愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

最大のHMV店、幕を閉じる

しまった。


すでに閉まってた。

2014-01-14 hmvとじた

1986年にオープンした世界最大の売り場面積を誇ったオックスフォードストリートにあるHMVレコード店のフラッグショップが、先週日曜日にその歴史に幕を閉じました。
とにかくその売り場面積と品揃えのよさは過去においては有名で、若い時に短期旅行で来た時に同行者の一人のクラシック音楽愛好者がCDを大人買いしていたのを思い出します。
あんまり広くて探すのが大変なこともあったけど。
結局、日本のレコード屋(普通のレコード店のみでなく、HMVもヴァージンもタワーレコードも)のほうが、陳列が丁寧でジャンル分けがしっかりしていて探しやすくて好きだったけれど。
でも、ここは二十年くらい昔までは、ロンドンに来る観光客(音楽が特に趣味でない人も)が必ずといっていいほど訪れる場所だったのに。
音楽産業の縮小とネットショッピングの影響は、ここまで来てしまったようです。
1921年から営業しているボンドストリートのHMV店は営業を続けるそうです。


あと、オックスフォードストリートの変化は、建物が鉄道(Crossrail)建設のため一部取り壊されてしまったこと。
オックスフォードストリートより南側、Dean Streetと Great Chapel Streetの間の建物、消えていて工事中です。
2014-01-14 hmv2

2014-01-14 hmv3




ここからすぐの裏通り、Berwick Streetを南に行くと、様々な専門店があります。
Sister Rayは昔よく来たお店。
営業中。
最近は音楽マニアがビニール盤など漁っているらしいので、こういった小さな個人のレコード店も元気。
2014-01-14 sisterray


ここもレコード店だった記憶があるのですが。
空っぽ。
2014-01-14 moto reko-doya


古きよき英国が消えていく。
もう、いい加減に慣れたつもりでいるけど、元々音楽好きで英国に住み着いてしまったので、やっぱり辛いかな、ちょっとだけ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
ロンドンの休暇
私も一度、オクスフォードストリートのHMVを訪れたことがある。
確かに大きい店だったが、驚くほどでもなかった。また品揃えとか陳列の仕方などは日本のレコード店のほうがずつと良く、探しやすかったと思う。

そんな日本のレコード店もどんどん閉鎖しているから、HMVの閉鎖も時代の流れなのだろう。

今はあるのか知らないが、ピカデリーのタワーレコードで、ニュース23初代キャスター筑紫氏を見かけたことがある。

驚きながらも、さりげなく後をつけると、氏はクラッシックのコーナーに入っていった。

もちろん、声はかけなかったが、多忙なジャーナリストもこんな風に休暇を楽しんでいるのだなあと思った次第。
2014/01/19(日) 23:03 | URL | coffee plus #-[ 編集]
Re: ロンドンの休暇
確かに〜。
DVDとかコンピューターゲームが人気になってからは、売り場面積かなり音楽以外に使ってました。
筑紫さんがタワレコにいったってすっごい。
やっぱりちょっとロマンスグレーかかった筑紫さん、さり気なくロンドンでも浮いてただろーなー。
それほど有名なレコード店で海外旅行ついでに物色するのが当たり前の時代もあったんですよね。
ちなみに昨今では英国ではチャートインしているアルバムはスーパーマーケットでも購入可です。
2014/01/20(月) 05:35 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR