愛猫ぷうのいないロンドンなんて、つまらない。

やっぱり、虐待、あったんですか

マンチェスター出身のシンガー、モリシーの自伝が出版されました。
モリシーは、80年代The Smiths スミスというインディーレーベルのバンドの中心人物で、シンガーと作詞を担当、その後もソロとして活動中。
そのユニークでリリカル、そしてどこもでも自虐的で悲観的な歌詞、政治や社会的なメッセージ、腰クネクネダンス、菜食主義(「肉食は殺人」とのこと)、禁欲的な私生活(no sex, no drug),  同性愛の疑惑などなど。
とにかく、メディアに持ち上げられファンに信仰されたミュージシャンです。
日本風に大雑把に説明すると、コミュ障のひきこもり気味ニートで中二病的かつ絶食系なんだけど超ドMな厭世的詩人キャラといったところかしら。(モリシー、スミスファンの皆様申し訳ありません。)



2006年にBBCが行った調査、Britain's Greatest Living Icon「英国の生存する偶像」では、なんとモリシーは2位に選ばれました。Britain's Greatest Living Icon
ポール・マッカートニーが3位、デヴィッド・ボウイが4位。
なんとビッグネームを押さえての、モリシー堂々の2位です。
モリシーは知名度は低いのですが、影響力は尋常ではないほど大きいようです。


そんなわけで、モリシー50代にして初めの自伝、英国では大手の出版社ペンギン社からの出版です。
しかも、ペンギンクラシックスからです!
ペンギンクラシックスは、その名の意味する通り古典となった名作シリーズ。
古代ギリシャの哲学者プラトンとか、アイルランドの作家オスカー・ワイルドなどが収められているシリーズに、いきなりのモリシーの自伝登場で世間を驚かせました。
作家でもなく、本も書いたことのないミュージシャンの自伝が既に「古典」です。
文化人モリシーが、英国で、あるいは世界で、いかに希有な存在かということを物語ってくれると思います。


私はそんなにモリシーのファンであったことはないけれど、やはり興味はあるので読みたいとは思いつつ内容がかなりヘビーなことを予想して購入は先送り。
それでも、あちこちのレヴューなど読んでなんとなく内容は把握。
そのなかで、とても気になるのはモリシーが学校で性的ないたずらを先生から受けていたということ。
Morrissey reveals in autobiography: I was inappropriately touched by a teacher


こういう話、英国多過ぎます。
日本だと、よく聞く性的虐待はたいてい見知らぬ痴漢。
英国だと先生とか顔見知りのケース、多いようです。しかも、男の子でもそういった経験をしている人も多い。


やっぱり、モリシーも被害者、か。


少し落ち着いてから、クリスマス頃にでもゆっくりとモリシーの自伝読みたいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
チャーミングマン
モリッシーはロック界一醜い男と言われたが、彼の作る歌詞は耽美で、なかなか歌もうまく、ジョニーマーのギターともども、日本のミュージシャンにも影響を与えた。

スミスが生まれた街マンチェスターは、古くは産業革命時に鉄道が早く敷かれた街だが、今じゃフットボールの地としての方が有名だ。
しかしながらマンチェスターはロックの街でもある。

私はまだ訪れたことはないが、スミスの他にもスイングアウトシスターやオエイシスが出た街だし、80年代終わりから90年代にかけてあったマンチェスタームーブメントは斬新だった。
一時期、若者文化の中心地でもあったのだ。
ストーンローゼスが契約問題で躓かなければ、この動きは世界的なものになったかもしれない。

あの時代のマンチェスターを知るためにも、その自伝を読んでみようかな。
2013/10/21(月) 21:29 | URL | coffee plus #-[ 編集]
Re: チャーミングマン
> モリッシーはロック界一醜い男と言われた
ひどいですよね〜。
もっと醜いミュージシャン山ほどいるわよ〜。

マンチェスターといっても、モリシーのような(ほぼ)絶食系からオアシスのようなフーリガン系まで音楽性はバラバラ。
最近、英国は音楽も過激なのとか哲学すぎるのとか変態すぎるのとか個性強過ぎとかなくなってきて、淋しい限りです。
2013/10/23(水) 07:04 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
No title
!!!私の周りには「信者」が多かったですね。
私も、何も気にしなくて、スミスは知ってるけど「別に」って感じでしたが、
モリ様派の子には、何か言えませんでしたよ。
言ったら反論が怖いし、、、
虐待、家庭不和・・・何かあるものですね。
成長期の心身への影響は、一生を形成しますよ、
それは大きいでしょう、生き方変わりますね。
そうか!私も読みたいな。
そうして、あの頃の友達の「熱い想い」を!共感してみたいわ。
今更ながら、懐かしくもありますね。
いい情報を有り難うございました。
2013/10/25(金) 04:34 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
追伸
マンチェ!と言う位のマンチェスター文化はありましたね。
私もストーンローゼスをカムデン「ディングウォールズ」へ観に行きましたもの!
ストーンローゼスは衝撃的でした。
圧倒されて「シビレて!」帰宅した記憶があります。

その頃のロンドン友達は、みんな「スミス」の影響で渡英した!
そう言う人ばかりでしたよ、ホントに。
2013/10/25(金) 04:39 | URL | Sabimama #cbwYL0zY[ 編集]
Subimamaさん
やっぱりモリシーにはそれだけ人を惹き付けてやまない何かがあるんですよね。
ファンじゃなくても、無視することは出来ない。
モリファンも、いろんな人に出会いました。
肉食系もいたし、ほんとにメンタルに問題ありでは?という人もいました。
モリちゃん、最近健康面でいろいろ問題があるみたいでツアーとかもキャンセルしてるし。
元気になってまたメディアをひっかきまわして欲しいなあ。
2013/10/25(金) 07:23 | URL | ぷうまま #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷうまま

Author:ぷうまま
愛猫ぷう、17歳の2016年7月、英国のEU離脱の衝撃が冷めないときに旅に出てしまいました。ぷうのいないロンドンで、なんとか適当にぐーたらに生きていけるように、ちょっとはがんばらなくちゃなぁ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR