愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

カンフー? テコンドー? タイチー?

10月28日のブログの記事を今直したところです。


ルー・リード氏がマスターしたのはカンフーではなくタイチー(Tai chi)、太極拳です。
太極拳もカンフーの一派と位置づけられますが、なんとなくイメージ的にカンフーというと「激しい体術」で、太極拳というと老若男女楽しむ「穏やかな健康法」みたいなものが個人的にありまして、なんとなくしっくりしないので変更しました。
(実際、英国でも趣味コースなどのパンフレットを見ると、ヨガの次辺りにタイチーコースが記載されていたりします。)
お詫びとともに訂正させていただきます。


そりゃ、ちゃんと確認しなかった私が悪いのですが、90%連れの責任です(キッパリ)。
連れ、かなり前に「ルーってカンフーマスターなんだって。カンフー雑誌にも出てるんだって」
みたいなこと、言ってきました。
それをずっと鵜呑みにして「ルー凄いんだな。カンフーなんてなかなかマスターできないのに。しかも中年になってから始めたのに」と思っていました。


が、ルー・リードの死去のニュース以来、ようやく連れが間違っていたことに気付きました。
最初は「ルーはTaekwondo(テコンドー)ずっとやっていたのにね」みたいなこと、言ってきたのです。
「え、それカンフーの間違いじゃない?」
と指摘すると、
「あれ、そうだっけ?」
と、ぼけられてしまいました。
テコンドーは2000年からオリンピックの正式競技種目です!


事実確認のためいろいろネットで読みふけった結果、タイチーが正しいという結論に達しました。


うちの連れも、かなりアホであることに新めて気付かされました。
さすがに「カラテ」とか「アイキドウ」とか言わなかっただけ、褒めるべきかも知れませんが。
(なんとなく日本語っぽい語感は分かっているようなので)


『ベスト・キッド』という2010年のウィル・スミスの息子とジャッキー・チェンが出演しているハリウッド映画のようです。
『ベスト・キッド』というタイトルは、日本や東洋の国々向けにつけられたタイトルで、オリジナル英語版では『The Karate Kid』です。
中国が舞台で主人公の少年がカンフーをジャッキーから学んでゆく、という誰でも予測がつくストーリーでネタばれしなくてもみんなが分かるような映画です。
勿論、カラテの「テ」の字も出て来ないのですが英語圏ではタイトルにたいした批判もなかったようで、『The Karate Kid』のまま認知されて今に至ります。
ハリウッドの歴史を勝手に作り替え文化もごちゃごちゃにするだけのパワーが、羨ましい。
驚くくらい、こちらの方はカンフーだかテコンドーだかカラテだか分からないし、分かろうともしません。



全部、東洋は一緒です。
国も言語も文化も食生活、同じだと思っている人が結構いるので怖くなります。
こっちの人には「ワタシはニホンジンです」というと、「ああ、アナタチュウゴクから来たのね」と納得してくれるようなものです。


疲れるワ。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR