そして、きゅうりの浅漬けをかじると塩気がポイントでいい感じです。(笑)

No title

運よく、うちのだんなはマッフィンが嫌いなので、それにカスタードはかけませんが、他のものなら、特に アップルタートなど、カスタードの海の中に浮いてる感じ。カスタードと一緒に 選択枠になるダブルクリームの量も半端じゃないですよね。お腹が出っ張るはずです、私も含めて。。。

なっつぱーさん

大丈夫です、英国人、充分肥満です(世界三位かな? 英語圏はおおむね肥満率異常に高いです)。
うちの連れも、肥満です。

きな粉と黒蜜〜っ。
最強の組み合わせですねっ。

なもこんさん

もちろん、マフィンよりカスタードのほうが多いに決まってるじゃないですか〜。
よく生きてるよな〜、と思います。
こんなにいっぱい毎日食べて。

Re: ぷうままさんへ

クリームチーズ、合いそうですね〜。
今度試してみたいな。
日本のきゅうり、丸かじりした〜い!

Re: ろんぷうままさま

ダイエットしているなんてすごいですよー。
膝が悪くても、お医者さんにアドバイスされても、生活習慣変えられない人が多いようですから。
うちの連れも見習って欲しいです。
多分、連れは一生無理だろーなー。

mikenokoさん

アップルパイとかタルトならなんとなくカスタード合うのが分かるんだけど。
さすがにマフィンは(しかもブルーベリー)。
ダブルクリームはやばいですよね、ほぼ油。
カスタードの海は鉄板ネタですねよ。
いや、ネタじゃないのか、「普通の食事」かな?

No title

こんにちは。

おいしそう、、、
シュークリーム作って、もっていかせたら、カスタードケーキをありがとうと言うカードをいただいて、
なるほど、そういうのかと思ったことがありましたっけ。
拝見してたら、食欲が、でてきました。

No title

こんにちは。
私の周りもカスタード星人ばかりです。
激甘ケーキに甘いカスタードかけて「甘さが中和されるんだよ」と言っていた知人の独自の理論が未だに理解出来ません。

ブルーベリー・・・風味がなくなりそう。。。

Re: No title

カスタードケーキにされちゃうなんて、ひどいですよね。
英国って、Profiteroleやエクレアはスーパーとかでも売っているのですが(チョコだけ美味しい。クリームとシューは最低)シュークリームの知名度がほぼありません。
連れは、shoe creamと勘違い。
今、最高にシュークリーム食べたい気分です。
数年前までロンドンにビアードパパあったのになあ。

まやさん

甘さが中和されるのですか〜(笑)
英国人あるあるのネタになりますね。
その発想は日本人にはさすがにないと思います〜。
ブルーベリー、その存在を否認されてかわいそうでした。

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!