愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

肥満、公式認定!

この2年くらい、すごい勢いで太ってしまった連れ。
以前の服のサイズも合わなくなり、腹が出るにしたがってTシャツの丈が徐々に短くなり、服を買いにいっても選択肢が限られてきた昨今。
しかも膝が痛いとか言い出すし。
体が重過ぎて膝に負担がきていることくらい、自明の理。
体重計がなくたって、これはただごとではないくらい分かります。
もともとちょっと腹はでてましたが、まさかここまで人間の体が膨張できるものとは予想だにしませんでした。


数日前に、かかりつけのお医者さん(GP)に検診にいきまして、このたびめでたく「肥満」の認定を受けました!
おめでとうございます!


英国では肥満の基準は、ボディマス指数を使用します。
「体重/身長2」からなる指数ですが、日本と英国ではちょっと基準が違います。


我が愛するウィキさんより。

日本肥満学会の肥満基準
(2000年)
状態 指標
低体重(痩せ型) 18.5未満
普通体重   18.5以上、25未満
肥満(1度) 25以上、30未満
肥満(2度) 30以上、35未満
肥満(3度) 35以上、40未満
肥満(4度) 40以上


以下はWHOの基準。英国でもこの基準。

Very severely underweight     less than 15
Severely underweight      from 15.0 to 16.0
Underweight            from 16.0 to 18.5
Normal (healthy weight)       from 18.5 to 25
Overweight            from 25 to 30
Obese Class I (Moderately obese)  from 30 to 35
Obese Class II (Severely obese)     from 35 to 40
Obese Class III (Very severely obese)  over 40


つまり、連れはボディマス指数30超え。
日本でいうところの肥満(2度)、英国でのObese Class I (Moderately obese)。


「体重落とさないと、早死にするから痩せなきゃ」
と、連れ。
今頃気付いたのか。


とか言いながら、ダイエットはクリスマスまでしない宣言。
クリスマスになったら、きっと年明けからダイエットする、と言うんだろうな。
で、年明けには、春が来て温かくなってから、と言うに違いない。


タバコはやめたし、英国人にしては珍しく酒はあまり飲みません。
そのせいか肌だけは同年代に比べるとちょっとは若いかと思います。
しかし、全体的に白人の老化現象は、東洋系とは比較にもならないほど早くてすごいです。
日本に帰ると、70代以上の方々、ほんとうに若くて元気に見えます。
肌もきれい。
こっちは、50代入るとすごいよ〜。
(連れとは十歳以上離れているので、いろいろと驚愕の年の取り方されてます)


今はいろいろ医療が進んでますから、男性の肥満は女性の肥満より危険だとは言いますがこれから寿命も伸びることでしょう。
ただ、クオリティ・オブ・ライフが低下する可能性はとても高いと思います。
近い将来、何年も何十年も、いろんな病気抱えていろんな薬飲みながら膝や腰が痛くて外出も出来なくなって、家の中で殆ど暮らさなくてはならないかも知れません。


元々連れは楽観的なので、現実を直視して生活を改善できるのかは分かりません。


なんでもいいですが、私は自分のクオリティ・オブ・ライフだけは守ります。
この国の医療を信じていないので、最低限自分で出来ることはして健康維持に務めたいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
へぇ~そうなんですかぁ~↓の記事もなかなかスゴイ☆と
思ったケド 日本の基準とは 少し違うんですね
健康をあまり意識したことは なかったけれど この頃は
さすがに 以前のようにはいきませんねェ(笑)
妊娠中も妊婦に見てもらえず 50キロで出産でした。
その後 体脂肪は17% コレは学生のころに体操を
やってた名残で インナーマッスルが鍛えられてたから(笑)
だけど タバコをやめてからは やっぱり太りました
私の周りの やめたコは みんなそうです
ご主人もその可能性 あるのでは~?
うちの旦那も 最近タバコをやめて 靴下をはくのが
辛い!と 言い出しましたよ~(笑)
2013/12/16(月) 21:41 | URL | サクさく #-[ 編集]
サクさくさん
奇跡の50キロ出産〜!
す、すごっ、サクさくさん、スタイルよいわ〜羨まし。
タバコは、太る原因になりますよね〜。
ちょっとくらい太ったほうが、喫煙による一酸化炭素の害よりずっといいようですが、流石にここまで太られるともう開いた口が塞がらないです、ハイ。
私はなんとかボディマス指数の25を超えないように、頑張る。
結構そんなに太ってないような人でも、加齢とともに軽く25超えるみたいだから。
ま、最近に研究ではちょっとくらい太っててもオーケー、長生きできるって。
ほっとする〜。
2013/12/17(火) 08:51 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/12/17(火) 14:28 | | #[ 編集]
若い爺様達
確かに白人は10代が一番美しいのかもしれない。

日本でも話題になったベッキークルーエルはとてもキュートだけれど、あと10年したらその輝きがずいぶん色あせるだろうなあと思う。

しかしながら、英国には若々しく、いかした爺様達も結構いる。
昨日のBBCニュースの記事で、ピーターオトゥールが亡くなったと知った。享年81歳。
誰もが知るアラビアのロレンスを演じていた時は30歳だったという。

この作品は何度も見た。共演のアレックギネス、アンソニークインやオマーシャリフなどの名優の演技も良かった

そんなオトゥールは「ザ・ラストエンペラー」にも出演している。
格調高い英語、背筋をぴんと伸ばし、ロングコートを見事に着こなして颯爽と歩く様は、カッコ良かった。

このときオトゥールは60歳ぐらいだったと思うが、苦悩のローレンスよりもある意味若々しかった。

そして、ローリングストーンズ。きっと70を過ぎているだろうが、またワールドツアーをやるとか?
顔は皺くちゃになったが、スナップ写真からは若々しいエネルギーを感じた。
こんな生かした爺様達がいる英国はまだまだ捨てたものではないと思うがどうでしょう。
2013/12/17(火) 21:45 | URL | coffee plus #-[ 編集]
Re: 若い爺様達
もちろん、元気なおじいちゃんおばあちゃん、いっぱいいますよ。
見かけが若い人ほど長生きするという研究もあるみたいですね。
だから、長生き健康組は、見かけも若い。

しかし、多くの人は日本人よりプラス10〜20歳くらい年とって見えてしまいます。
最近のキース・リチャーズ、一気に年取りました〜。
誰だか分からなくって十秒くらい考えこんでしまいました。
ポールは若いですね。
あの方は長寿でしょう。
ただ一般人は年齢知ると、なんでそんなに老けている〜って突っ込みたくなります。
2013/12/19(木) 08:16 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
やはり、、、あの写真(バター)の様子からして、
細くは無いな、って予感はしてました。
でも英国の国家医療機関公認の肥満ですから、
良かったです。??
認定も受けて、これからはお国公認大柄紳士として振る舞って下さい。
気が向いたら、お国推薦の減量方法とかを試みるのも良いかもしれません。
公認の認定証パスとか、欲しいですね。
バスは割高、、、電車はタダ。
地上は「歩く努力を!」とか?(ダイエットの為の)
2013/12/19(木) 09:02 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
Sabimamaさん
ま〜、お医者さんに言われて初めて認めるくらいではどーしょもないですよえねー。
ああ情けナイ。
看護婦さんに減量コースみたいなのも勧められたそうですが、そんなのには参加したくない、みたいなこと言って。(参加しろ、どーせ一人で痩せられないだろ、と言いたい)
ちなみに、その看護婦さんも元肥満で頑張って減らしたとか。それでもぷくぷくらしいけど。
病院行くと、すげー太ったスタッフさんとか平気で働いてるし。
あまりにも太っている人が多いので、肥満や体重に関する感覚が麻痺しちゃうことありますよ。
2013/12/20(金) 08:21 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR